--/--  スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

01/06  2012 


Twitter年賀2012



新年明けましておめでとうございます。

だいぶ間を空けてしまったけれども久々の更新。

ここも開設して早3年が経ってしまった。

知らぬ間にカウンター設置後12万アクセスを迎えようとしている。

最近はTwitterへ傾倒してしまって、ブログはもういいかなと思ったけど折角ここまで来たんだ、もう少し続けてみよう。



さて2012年幕開け、人類滅亡だ隕石衝突だといろいろ言われとりますが、今年はどんな年になるんでしょう。

2011年は世の中的にも激動の年だった。

個人的にも目まぐるしく過ぎ去った2011。

2012は望みを託すべく、今年の初詣、明治神宮と神田明神をはしご、お守り・おみくじゲットという気合の入れよう。

ま、そうは言うものの個人的には地固めの年かな。

現状を受け入れ黙々と前進するのみ。

去年はこれまでの状況が一変した波乱の年と言っても過言ではないけれど、振り返ってみると人間力という点ではあまり成長がない。

やはり環境の変化も己の負のオーラには勝てずか…心に立ち込める濃霧は数年前から何も変わらずちょっとやそっとでは晴れそうにない。

今年はこの霧が少しでも薄くなることを祈ろう。

ダイソン掃除機のような強力な何かが吸いとってくれるのかそれとも天が陽射しを差し向けて晴らしてくれるのか、はたまた方向感覚を失った鯨の如く深みへ足を踏み入れていくのか…今置かれている現状では判断はつかないが。



去年暮、花園神社の酉の市へ出向き待望の見世物小屋をたっぷり堪能して楽しんだが、同時にほろ苦い思いもした。

ひとりじゃない見世物小屋は楽しすぎたが、後になってやってくる切なさは振り子の原理で楽しさ以上にほろ苦かった。

そして決めた…現実に向きあってベクトルを新たな方向へ向けようと。

でもワクワクをくれてありがとうと言いたい。



辛気くさい思い出話はこれくらいにして今年は昇龍の如く天にも昇る勢いで飛躍したいものですな!

昇龍拳!

本年も宜しくお願いいたします。

スポンサーサイト

[ 2012/01/06 01:53 ] 徒然 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

zsf

Author:zsf
果たして生き残れるのか

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
Books
amazonキーワード検索
google ad
無印良品ネットストア


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。