--/--  スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

01/19  1920×1200の画像を500KBに圧縮した場合の画質 

このブログにアップできる画像のサイズ上限が500KBなので
ある程度大きな画像はjpeg等で圧縮せねばならない。

モニタ解像度が1920×1200なので
スクリーンショットを撮ったりすると
おのずと横1920縦1200ピクセルの画像となる。

というわけで1920×1200の画像を例に
500KB以下となるjpeg圧縮について考えてみる。

横1920縦1200ピクセルの画像をアップするとなると
結構圧縮率を高めにしないと500KB内には収まらない。
フォトショップでjpeg保存した場合、
どれほどの圧縮率で500KB以下になるのか。

とりあえずBMP形式でスクリーンショットを撮り
フォトショップにてjpeg形式で別名保存する。

まず色数の多めな画像を500KBに収めてみる。
Macのスクリーンセーバ「iTunes Artwork」をキャプチャ。

QuickTime PlayerScreenSnapz010

さすがに12段階の7(中)まで圧縮しないと収まらない。
最高品質の12だと1.6MBくらいになる。

やはり文字周りなどにjpeg特有の劣化が見られる。

なら色数が少ない画像では綺麗なままか。
デスクトップをキャプチャしてjpeg化してみる。

FinderScreenSnapz001.jpg

同じRGBでもここまで地味な画像だと
12段階の11(高)で保存できる。

モノクロに近い画像でなくても、
色調の幅が狭ければ低圧縮で保存できる。

WS000001_20090119082627.jpg

12段階の9(高)で500KB以下に収まった。
ほぼ劣化も気にならない。

結果的には、色数が多い、または彩度が高い画像の場合は
1280×800くらいに解像度を落とした方が
かえって綺麗な画像をアップできそう。

高い解像度をそれなりの質でアップする場合は
1920×1200がリミットのように感じた。


【追記】
関連項目はこちら

スポンサーサイト

[ 2009/01/19 10:03 ] PC全般 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

zsf

Author:zsf
果たして生き残れるのか

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
Books
amazonキーワード検索
google ad
無印良品ネットストア


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。