--/--  スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

02/07  秀逸!NHKバラエティ 

ここのところ如実にNHKバラエティのクオリティが
上がってきている気がする。

何年か前でも「ソリトン 金の斧銀の斧」などの名作を残しているが、
ここ1、2年でNHKが送り出したバラエティは秀作揃いだ。

ドキュメンタリーなども入れてしまうとべらぼうな数になってしまうので
ここはあえてバラエティ限定ということで、
個人的に面白いなぁと思う番組を上げてみると、

cooljapan
アートエンターテインメント 迷宮美術館
BS熱中夜話
ネクスト 世界の人気番組
びっくり法律旅行社
東京カワイイTV
Shibuya Deep A
爆笑問題のニッポンの教養

などなど。
爆笑問題のニッポンの教養は一応教養バラエティということで。
サイエンスZEROも入れたいが科学情報番組ということで。
まだまだ視聴できていない秀作バラエティもたくさんあるだろう。

民放と違った独特の雰囲気、
無茶苦茶に脱線しすぎない番組作りや、
何かしらの情報を得られる内容、
バラエティにしては落ち着いた感じの構成などが
自分にはほんとしっくりくる。

キャスティングも絶妙。

cooljapanの鴻上尚史とリサステッグマイヤー、
びっくり法律旅行社の児玉清とタカ&トシ、
BS熱中夜話のビビる大木と田丸麻紀など、
民放がただの人気者の寄せ集めでだだすべりする番組が多い中、
初め「ん?なんか微妙だな」と思わせる人選だが
徐々に見慣れてきて結局「このキャスティング以外考えられない」
と思わせるような妙な求心力がNHKバラエティにはある。

民放のバラエティも見ないことはないが、
なんだろう、あの見終わった後の「無駄な時間を過ごした」感。
それが拭いきれずに毎週録画して見ようという気にさせる
番組が非常に少ない。

下請けの下請けに作らせているような
番組表を埋めるための時間稼ぎとしか思えない番組も多い。

何年にも渡って毎週見ている民放バラエティっていったら
タモリ倶楽部」くらいかな。

そこへくるとNHKバラエティの株は最近急上昇だ。

今後も民放色に染まらないでほしい。

NHKバラエティよ我が道をゆけ!

スポンサーサイト

[ 2009/02/07 02:57 ] TV | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

zsf

Author:zsf
果たして生き残れるのか

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Books
amazonキーワード検索
google ad
無印良品ネットストア


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。