--/--  スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

03/10  久々にAir Mouseを使ってみたら…進化してる! 

Air Mouseはワイヤレスのタッチパッド、リモコン、ポインタなどの機能を
iPhoneで実現することのできる優れたアプリである。

Air Mouseは出たばかりの頃にリモコン代わりに導入して以来、
ここのところあまり利用していなかった。

ちょっと久しぶりに使ってみようと思い、Air Mouseを起動する。

が、なぜかMacと繋がらない。

原因が解らなかったので双方を最新バージョンへ更新。

すると難なく繋がった。
Connectedの文字が一瞬現れ、左上のアイコンが赤から緑へ。
サーバ側とiPhone側どっちも最新にしておかなければならないようだ。


IMG_0011.jpg


で、久々にいじってみると…す、すごい進化してる!

Air Mouseサイトにあるチュートリアル動画を見ると
すごさがよく分かる。英語だけど。

まず導入当初一番改善を願っていた
「スリープを無効にする」という点が改善されている。
これは何バージョンか前でクリアしていたようだ。


IMG_0010.jpg


「Sleep」をOFFにすると、スリープが無効になり、
いちいちタップし直してロック解除するようなことが無くなった。

そして文字パレットが表示されている時に一振り(結構強めに)すると
シュッという音と共に下方へ消えて、全面がタッチパッドになる。


IMG_0014.jpg


ポインタのようなAccelerometerというモードも健在。
細長く縦に光っている部分に触れながらiPhoneを傾けると
傾きを感知してカーソルが動く。このアプリの真骨頂。

iPhone本体を横に倒せば横向き用インターフェイスへ切り替わる。
ただ、Accelerometerモードは縦専用。

一番驚いたのが「Function Keys」「Media Keys」「Web Keys」
という新モード。


IMG_0012.jpg


インターフェイスもちょっとカッコイイ。

音符マークをタップするとMedia Keysモードへ切り替わり、
なんとマック側もiTunesへ切り替わる。

逆にマック側でFirefoxを選択すれば
Air MouseはWeb Keysモードへと切り替わる。

Web Keysモードへは地球マークをタップ。
Function KeysモードへはFマークをタップ。

サーバアプリでキーを設定し直すことも可能。


Air Mouse ServerScreenSnapz001


しかし当方環境ではページを「戻る」は正常動作するが
「進む」が受け付けてくれなかった。原因不明。
サーバアプリでキーを登録し直しても同じ。少々残念。

Function Keysモードでは上部の1~4のホットキーに
オリジナルのショートカットやアプリを登録することができる。


Air Mouse ServerScreenSnapz002


これで完全にApple Remoteの代用が可能となったわけだ。
Front RowやVLCを起動から操作することができる。

ただ、試しにFront Rowを操作した際、
アプリを割り当てただけでは正常動作しなかった。
キー登録でFront Rowの起動・終了ショートカット
「command+esc」を割り当てたら問題なく動作した。
また、サーチの「キー長押し」には対応していないので
ここは改善願いたいところ。

しかしちょっと使ってない間にだいぶ進化したなぁ。

なんかもう、○万円する周辺機器の機能を
数百円で得られるというのが信じられない。

ここらへんが無限の可能性を感じるiPhoneマジックだね。

スポンサーサイト

[ 2009/03/10 04:57 ] iPhone | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

zsf

Author:zsf
果たして生き残れるのか

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
Books
amazonキーワード検索
google ad
無印良品ネットストア


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。