--/--  スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

11/02  もう年賀状の季節…はやい、はやすぎる 

早いなぁ、もうおおまかに言えば年末。

年賀状が既に11月1日に発売されてるんですってよっ。

また家族用の年賀状を印刷するという毎年恒例行事がやって来る。

なんだかはやすぎるんですけど。

もう社会人になると季節感が薄れてくるわけで。

子供の頃のように、子供の日だ、七夕だ、夏休みだ、運動会だ、っていう折り目になる行事をさほど気に掛けなくなるわけで…



日々が否応無しにのんべんだらりと漫然と過ぎ去っていく。



子供と大人の時間経過の感じ方の差。

それは例えば、季節の節目の行事やら吸収することの多さやらいろんなものへの好奇心やらキラキラした目やら…

それが年を重ねるごとにことごとく削られていく。




ふと、昔観光地で体験した流しそうめんを思い出す。


子供の頃親戚と観光地にて流しそうめんの幟を発見、喜び勇んで注文してみると樹脂製の流れるプールの小さい版が出てきて、その中をそうめんが漂い続ける。



永遠とそうめんがぐるぐるぐるぐるぐるぐるぐるぐる



子供の目から見ても、味気ない、やるせない、切ない光景。



なんとなく今の自分はあのそうめんなんじゃないかなと感じることがある。

同じ場所をぐるぐるぐるぐる…

どうあがいても自分から竹の樋へ抜け出すことはできない。


ぐるぐるぐるぐる


そのうちふやけて外から力を加えることなく細切れに崩れていく。

誰も食べてくれることなく。



まだ真実を知ることなく幟を目にして胸踊っていた頃にもどりたいな。

どんなのがでてくるんだろう、どうなるんだろう、どんな未来が待っているんだろうっていうあの頃。








まぁどうあれ戻りたくても戻れるものでもないし、欝に浸っていても何の進展もないので、諦めと妥協の上に成り立っている自分を真っ正直から受け止めて見つめ直すしかないってことか。

なんかいいことあんのかな、この先の人生。






最後に気持ちを切り替えて超くだらないことをひとつ。

Google日本語入力の変換候補がたまにありえない候補を勧めてくる件。

「沈下する」と入力しようとしたら、途中経過での変換候補がひどい!

チ◯◯ス王子ってなんだよ!



下世話な記事、失礼いたしましたぁー(-_-;)

スポンサーサイト

[ 2010/11/02 17:43 ] 徒然 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

zsf

Author:zsf
果たして生き残れるのか

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Books
amazonキーワード検索
google ad
無印良品ネットストア


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。