--/--  スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

08/29  8月最後の週 今年の夏も終りへ近づく 

今年の夏もいよいよ終盤。

あ、残暑お見舞い申し上げます。

今年の夏は自分にとって激動の夏だった。

激動の夏、日本の夏。

だいたい年を重ねるにつれ、毎年似た様な一年を過ごしていくようになると「この年齢の時はこういうことがあった」とかいうことが記憶に残らなくなっていく。

子供の頃はめくるめく時の流れの中でいつまでも忘れられないような、いろんな景色がキラキラ輝いて飛び込んできたのにねぇ、嫌ですねぇ大人って。

でも今年はいつまでも忘れられない夏になったかな。

まぁまだ何も始まっちゃいないけど。

これからだよこれから。



そういえばこの夏にiPhone4へ乗り換えようとしたけど断念したんだった。

意を決してiPhone4をネット予約したら何日経とうがうんともすんとも言わないので、焦り焦りしていると、噂で来年早々にiPhone5が前倒しで発表されるとの情報が。

「今何ヶ月も待ってiPhone4を手に入れても数カ月後にiPhone5が?……」

ってことでなんかバカバカしくなってきたので注文をキャンセル。

家電やPCなどは新機種登場がめまぐるしいので、思い立った時が買い時なのだが、こればっかりはあまりにもなので…。

iPod touchが3g対応するとかいう噂もあるけれど、iPhoneとの棲み分けはどうなるんだろうか…なんかラインナップがごちゃついてきたな。

ま、しかしあいぽにすとを辞めるつもりはありませぬが。



とりあえずは来年安心してiPhone5を手に入れる状況でいられることが目標だ。



夏は終わるけど、猛暑の続いた夏、これから過ごしやすい気候になるでしょ。

うん、秋もいいもんだよ。



ツクツクホーーーーシ

カナカナカナカナカナ



スポンサーサイト
[ 2010/08/29 21:04 ] 徒然 | TB(0) | CM(0)

08/22  真の第2ステージへ ~転職という名の出発~ 

この夏、社会人生活において真の第2ステージが始まった。

去年、ブログで新たなスタートを書き留めたが、紆余曲折あり、この夏本当の意味での再スタートが切られたことになる。

転職。

このご時世容易ではない選択。

しかし避けられない選択でもあった。

あのまま続けていても自分の中に何も育たぬまま時ばかりが過ぎていただろう。

そう、逃げではなく攻め。

継続・忍耐・辛抱の美学もある、がしかし、八方塞がりを脱却する「逃げ」は攻めだ。

ぬるま湯につかっていても湯は冷めていくだけ。

湯から出て沸かしに行くなり、源泉を掘り当てに行くなりしなければ、水風呂だと気付かずつかり続けて風邪をひくのは自分だ。

ひょっとすると来年の今頃は全く逆のことを書き留めているかもしれない…けれど今確かに言えることは「動いてよかった」ということ。

なぜ「真の第2ステージ」か。

前職、前々職の環境を振り返ると、今回の転職先がほぼ理想に近い待遇だということ。

最新機器を導入している設備、新しいことを吸収しようとする会社方針、オペレーターが集中できるよう配慮された作業環境、十分な年間休日数、短い通勤時間、明るく清潔な社屋など。





短期で働いたり、面接で訪問したり、求人情報で調べたりと、いろいろな会社を見ていると、どうも社員を「作業するもの」としてしか見なしていない会社を多く見受ける。

いやそんな会社が半数以上ではないだろうか。

このご時世だから雇っただけありがたいと思いなさい、贅沢言うなと言わんばかりに、過酷な待遇を目にすることが多い…「年間休日数73日」「月平均残業時間50~60時間」「月収13万円~」「賞与昇給実績なし」……

面接へ行った先でも、電気の節約なのか薄暗いなかで作業している会社だとか、社長が「今仕事が無い」「印刷は廃れてる」「細々と」とマイナス思考の話題しかないとか、とてもこれから頑張るぞという気になれないという所もいくつかあった。

最悪だったのは、短期間派遣で働いた会社。

求人情報では従業員数9人(女性1人)とあったが、入社してみると代表と社員1名、計2人しかいなかったのだ。

しかも職種も「DTPオペレーター兼デザイナー」と記載しておきながら実際には「出力」の仕事で、勤務時間が朝9時~夕方6時が表向きで通常朝9時~夜9時が普段の勤務時間というひどい所だった。

残業云々より嘘の情報で求人していたという点が許せなかった。

あそこで日々与えられた「作業」をこなして自宅と会社を行き来するだけの生活をしていたら、間違いなく今の会社に巡りあえてはいなかった。





配偶者がいないという身軽さも手伝ったかもしれない。

フットワークの軽さが功を奏した。





もしこの記事を読み、現在置かれている環境に不満を抱いたまま働き続け、一歩を踏み出せないまま躊躇している、そして少しの自信を持ち続けて可能性を試したいと思っている方へ言わせてもらいたい…「踏み出してみて!」





転職で得た新たな環境を手放しで喜んでいるわけにもいかない。

それだけに見合う貢献を会社側にしなくてはならない。

これは絶対だし、むしろそれだけの活躍をすること、成長することが「攻め」だ。

この業界の転換期で会社としても自分としても新たなジャンルを開拓していかねばならない時期だし、しなければただ衰弱を待つばかりだ。

重圧がないと言ったら嘘になる。

でも正直今、プレッシャーよりは貢献できうる環境が与えられているということ自体に感じる充実度のほうが大きい。

この気持ちはどのくらいぶりだろうか。

いやもしかするとはじめてかもしれない。

程良いプレッシャーをいつまでも心に持っていたい。

慢心は身を滅ぼす…あっという間にね。

気を引き締めて、気合を入れていこう。







生き残る!生き残ってみせる!




[ 2010/08/22 15:51 ] 徒然 | TB(0) | CM(2)

08/12  本日はお誕生日 

また今年もひとつ年をとります。

今日は誕生日。

◯◯歳の誕生日。

しし座だから夏が好きなのかね。

好きな夏だけど今年の夏はちと違う。

いろいろな意味で今が正念場だ。

この年になってこういう結構な追い込まれ方をするとは計算外だった。

とはいえ手応えはある、勝算はある。

妥協ではなく未来が拓けた充足感のある道を選択できる確信にも似た自信がある。

その道はベストな選択だからといって決して楽な道ではないけれど、やり甲斐ある刺激的な道であることには間違いない。

時の流れの中に生まれてゆく可能性達に喰らいつくのは至難の業だが、可能性はいくつも無限に生まれ続ける。

それを掴みにいくか掴みにいかないか。

掴みにいくよ。

明るい未来。

あかるいみらい。

そっとチャンスを伺いながら。


[ 2010/08/12 10:52 ] 徒然 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

zsf

Author:zsf
果たして生き残れるのか

カレンダー
07 | 2010/08 | 09
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Books
amazonキーワード検索
google ad
無印良品ネットストア


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。