--/--  スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

09/19  MacでPCゲームざんまい ~改めて条件をおさらい~ 

まだ「MacでWindowsのPCゲームができるのか?」と疑問に思っている人は少なくないと思う。

実際ソフトを買ってみたはいいが動作しなかったら完全な無駄金になる、不安も当然だ。

しかし、最初に答えを言ってしまうなら「できる」。

十分に満足のいくプレイ環境でプレイすることができるだろう。

いくつか要点をまとめてみる。



Intel Macが第一条件、まぁここは当然の条件。

まず、PCゲームをプレイするには、自分が知るところでは3通りある。

CrossOverGames、仮想OS、BOOTCAMP。

CrossOverGamesは個人的印象ではひと昔前のソフトが動くというイメージが強い。

事前に対応してるか調べる必要がある。対応ソフト一覧

ParallelsDesktopやVMwareFusionは動作したとしても本来のクオリティの6、7割程度しか発揮できない感じで、ハイスペックを要求するソフトでは動作が緩慢でプレイにたえられない。

サクサク動くソフトもあるのでインストールしてみないとわからないという博打要素がマイナス。

一番問題なくプレイできるのはやはりBOOTCAMP。

BOOTCAMP > 仮想OS > CrossOverGamesといった感じだろうか。

BOOTCAMPを導入したことのない人のために付け加えておくと、BOOTCAMPとParallelsなどの仮想OSは全く別箇のものと考えていただきたい。

仮想OSはMacOSの上にもうひとつOSを乗っけてる状態なので処理の負荷が格段に大きい。

反面、BOOTCAMPはCPUを処理に独り占めできるのでWindows機でプレイしているのと同じ状態になるわけである。

ほぼWindows専用機と遜色なく、いや同等に動作・プレイできる。

ただ全く問題がないわけではなく、当方も使っているiMac(一部機種?)では本体からの音がAMラジオのようにこもるという現象があり、ドライバ対応のような根本の解決策がない。

まだ試してはいないが、USBオーディオデバイスへ出力先を変えて外部出力にすれば、そこへ繋いだスピーカーなりヘッドフォンからはクリアな音が出力されるかもしれない。

グラフィックの面では、当方のiMac2008(CoreDuo2.8GHz)を基準にすると、かなりのスペックを要求する最新のソフトでなければ普通にプレイでき、動作が緩慢になるものでも設定で解像度を下げれば問題なくプレイできる。

2、3年前のタイトルなら全く問題無し。

当方の一昔まえのiMacでもそこそこがんばって動いてくれるので、最新タイトルでも最新Macなら十分満足にプレイできるだろう。



とりあえずIntel MacでPCゲームがしたいけど…と思いとどまっている人へは「BOOTCAMPで楽しめます!」と言っておきたい。

仮想OSで失敗した人も、BOOTCAMPで再チャレンジしてみては!

スポンサーサイト

[ 2010/09/19 04:43 ] Mac | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

zsf

Author:zsf
果たして生き残れるのか

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Books
amazonキーワード検索
google ad
無印良品ネットストア


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。