--/--  スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

12/01  Photoshopで破線(点線)を描く 

自分で忘れぬように覚え書き。

Photoshopで点線を描きたいときがたまにある。
Illustratorで作成すれば自由自在だが、
Illustratorを開くまでもないような時に。

環境はPhotoshop CS3。
バージョン違いでも応用は利くだろう。

まず下準備から。
正方形のファイルを作成し、半分を黒、半分を白に塗りつぶす。
このときの黒(色)部分が線分、白(色無し)部分が破線の間隔となる。
このファイルでメニューの「編集」から「パターンを定義」を選択。


20081201-01.jpg


プレビューが変だが問題なし。
パターンに新しく追加されていればOK。

20081201-02.jpg


あとは必要な太さ・長さのファイルを作成し、
「塗りつぶし」から「パターン」を選択すれば破線になる。

20081201-03.jpg




パターンは応用も利く。
たとえば、縦方向のグラデーションでパターンを作成しておく。
そのパターンで正方形を全面塗りつぶし。

20081201-04.jpg


そしてメニューの「フィルタ」→「変形」→「極座標」を使い、
横縞パターンを円状に加工する(縦縞だと円にならない)。

20081201-05.jpg


さらにメニューの「フィルタ」→「変形」→「波形」で
微調整しながら縞模様を歪ませる。

20081201-06.jpg

あとは使えそうな部分をトリミング、変形、色調整し
必要に応じて木の質感を加えれば、木目ができる。

20081201-07.jpg


木の素材の質感を出す例
・新規レイヤー→木目パターンで塗りつぶし
 →レイヤーの描画モードで乗算などを選択して合成
・新規レイヤー→塗りつぶし→ノイズを加える→ぼかし(移動)
 →レイヤーの描画モードで乗算などを選択して合成

スポンサーサイト

[ 2008/12/01 11:49 ] DTP | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

zsf

Author:zsf
果たして生き残れるのか

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Books
amazonキーワード検索
google ad
無印良品ネットストア


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。