--/--  スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

07/05  新天地 

人間なんとかなるものだ。

新たな職場での仕事もようやく慣れてきた。

MacとWinの環境は違えど、DTPという物自体、作業も扱うソフトも変わらないので、順応するのは苦ではなかった。

持ち前の人間嫌いを克服すればなんとかなりそうだ。



定職を持たず歩み出した2009。

果たして生き残れるのか?…

しかし人間なんとかなる、いやなんとかするものだ。

「なんとかなる」はなんともならない、と友人が言っていたが、なんとかなるもんだよ友人!



…その友人の話……

その友人の職場には、日本ではあまりお目にかからないような、中東辺りのトルクメニスタンだかの方から出稼ぎに来ている人がいる。

その人曰く、「勤労は罰」。

労働は神が人間に与えた罰らしい。故に働かないに越したことはないという考え方。

すごいなこの思想。

なんだろう。宗教的な思想かな、イスラム圏みたいだけど。

だからその人は仕事をどうにかして楽にこなすこと、手を抜くことを重要視していて、知人がガンガン作業すると自分の休憩が目立つので、知人に向かって「○○、スコシヤスメー」と頻繁に言うらしい。



ところ変われば…といったところだが、実際仕事によっぽど喜びや充実感を見出せなければ、それは「勤労は罰」だ。

働かないに越したことはないのだ。

丹波哲郎の「現世は牢獄」と妙にリンクする「勤労は罰」。

いわば懲役。



新たな職に就き、どうなることかと思った2009もなんとか食い繋いでいけそうだ。

とりあえずは目の前の作業に集中してこなしていけば雑念から少しは逃れられるだろう。

ただこの会社で定年を迎える気はしない。

いつまでのものかはわからない。

この不況で仕事に就けているという時点で恵まれているのかもしれないが、大満足かと言われれば肯定はできない。

自分の少しでも納得のいく環境へ、新天地を求めてまたいずれ歩み出すのだろうが、それもいつまで続けていけばいいのか…漠然とした不安は消せない。



生きるために働くのか働くために生きるのか。

生きているのか生かされているのか。

明日はどっちだ。

スポンサーサイト

[ 2009/07/05 00:11 ] 徒然 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

zsf

Author:zsf
果たして生き残れるのか

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
Books
amazonキーワード検索
google ad
無印良品ネットストア


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。