--/--  スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

03/27  Photoshopでパッチツールを活用 ~画像修正の便利ツール~ 

Photoshopでの画像修正でスタンプツールを中心に使う人は多いと思う。

画像を修正するには基本スタンプツール、場合によって臨機応変に画像コピーペーストなどを応用していくことになるが、けっこう「パッチツール」「修復ブラシツール」を使っていない人が多い。


20100327-1.jpg


自分が画像修正をする際の中心ツールは「パッチツール」だ。

パッチツールは選択範囲をドラッグすることにより、パッチワークのように選択先の画像を補正しながら置き換えてくれる。

写真に写り込んでしまった不要部分を修正する際などに威力を発揮する。

例えば、被写体に文字が乗って邪魔な場合どうするか。


20100327-2.jpg


まず、パッチツールの性質として「補間してくれる」ので、選択範囲周辺に強い色が隣接していると、補間時の影響をもろに受けてしまう。

赤が隣接していれば、赤がにじんだような補間になってしまうので、そこら辺を考慮して下処理をしておく。

文字周りを大きめに選択し、不要部分を自動選択ツール+オプションキーで削除していく。

文字のみを選択できたら、そのままパッチツールに持ち替えて、選択範囲を置き換えたい場所へドラッグ。

もちろんパッチツール選択時でもシフト、オプションで選択範囲を変更できる。


20100327-3.jpg


パッチツールがうまく選択範囲周辺を補ってなじむように修復してくれる。

修復ブラシはスタンプツールの補間機能追加版。

スポット修復ブラシは逆にスタンプツールの機能を省いた、補間機能のみのツール。

あとはこれらのツールと画像のコピーペーストなどを駆使していけば完了。


20100327-4.jpg


こちらはパッチツールのスーパー進化形、今夏に発売が噂されるCS5のPhotoshopに搭載予定の「PatchMatch」の仰天機能紹介動画。





もうこうなってくると写真なんて信用できない、というところまで来ている。

ちなみに下はおまけ。もしもこんな雑誌があったなら…(フィクションです)


20100327-5.jpg


スポンサーサイト

[ 2010/03/27 21:38 ] DTP | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

zsf

Author:zsf
果たして生き残れるのか

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
Books
amazonキーワード検索
google ad
無印良品ネットストア


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。