--/--  スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

11/21  Macにテレビを映したい!~ビデオキャプチャ「EasyCap」導入~【追記あり】 

先日テレビがぶっ壊れる。

旧式ブラウン管の10年以上使用した年代物なので致し方無いにしても、何の前触れもなく突然故障したので直後は途方に暮れてしまった。

キューンといって光が中心に集まったかと思ったらその後はうんともすんとも言わず、一旦主電源を切って電源を入れ直すと、今度は内部でスイッチが入ったり切れたりを無限に繰り返すという恐ろしい状態に…それからは怖くて電源入れられず…。

というわけでテレビのない生活がスタートするわけだが、流石に急になくなると寂しいものがある。

それにテレビのない日々を過している間にも、HDDデッキは黙々と毎週予約の番組を録画し続けてゆく……

このまま指をくわえていてはHDDがパンパンになってしまう。

テレビも見れるようにしたいが、ここはとりあえずHDDデッキの中身を見れるようにしたい。

テレビとなるとそう安い買い物でもないわけで…。

そこで思いついたのが「iMacにデッキを繋げる!」

Macでテレビを見る→Macにテレビをうつす、という方法に着地する。

この「MacでTV(HDDデッキ)鑑賞」というのが今直面している事態の応急処置としてはベストではないかと。

一時KeyHoleTVでテレビ視聴していたが、まぁ何と言うか…画質が……ブロックノイズはひどいわ音ズレはひどいわ……これはラジオで力を発揮するアプリと言えそう。

おのずとその方法はビデオキャプチャ製品の導入ということになってくる。

この際画質は二の次ということで、USBポートへ手軽に接続できるタイプを調べてみる。

やはり現在の主流はUSB接続でコンポジット・S端子入力のコンパクトタイプ。

D端子搭載製品もあるが、どうも画質的にほぼS端子と差がないようである。

明らかに目でわかる差となって現れるのはコンポジット→S端子→HDMIだろうか。

フルハイビジョン画質などははなから考えていないのでコンパクトタイプのMac対応版があるか調べてみる。

が、Mac用製品もあることはあるが何しろ値が張る……一応仮想WinがあるのでWindows対応でも構わないのだが、できれば仮想OSを起ち上げずに使いたい。

そこで目についたのがEasyCap

オークションで1000円ちょいで売ってるのだ。

しかもMacで動作するというような記事を目にする。

まぁMacで動かずとも最悪仮想OS上で動かせばいいかと腹を決め購入。

もろもろ1500円ほどで収まる。

そして我が家にEasyCap到着~っ。


20101120-01.jpg


思ったよりしっかりしたパッケージ…内心こんな値段じゃどんなもんが来ても文句言えねぇやと思っていたのでちょっと好感触。

中にはどう見ても家庭用インクジェットで印刷したような説明書とWindows用ドライバディスクが入っている。

メイドイン◯◯って書いてないんだよなぁ…


20101120-02.jpg


モデルは「DC60+」というもののよう。【追記あり】

対応OSはWindows2000、XP、Vistaとあるけれど、Macで使うので対応OSもドライバディスクも今回は関係なし。

推奨スペックはCPUがPentium800以上、インストールに600MB以上のHDD空き容量、動作に4GB以上のHDD空き容量、メモリ256MB以上を推奨とのこと。

USBバスパワーで動作。


20101120-03.jpg


端子はUSB2.0と、映像機器側にS端子とコンポジット。

NTSCでは720×480の30fpsでキャプチャできるらしい。

とりあえずS端子接続でもろもろの配線を完了し、OSX10.6上での起動を前提として準備を進める。

どうもこのEasyCap、Macで使用できるソフトが無料配布されているらしいということは分かったのだが、ドライバーはどうするの?OS10.6でちゃんと動くの?という不安を残したままいろいろ検索開始。

すると「EasyCap Mac」で簡単に引っかかった。

EasyCapViewer 0.5.2 というソフト、んー説明を読んでもチンプンカンプンだがここは潔く…いざ…

EasyCapViewer 0.5.2 ダウンロード
※注 DC60+はサポートしていないため使用できない可能性あり

ファイルサイズも小さくなんとも頼りなげな感じではあるけれども、望みを託してとりあえずEasyCapViewer起動、オン!

げーー!もう映ってるんですけど!普通にテレビ見れてますし!すごいぞEasyCapViewer !!!


20101120-04.jpg


ドライバとか関係なくEasyCapViewer自体がEasyCap本体を認識してくれるんですなぁ、おりこうさんおりこうさん!

画質もハイビジョンとまではさすがにいかないまでも十分デジタル放送視聴に耐える画質だ。

720×480なのでDVD画質といったところか。

ちなみに安っぽいUSBケーブルが付属していたのでこれをハブへ差して使用したところ、ちょこちょこノイズが発生、Mac本体直差しでノイズを回避できたが、バスパワー供給を十分に確保できる箇所へ差すというのも大事かもしれない。

ウインドウ上をクリックするとキャプチャ停止、再度クリックで再開。

コマンド+Fでのフルスクリーン表示でも十分見れる。


20101120-05.jpg


番組表の視認性も文字の読みづらさなどは感じない。

いやー見くびってたよゴメンEasyCapViewer。

ただ映すという役割だけでなく、メニューもいろいろ用意されている。

メニューバーのプルダウンからConfigure Deviceを選択するとデバイス設定画面が現れる。


20101120-06.jpg


ここで表示中の映像を確認しながらリアルタイムでいろいろ調整可能。

「Format」ではNTSCかNTSC-Jを選択、それ以外は表示がおかしくなる。


20101120-07.jpg


「Deinterlace」ではNoneだとチラつき、Blurは多少ボヤけ、Alternateは暗くなってしまうのでLineDoubleかWeaveが安定して見やすいが、とりあえずWeaveに落ち着く。

「Source」でS端子かコンポジットを選択可能。

他に明るさ、コントラスト、彩度、色合いを調整できる。

音声入力の選択メニューではEasyCapがUSB2.0 Video Capture Controllerとして出てくるのでこれを選択。


20101120-08.jpg


試しに手持ちのUSBオーディオデバイスへ音源を接続して音声だけその別デバイスから出してみたが、映像と音声でコンマ何秒かのズレが生じてしまったので、素直に音声もEasyCapに任せたほうがよさそうだ。

もちろんUSB2.0 Video Capture Controllerを選んでいれば音声のズレは全くない。

このズレはおそらくゲームをキャプチャしてやろうとする人にとっては、コントローラのレスポンスとして現れるであろうから気になる差かもしれない。

何かのアプリが並行していくつも起ち上がっていたりすると音声にノイズが入ることがあったので、使用するときはその辺に気を配りたい(それが原因かはわからないけど)。

他にメニューバーの項目もいくつかある。

FileからCloneViewerを選ぶと、ウインドウが映像を映したままドンドコ増えていく。

わーすごいなと思うも、これ何の意味があるんだろ…おなじ映像だし…

Viewメニューからは表示サイズなどの設定ができる。


20101120-09.jpg


コマンド+Tでフローティングウィンドウ化でき、常時前面に持ってこれるので何か他の作業をしながら視聴するのに便利。

アスペクト比の変更や不要部分をカットするクロッピングの調整もある。


20101120-10.jpg


CropからCustomを選択すると、マニュアル操作でのクロッピングがマウスドラッグでできる。

その他のメニューはスムージングなどの画質設定がある。

そしてなんといってもEasyCapViewerのえらいところは録画機能を備えているというところ。


20101120-11.jpg


コマンド+Sでお手軽録画。

コマンド+ . で停止。

保存時にいくつか項目を変更できる。

試しに録画した動画をアップしてみた。





実際はかなりきれいに録画できているがYouTube側の再変換で画質が低下している。

本来もっとくっきりしたエッジでViewerで見ている時と変わらない画質で保存される。

なんか悔しいので今度は1920×1080にサイズ変更、h264、12Mbpsでアップしてみた。





これで納得のいく画質になったかな。

720×480のままでもっと最適なアップ方法があるのかもしれないが一応今回はここまで。



しかしまぁいろいろいじってみたが、これは文句なしに使える。

これだけのことができて1500円って…一晩晩メシ抜いたら買えるんじゃないかという価格は正直驚きだ。

EasyCapは値段やモデルもいくつかあるようで、あまりかんばしくない噂も目にするが、今回購入したこのモデルを実際使ってみた結論としては、文句なく「買ってよかった」と言える優れモノだ。

外部機器をPCにお手軽に映したい、と考えている方は選択肢の一つとしてみても損はないだろう。



【追記】

DC60+を購入された方から「DC60+ is not supported」とのメッセージが出て動作しないとの情報がありました。DC60+は64bit対応のものらしく、もしかすると当方が購入したモデルが偽物の32bit版で幸いに動作してしまった可能性もあります。DC60では問題ないものと思いますが導入の際は注意してください。


スポンサーサイト
[ 2010/11/21 19:49 ] Mac | TB(0) | CM(16)

11/20  Twitter鳥居みゆきハッシュタグ「 #trmyk」 

非公式ながら鳥居みゆきハッシュタグが誕生。

こちら「 #trmyk」

Twitterのフォロワーさんが作ったものなので、あくまで使いたい人は使おうというゆる~い姿勢。

取りこぼしが目に余る公式検索にひきかえ、リンクのクリックで確実に拾ってくれるハッシュタグの存在意義はかなり大きい。

考えてみると鳥居みゆきほどの芸人に決まったハッシュタグがなかったというのが不思議な話でして。

日本語タグやらいくつかあったようだけれど、統一はされていなかった。

はじめ二人のフォロワーさんが「鳥居の統一されたハッシュタグがない」という話をしていて、そこから内輪だけでも決まったハッシュタグを使おうということで「toriimiyuki」から「trmyk」と略されて生まれたタグ。

鳥居みゆき関連のポスト検索」という意味では #toriimiyukiでも使えないことはないが、やはり #trmykはよりシンプルに端的に表していて、タグとしての役割を十分に携えているように思う。

もうこれは公式として認めてもよいのでは?

実際、#trmykタイムラインでは徐々にこのタグをつけたポストが広まりつつある。

Twitter上で鳥居みゆき関連をつぶやくときは是非 #trmykタグをつけよう。

#(シャープ)の前の半角スペースは忘れずに!


[ 2010/11/20 15:25 ] 鳥居みゆき | TB(0) | CM(0)

11/09  YouTubeのお気に入り数やリンク(統計情報)の表示方法2010秋(再び変更で追記あり) 

なんか微妙にYouTubeの仕様が変わってる。

分かりづらいのでチョコチョコいじるのやめて下さい。

最近また微妙にいじったようで、ふとYouTube見てて、お気に入り登録数が見当たらないことに気付く。

そして探しつつ思ったのが、動画のリンク元も見つからないじゃないの。

現在(2010年11月時点)のYouTube↓


FirefoxScreenSnapz003_20101109033943.jpg


そして散々探してやっとあるボタンに気付いた。

「評価する」と「追加先」の間にある評価の良し悪しが表示されるグラフ部分。

ここ、クリックできるようになってるんだね。


FirefoxScreenSnapz004_20101109033942.jpg


というわけで、これでお気に入りの数やリンクの「統計情報」が表示される。

なんも書いてないんだもの、わかんないよ。

なんかYouTubeは統計情報の存在を隠す方向へ隠す方向へと仕様変更していっているような気がしてならないのだけれども…

統計情報が無くなったわけではないということが分かってよかったが、動画によっては現時点で統計情報が表示できない動画もあった。


FirefoxScreenSnapz002_20101109033943.jpg


ボタン自体がない。

アップしたての動画は当然統計情報を表示できないが、そこそこ日の経った動画でもボタンの現れないものがある…おそらく仕様変更途中のバグだとは思うが…

他に気づいた変更箇所は、投稿者はログインしているとマイ動画へ飛ばなくても動画ページから直接、タイトル変更やサムネイル変更などの編集モードを利用できる。


FirefoxScreenSnapz005_20101109040641.jpg


いずれにしても、便利・多機能を求めて変更を重ねていただくのはありがたいことだけれども、「わかりやすさ」も重視してもらいたい。

たしかに見た目スッキリを追求するのも悪くないが、引き出しに全部入れて「引き出してみればわかるよ、全部入ってるから」じゃなくて、机の上にある程度並んでいたほうが直感的に判断しやすい、という方向に少し考えを向けてもいいのではないだろうか。

大きなお世話でしょうが。




【追記】再び仕様変更

再びいじくったようで今度は再生回数の横にボタンが配置されている。

見づらいというクレームがわんさか届いたのかな?

これならこれと決めてから反映させたらどうかねぇ、ほんとにもう。


FirefoxScreenSnapz001_20101118200207.jpg



[ 2010/11/09 04:20 ] ネット | TB(0) | CM(0)

11/08  小雪太夫健在なり! ~花園神社にて無事見世物小屋興行さる 2010秋~ 

見世物小屋は今後どうなるのだろう、存続の危機!…という内容の記事を先日アップした↓
見世物小屋のこれから… ~興行主が亡くなられていたとの情報が…~

入方興行の興行主が亡くなられて見世物小屋という文化が絶たれてしまうのではないか…そんな不安を残したまま、花園神社・酉の市の日を迎える。

しかし心配をよそにTwitter上で「見世物小屋に入った」というつぶやきがチラホラ…

更にコメントにて花園神社で興行しているという情報をいただいて、モヤモヤが確信に変わる。

見世物小屋健在なり」

これを見に行かずして見世物小屋の何を語れよう!

…いや偉そうなこと言っときながらこれが見世物小屋初体験であります。

ま、とにかく予てよりいつかは入ろうと思っていたので、迷わずチャリにて新宿花園神社へ。


GoogleMapへジャンプ
20101107map.jpg


花園神社に到着すると、どうやら裏口から入ってしまったようで…


20101107-1.jpg


提灯を裏っかわから拝む形になっちゃってますよ。

しかしこれだけ並ぶと壮観、見事ですな。


20101107-2.jpg


いやさすがに花園神社の酉の市だけあってすごい人出。

熊手を購入した客への三本締めがいたるところから聞こえる。

なにはともあれ目的は見世物小屋、本堂から境内をざっと眺めるも見世物小屋らしき建物は見つからず。


20101107-3.jpg


どこにあるやらさっぱり見当がつかず、もうほぼ一周してしまおうかというところで…聞き覚えのある口上の声が!

ありました!ありました!ちゃんとお姉さん(少々お年を召した…)が呼び込みしてるじゃありませんか!

場所は正門の鳥居をくぐってすぐの一等地。

小屋の雰囲気はちょっと予想していたより地味な印象…というのも今まで見てきた小屋のあの前面を覆い尽くす小雪太夫は見当たらない。

比較のために去年(2009年)の川越まつりではこのような外観↓


20101107-4.jpg


やはり小雪太夫の写真のインパクトはデカい、あるとなしでこうも違うものか。

小屋の外観は去年と違って上部に昔ながらの絵が数点並び、時流に流されない伝統を守った外観といった感じ…辛めに言えば地味。

今年の花園神社では大寅興行社で興行しているようだとの情報も目にしたので、入方興行社で使用していた幟やら看板やらは使わないのかもしれない。

そして改めて去年の写真を見返してみると、入場料大人600円となっているが、花園神社は800だった。

これは場所によるのか値上がりしたのか…。

更に、動画や画像が多くネットに存在しているので以前は携帯での撮影は何も言われなかったと思うが、花園神社2010では場内撮影禁止となっていた。

少々残念にも思うが、やはり見世物小屋は実際に入場して自分の目で見るべきものであろう。


20101107-5.jpg


表の小窓から中で観覧する客の顔が見える。

なかなか上手い具合いになってるね、客が驚く顔が入る前から確認できるわけである。

さて、はなから見るつもりで来ているので意を決して入場しようと財布をごそごそ…あ、後払いですかそうですか、なにぶん初心者なもので…


20101107-6.jpg


入ってみるとびっくりするくらいの満員!

徐々に出口の方へずれていくシステムなので入口付近がギッチギチになるのは当然だが、それにしても観客の多いこと多いこと。

繁盛しててよかったなぁ。

そ・し・て……

小雪太夫!!!

もうすでに舞台袖で太鼓叩いてますよ!

さすが看板女優だけあって終始観客の目の届く場所で小道具を片付けたり太鼓叩いたり。

なにより、なんだかほっとしたのは時折見せる笑顔。

なぜか「ああこれからも続けてくれるんだな」という気持ちにさせられた。

アマゾネスぴょん子も登場、口上では小雪太夫が4年目、ぴょん子ちゃんが1年目とのこと。

やはり雰囲気的に「蛇食い」を目玉として小雪太夫をエース的な位置づけにしているように感じられるのは、今や有名人といってもいい知名度の小雪太夫の人気からすれば必然なのかもしれない。

出し物は、あまり詳しく書けないけれども、火吹きやらワンちゃんサーカスやらミイラやら蛇食いやら。

お峰太夫の火吹きなんか、かなり離れた位置だったにも関わらず結構な熱が届く!

中でも度肝を抜かれたのがニシキヘビの花子ちゃん。

花子ちゃんがまたデカい!4~5メートルあろうかという巨体を披露。

そして脱皮した皮を縁起物として客に配るのだが、それも粘って2回目で無事ゲット。

…とまぁいろいろとありはしますが、一番のお目当ては小雪太夫なわけで。

いよいよ小雪太夫の演目。

途中から入ったので、はじめて見る小雪太夫の出し物は鼻から口への鎖通し芸となった。

おお、お見事!いとも簡単に鎖が鼻から口へ。

そしてその通した鎖を水の張ったバケツに引っ掛けて持ち上げる。

見てるこっちもちからが入る…持ち上げてる腕が小刻みに震えるのを見るとそうとう重いのがわかる。

その後いくつか他のメニューを挟んで「悪食の芸」、待ってました本命の蛇食い芸。

蛇食い専用の台の上に新聞紙、その上に40センチほどの蛇。

すでに頭のとれた蛇を、客へゆっくり見せたかと思うと…ガブリッ!

口から垂れた蛇を皆に見せつけ次の瞬間、ブチッ!という音と共に蛇を食いちぎる。

食いちぎった蛇の肉は何回かゆっくり噛んでゴクンと飲み込み、間違いなく飲み込んだことを口を開けて見せる。

あれ、一日になんどもやって体壊さないんだろか。

すでに頭がとれているのは前回に頭ありパターンで使われた蛇。

せっかくなのでもう一周粘ったら、頭ありバージョンで見ることができた、ラッキー!

頭ありのとき、蛇の頭を食いちぎった瞬間、女性客がグェーっゲフっとむせていたのが印象に残る(笑)

最後はお約束の「客席への蛇投げ(おもちゃ)」、その際見せる笑顔は魅力的。

更にさすが人気の小雪嬢、客から花束を貰っとりましたよ!



たっぷり堪能して800円。

まぁ妥当でしょう。


20101107-7.jpg


もう出てくると外は真っ暗。

しかし熊手を求める人々は増々増えてるように見えた。


20101107-8.jpg


花園神社の酉の市、はじめて来たけれども、なかなかいいじゃないですか。

今度来たときは何か屋台メニューをいただいてみるかな。


20101107-9.jpg


といったわけで無事、見世物小屋、小雪太夫を拝むことができた。

アマゾネスぴょん子にもお峰太夫にも会うことができた。

この目で「見世物小屋」を拝むことができた。




見世物小屋………先日の「今後果たして…」の心配をよそに何事もなかったようにそれはそこにあった。



どんな経緯や紆余曲折があったのか、それはこちら側から計り知ることはできないが、なんにせよそこにあったのだからよしとしよう。

自分には「来年もまた来ます」ということしかできないし、それが一番の応援ではないだろうか。

見世物小屋来年もありますように。


[ 2010/11/08 02:28 ] 催事・祭事 | TB(0) | CM(0)

11/02  もう年賀状の季節…はやい、はやすぎる 

早いなぁ、もうおおまかに言えば年末。

年賀状が既に11月1日に発売されてるんですってよっ。

また家族用の年賀状を印刷するという毎年恒例行事がやって来る。

なんだかはやすぎるんですけど。

もう社会人になると季節感が薄れてくるわけで。

子供の頃のように、子供の日だ、七夕だ、夏休みだ、運動会だ、っていう折り目になる行事をさほど気に掛けなくなるわけで…



日々が否応無しにのんべんだらりと漫然と過ぎ去っていく。



子供と大人の時間経過の感じ方の差。

それは例えば、季節の節目の行事やら吸収することの多さやらいろんなものへの好奇心やらキラキラした目やら…

それが年を重ねるごとにことごとく削られていく。




ふと、昔観光地で体験した流しそうめんを思い出す。


子供の頃親戚と観光地にて流しそうめんの幟を発見、喜び勇んで注文してみると樹脂製の流れるプールの小さい版が出てきて、その中をそうめんが漂い続ける。



永遠とそうめんがぐるぐるぐるぐるぐるぐるぐるぐる



子供の目から見ても、味気ない、やるせない、切ない光景。



なんとなく今の自分はあのそうめんなんじゃないかなと感じることがある。

同じ場所をぐるぐるぐるぐる…

どうあがいても自分から竹の樋へ抜け出すことはできない。


ぐるぐるぐるぐる


そのうちふやけて外から力を加えることなく細切れに崩れていく。

誰も食べてくれることなく。



まだ真実を知ることなく幟を目にして胸踊っていた頃にもどりたいな。

どんなのがでてくるんだろう、どうなるんだろう、どんな未来が待っているんだろうっていうあの頃。








まぁどうあれ戻りたくても戻れるものでもないし、欝に浸っていても何の進展もないので、諦めと妥協の上に成り立っている自分を真っ正直から受け止めて見つめ直すしかないってことか。

なんかいいことあんのかな、この先の人生。






最後に気持ちを切り替えて超くだらないことをひとつ。

Google日本語入力の変換候補がたまにありえない候補を勧めてくる件。

「沈下する」と入力しようとしたら、途中経過での変換候補がひどい!

チ◯◯ス王子ってなんだよ!



下世話な記事、失礼いたしましたぁー(-_-;)


[ 2010/11/02 17:43 ] 徒然 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

zsf

Author:zsf
果たして生き残れるのか

カレンダー
10 | 2010/11 | 12
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
Books
amazonキーワード検索
google ad
無印良品ネットストア


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。