--/--  スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

12/30  年末恒例!築地買出し! 

もうこんな時期になってしまった。

年末、29日か30日に恒例行事となっている築地への買出し。

本日も例年通り友人と共に行ってくることができた。



今年は例年よりかなり早い時間に挑戦してみようということで、大江戸線始発に挑戦。



朝4時起き。

外はもちろん夜同然に真っ暗。

寒さが浸み込む。

夜に雪がふるんじゃないかという予報が出てるほどなのでさすがに寒さがひときわ増してる気がする。

駅までの道のりはほぼ人出はないが、大江戸線のホームにびっくり、始発を待つ客が思いの外多い。

いろいろ用事のある人達なのだろうが、この中の何人かは築地へ行く予感。

けっこうな乗車時間なので出来れば座って行ければと思っていたが、なんとか座れて一安心。



築地市場駅で降りる客はやはりかなりの数だった。

ぞろぞろと改札へ向かう人々の多さにあ然とする。

今までの7時集合とか、なんだったんだ…だから玉子焼き売り切れてたりするんだよ。



外へ出るとまだ真っ暗で底冷えする寒さ。

ただ人だけは多い。

すでに長蛇の列を成している店がちらほら。



今年は、いつも買っている「大定」以外の店で玉子焼きを買ってみようということにしていたので、早速目星を付けていた「山長」「玉八」へ。

玉八は寿司屋や料亭などに卸していてスーパーなどでは販売していないというようなことを聞いていたので、試しに購入してみようかと。

去年はすでに店を閉めていたが、やはり早く来てみるもの、今回は無事店を開けている時間に来店できた。

厚焼き玉子(中)を購入、590円也。

お次に、山長へ移動。

ここは「串たま」という、4センチ幅ほどに切って串に刺したアツアツの玉子焼きが最近人気の店。

とりあえずこの店では海老入り玉子780円を購入、ついでに串たまも購入。

厚焼き玉子として売っているものを切って串に刺しているだけなのだが、寒さもあってアツアツの玉子焼きがこれまた美味い、100円也。

串たまを売る、手作り感満載の雑ーーいキャラクター「クシタマン」が売ってくれる。


20101230-1.jpg


なんかクシタマンをやってる店員がいとうあさこそっくり。

その隣で土産用を売ってる店員は有森也実と菊池桃子を混ぜて可愛くしたような人だった。

築地で働く女性は美人が多い。



玉子焼きをゲットし、後は金ごままぐろ、数の子、いくらの醤油漬けを購入。

目当てのものは購入し目的を果たせたので、ここらで場内へ。


20101230-2.jpg


さすがに場内ともなるとターレーの動きが激しさを増す。

ここは慣れない者が買い物へ来るところじゃないね。


20101230-3.jpg


なにをどこで買っていいのかもわからないし、人の動きは激しいし、通路は狭いし。

さわり程度でそそくさと退散。

築地を離れる前に、毎年一番混む路地を通過してみる。

予想通り、ぎゅうぎゅうのおしくらまんじゅう状態。

とてもじゃないけど立ち止まって買えるような状況じゃない。

だけどこれがあると年末気分になれる…いいね、嗚呼、年の瀬。

これで心置きなく築地をあとにできる…満足のいく買出しができたし。



大江戸線は乗り降り自由の一日券を買っていたので汐留で降りてみる。

夜は見事なイルミネーションも朝の姿はどこか淋しげ。


20101230-4.jpg


しかしこの日の寒さは半端ない。

すっかり冷え切ってしまったので早々と地元へ戻り蕎麦屋でひといき。



無事今年も築地での買出しを終えることができた。

恒例行事を無事にこなせるということは有難いことだ。

今年はいろんな紆余曲折があったが、なんにせよ今ここに生きている自分がいる。

ありがたい。

来年もこの毎年恒例行事「築地買出し」を行えますように。


スポンサーサイト
[ 2010/12/30 23:11 ] 催事・祭事 | TB(0) | CM(0)

12/01  ライブレポ問題 ~作り手からのメッセージ~ 

11月30日、鳥居みゆき担当マネージャー小林さんがTwitterにて、ファンからすればショッキングなツイートをTLに上げた。


EchofonScreenSnapz001.jpg


ライプレポに関して自重してほしいという内容。

作り手側からこのようなメッセージが発信されるのは稀だ。

よっぽどのことだ。

幸い該当していた方の対応も素早く、ひとまず良い方向に解決した。


EchofonScreenSnapz002.jpg


これは多くの人の胸に刺さるツイートだと思う。

思い当たるふしがある人も多いだろう。

書きこまないにしても読んで楽しんでいる人は大勢いるし、またその話題でファンの間で盛り上がる楽しさというのもある。

この問題は当然鳥居みゆきだけではなく全ての「レポートされる側」に関わってくる問題だ。

これは難しい問題で線引きが明確にできない。

小林マネージャーもツイートの中で言及しているが、「ライブをそのままを文字で表現」とあるように、詳細にネタの内容を説明したような書き込みはもちろん困るだろうけど、ライブ会場の雰囲気や「面白かった」「感動した」などの感想は本人としても大歓迎だと思う。

後はファンのモラルに委ねられる。

ライブを話題にしたせいでライブがなくなったりしたら本末転倒だからね。

ファンがみんなで軌道修正していくしかないんだよ。


[ 2010/12/01 01:35 ] 鳥居みゆき | TB(0) | CM(0)
プロフィール

zsf

Author:zsf
果たして生き残れるのか

カレンダー
11 | 2010/12 | 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
Books
amazonキーワード検索
google ad
無印良品ネットストア


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。