--/--  スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

01/25  「臨死!! 江古田ちゃん」ハマり役! 

祝・鳥居みゆきドラマ主演。

鳥居みゆきが主演する「臨死!! 江古田ちゃん」。


20110125-1.jpg


始まるまでは鳥居みゆきがドラマ主演なんて、どんなものが出来上がるんだろうと期待半分不安半分で心待ちにしていたが、蓋を開けてみれば、なんと高次元で鳥居みゆきと江古田ちゃんが融合してるんだろうと感心するほどのクオリティであった。

鳥居みゆきが江古田ちゃんのキャラにどハマりしてる。

淡々と進む四コマのリズム、ゆるくもシュールな世界観が鳥居みゆきの本来持っている世界観にガッチリ噛み合う。

制作側のキャスティングは大成功であろう。

江古田ちゃんの設定が「全裸」ということで鳥居みゆきの体当たり?演技も注目。

DVD化も楽しみ。



しかし「恋愛中毒・芸人面接」から早くも丸3年、とうとうドラマ主演というところまで来たかと思うと感慨深い。


20110125-3.jpg


2007年暮れ、芸人面接で火のついた鳥居みゆきをすぐさまサンミュージックは各局へ送り出し、瞬く間にブレイクすることとなった。

2008年の年明けには早くもダウンタウンと絡むことに。


20110125-2.jpg


この「ガキの使いやあらへんで“山-1グランプリ”」で初めて鳥居みゆきを知ったという人も少なくないだろう。

オジサンズ11、エンタの神様(天使)、もりすぎパンチ、おねえMANS、ロンドンハーツと着実に知名度を上げていった。

そして「地下芸人」では考えられなかった、朝の情報番組「PON!」へのレギュラー起用、これで揺るぎないものになったといってもいいだろう。

大江戸線から丸の内線になったどころではない、もはやJRだ。



こうして振り返ると感慨深いねぇ、実に感慨深い。

常に次のアクションから目が離せない、それが鳥居みゆきだ。

スポンサーサイト

[ 2011/01/25 04:00 ] 鳥居みゆき | TB(0) | CM(2)
『もはやJRだ』

名言いただきました。
[ 2011/01/28 16:15 ] ぴいだり [ 編集 ]
もうそう言って構わないでしょう!

でもこっからが正念場かな。

「あの時はバブルだった」なんて記憶にならないように願いたいね。
[ 2011/02/16 05:15 ] ゼロセンス [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

zsf

Author:zsf
果たして生き残れるのか

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Books
amazonキーワード検索
google ad
無印良品ネットストア


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。