--/--  スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

07/30  いよいよホログラフィックディスク実用化?夢の1Tディスク! 

20110730.jpg



以前、米GEがホログラフィックディスクの実験に成功したという記事を書いた。

04/29 次世代はホログラフィック!~ディスクに500G、いずれは1T~

もう2年以上前になるのだなぁ。

てっきり計画は頓挫したものとばかり思っていた。

ところが先日、GEからホログラフィックディスクの実用化にメドがついたと発表された。

『マイコミジャーナル - GE、容量500GBのホログラフィック・ディスクの実用化にめど』

現段階で12cmディスクサイズ、Blu-rayと同速度の書き込みで500Gの容量を達成している模様。

開発段階ではいずれ1Tまで引き上げる予定となっていた。

これはまさに次世代ストレージの最有力候補。

だって、なんせディスク1枚1Tですから!

一般のPCならそっくりまるごとバックアップをディスク1枚で可能。

映像ソフトとしてなら4K(4096×2160)3Dなんて映像が記録できるんじゃなかろうかと。



がしかし。

書き込み読み込み速度の問題があるような…

そもそも従来ディスクに互換性を持たせるというのは普及への重要なポイントである反面、最大のネックとなってくるのではないだろうか。

「樹脂ディスクを回転させて読み取る」というカタチを守り続ける限り、性能の飛躍的な加速はない。

ましてBlu-rayの128G(4層)から1Tへ一気に容量アップともなれば、「Blu-rayと同速度で…」なんて言っていたらバックアップに1日2日費やすことになりかねない。

ひょっとして普及したらしたで256倍速なんてドライブが出るのかしら…いや、やりそうだな。

思ったのだけれど、ピックアップ部を2箇所、3箇所と増やすことはできないのだろうか?

同時に3箇所くらいからデータを読み取れば単純に速度が3倍になりそうなもんだけど…難しいのかね。



とりあえず、消費者としては容量が多くなることは願ったり叶ったりではある。

しかし「樹脂ディスク」という形態はこのホログラフィックディスクを最後に卒業でよろしいかと。

ディスクの次の世代ではカードをセンサーにかざせば1Tくらいのデータを読み取ってくれるとか、そんなんでいいんじゃない?

いやもしかしたら携帯型ストレージそのものが無くなる日が来るのかもしれない。

スポンサーサイト

[ 2011/07/30 01:44 ] PC全般 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

zsf

Author:zsf
果たして生き残れるのか

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Books
amazonキーワード検索
google ad
無印良品ネットストア


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。