--/--  スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

07/30  インセプションを観る ~自分の中では久々の当たり作品!~ 

好きだわぁ~これ!


1920x1200_00_OneSheet.jpg


「インセプション」、ダークナイトのクリストファー・ノーランとレオナルド・ディカプリオ、渡辺謙がタッグを組んだ近未来SFサスペンスアクションの大作。

去年からディカプリオ・渡辺謙の競演が報じられていた本作、当初から期待値が上がりまくっていただけに、このハードルを上げ過ぎた状態で鑑賞して果たして大丈夫だろうかという不安もよぎったが、そこはやはりクリストファー・ノーラン、こちらの期待に応えてくれましたよ!

お笑いお色気を一切排除した超硬派SFサスペンス。

全編を貫く重厚かつ洗練された映像美。

音楽も重厚な世界観をさらに威圧感のあるものにしていて素晴らしい。

そもそも「意識の中へ入る」というプロット自体が非常に好みの世界だ。

ついこの間観た今敏監督の「パプリカ」と非常に題材は似ている。

昔観たジェニファー・コネリーの「ダークシティ」というSFサスペンスも題材・世界観共に似ている。

ちなみに「ダークシティ」は一人の男の意識(特殊能力)が世界を構築していたという話で個人的に好きな映画だ。

この巧妙なプロットに完全にやられてしまった…秀逸。

今までの意識に潜り込む構造の作品と一線を画する点である「層」の存在。

潜り込んだ夢の中から更に夢へ潜入する。

そして層を増すごとに危険度が増し、戻ってこれなくなると廃人と化してしまう。

深い層へ行くに従って時間の進行も遅くなる。

この時間経過の原理が非常に秀逸かつストーリーが進む上で重要な法則になっていて、各層の時間軸の見せ方などもまばたきを忘れるようなかっこいい演出。

そうこの映画をひとことで言えば「かっこいい」。

観る人によっては「難解」「地味」と思われかねないが、この硬派な作りが実に気持ちよく、好感が持てる。

役者陣も絶妙。

28日後のキリアン・マーフィ、山猫は眠らないのトム・ベレンジャー、スペルやアバターでインパクトを残したディリープ・ラオ、一度見たら絶対に顔を忘れない名脇役のピート・ポスルスウェイト、そしてタンポポの渡辺謙!

渡辺謙の演技も渋い!もうすっかりハリウッド俳優だ。

ちょっと最近のディカプリオはいい作品に恵まれていたとは言い難かったが、これは文句なく彼の代表作になるだろう。

もう2度、3度観直してみたいと思った作品は久しぶりだ。

あえて3D作品にしなかったという英断も見事、なんちゃって3D作品群に物申す!と言っているようで気持ちいい。

本格3D撮影バージョン(タイタンの戦いのようななんちゃって3Dではなく)でも観てみたかった。

監督で作品を選ぶということはあまりしないが、クリストファー・ノーランの作品はこれから非常に気になってしまうだろう。

個人的には映画館まで足を運んでよかったと思える久々のヒット作だった。


スポンサーサイト
[ 2010/07/30 05:07 ] 映画 | TB(0) | CM(0)

07/29  いつまで続くかわからないけれど 

ブログを始めて1年と9ヶ月余り。

おかげさまでカウンタ設置後4万ヒットを迎える。

なんとなく当時ブログ隆盛だったことと備忘録的目的で始めてみようと思った当ブログ。

ブログを始めたころから人生は上向きになっているとは言い難いけれども、このブログは出来る限り続けていきたい。

たとえ生活用品がMacだけになろうとも。

継続は力なりという言葉はあまり好きではないけれど、続けていけば続けないよりかは何かを得ているだろうし、何かを与えることが出来ているだろう。

そう信じたい。

果たして生き残れるのか?


[ 2010/07/29 04:20 ] 徒然 | TB(0) | CM(0)

07/26  借り暮らしのアリエッティを鑑賞 ~ジブリの夜明けはまだ遠い~ 

崖の上のポニョから2年。

ジブリ待望の新作「借り暮らしのアリエッティ」を鑑賞してきた。

ジブリの新作ということだけでなく、宮崎駿の手を離れたジブリの新作としても期待は大きい。

監督は米林宏昌。

夜に鑑賞したからかもしれないが日曜にも関わらず入場者は30名程度。

まぁ今の映画館の形態だと満員はないだろうけど。

しかし、ネットでの辛口批評をいくつかみているだけに一抹の不安。

上映時間は94分。


FirefoxScreenSnapz001_20100726173133.jpg


鑑賞してみると94分は短く感じた。

その理由は後述するとして…。

まぁなんといいますか…一言で言ってしまうと「ジブリの夜明けはまだ遠い」。

まだまだ宮崎駿先生はこれから先楽できませんね、といったところか。

序盤から終始モヤモヤしたものが…結局うっすらとした違和感を拭い去れぬままに終劇をむかえた。

脚本が浅い、薄い。

もっと突っ込んで言ってしまうと、陳腐。

単に小人のある日の出来事を切り取った話しでしかなく、考えさせるテーマもこれといってない。

「家に迷い猫がやってきてお手伝いさんに処分されそうになったけど無事逃れて家から出ていきました」っていう話となにも変わらない。

描かれているのも一日か二日の出来事で、舞台も一軒の家のみ。

小人の話だからとはいえ、こじんまりし過ぎ、小規模過ぎ。

終盤、アリエッティと少年が別れるシーン、この時点で、解決したのか?というフワフワした状態なのだかBGMにハープの音色が…「え?ま、まさか…」と思ったのもつかの間、スタッフロール…ここで終わり?!

もう少し話が続くと思っていたので、ブッツリ切られた感じがして上映時間が短く感じてしまった…そういう理由です短く思えたのは。

当たり前に描かれすぎている小人の世界へもなかなか気持ちが入り込めず。

駿監督作品では千と千尋にしてもとくに説明などなくてもどんどんその世界に入り込んでしまうが、今作でははじめからすでに「この借り暮らしてる人たちって一体…」という疑問が頭から消えず、ちっさい人が床下に暮らしてるんですか、あぁそうですか、と好奇心が完結してしまって、世界観の「その先」まで興味をそそられることはなかった。

劇中の演出も駿監督では絶対にしないだろうなぁという演出がそこかしこに垣間見えて気になって仕方なかった。

もちろんこれは「駿監督演出が絶対」ということではなく、新しい才能が生み出す素晴らしい物もあることは確かだが、今作を「駿監督なら」と思い比較しながら観てしまうと、惜しいことに明らかにクオリティの落ちる演出がいくつも見られる。

カラスが部屋へ突っ込んでくる場面然り、お手伝いさんのハルの描き方然り。

キャラの描き方も、悪役をユーモラス且つ善と悪の両面を内包したキャラクターとして表現するのが宮崎流であるのに対し、今作での悪役の位置づけとなるハルは、表情や身振りばかりユーモラスな動きで結局意地の悪いだけのおばさんになってしまっている。

また病の少年の言動も引っかかる。

アリエッティの一族に「君たちは滅び行く運命なんだ」と平気で言ってしまうのだ。

こんなセリフを駿監督は言わせるだろうか?

クレジットには「企画脚本・宮崎駿」と出るが、どうも噂ではほぼ丹羽圭子という方が担当していて駿監督は口は出さなかったらしい。

ゲド戦記同様、若い才能に、後継者に、全てを委ねてみよう、そう思ったのかもしれない。

それを考えると宮崎駿監督はとんでもなく大変だと思う。

とはいえ、もちろん今作に関わった次世代のジブリスタッフたちも「宮崎駿の名を汚してはならない」というとてつもないプレッシャーだっただろう。

今回は今後のジブリへの「寄付」ということで納得することにしよう。

しかしもう後はないぞ、ゲド戦記、アリエッティと、胸をはって駿作品の後継といえる作品は送り出せてない現状、いつまでも宮崎駿監督に負担をかけてもいられない。

真のジブリが宮崎駿監督一世代で終わってしまうのか、ジブリとしては次作が正念場だ。


[ 2010/07/26 18:40 ] 映画 | TB(0) | CM(0)

07/04  今年もやってきました「ロンハー奇跡の1枚」2010夏 

先日、ロンドンハーツにて恒例企画「奇跡の1枚」が放送された。

今回も何人か新顔が参戦していて見ごたえ十分。

この企画ではレギュラー化している鳥居みゆきをはじめ、もう中学生、アジアン馬場園、misono、ハライチ澤部、ドランクドラゴン鈴木、いとうあさこ、サバンナ高橋、ガレッジセールゴリ、そして和田アキ子が参戦。

ちょっと何人か選抜して触れてみようかなと。

まずアジアン馬場園。


20100704-2-01.jpg


まあアジアン馬場園の場合、吉本べっぴんランギングで3位になってるくらいなので、元がいいから当然変身後もかわいい。

ちょっとカーリングの本橋麻里みたいだ。


20100704-2-02.jpg


胸の方もけっこうあるようで。


20100704-2-03.jpg




お次はいとうあさこ。


20100704-2-04.jpg


ギャル風に変身。

「いとうあさこがメイクでこうなった」と言われれば、おぉっ、と思うかもしれないが、こういう人が雑誌に載ってても「ん、んん」となるような…


20100704-2-05.jpg


セクシー部門では胸元を強調。

ハードなイメージで強い女を演出。


20100704-2-06.jpg




お次はもう中学生。


20100704-2-07.jpg


もう中は「顔はイケメン」というのはもう周知の事実なので磐石といったところか。


20100704-2-08.jpg


一番安定してるのがもう中だろう。


20100704-2-09.jpg


このモノクロ写真は出演者陣にも人気があった。


20100704-2-10.jpg




さて、今回の隠し玉は和田アキ子。

アッコさんよく参戦しましたな。


20100704-2-11.jpg


メイクっておそろしい。


20100704-2-12.jpg


ちょっと鈴木紗理奈入ってますが。


20100704-2-13.jpg


まぁ撮影風景が映ったときにはさすがに年齢が顔に現れていたので、そうとう照明をあててシワを飛ばしたか、もしくは画像処理(シワ取り程度の)を施したか…


20100704-2-14.jpg




そして一番謎な参戦がmisono。

misonoは奇跡の1枚出ちゃだめでしょ、いってもアーティストなんだろうから。


20100704-2-15.jpg


かわいいって言われてたけど、そりゃかわいいでしょ。


20100704-2-16.jpg


参戦した時点でおもいっきりハードルを下げたようなもんだからなぁ。


20100704-2-17.jpg


misonoがバラエティしか出なくなって三十路あたりで参戦っていうならわかるんだけれども…


20100704-2-18.jpg


そりゃまだピチピチでかわいいですよ、当たり前過ぎます。


20100704-2-19.jpg




そしてこの企画ほぼレギュラー化している鳥居みゆき。

さすがにアッコさん困惑気味。

鳥居がボケをかます度にゴリがアッコさんへ通訳するという変な構図。

さぁ今回はどんな奇跡を見せてくれましたかな。


20100704-2-20.jpg


森ガール風…なのかな。

正直このショットは失敗だと思う。

メイク濃い!爽やかなイメージを狙ってるから余計気になる。


20100704-2-21.jpg


同じメイクでもこちらのショットの方がいいね。


20100704-2-22.jpg


こちらもよい。

最初のショットはいらなかったなぁ。


20100704-2-23.jpg


同じメイクでもちょっとのアレンジでだいぶ変わる。


20100704-2-24.jpg


セクシー部門は温泉。


20100704-2-25.jpg


おお、今回かなり勝負に出ましたな。


20100704-2-26.jpg


やはり紹介するショットの数も一番多かった模様。


20100704-2-27.jpg


セクシー部門の方がナチュラルメイク&地毛で違和感なし。


20100704-2-28.jpg


今回が入浴となると次回どうなっちゃうんだ?




奇跡の1枚も人気企画で恒例となり、毎回楽しみにしている。

今回のハライチ澤部(結果失敗だったが)のようにどんどん若手も参戦してもらいたい。

少年少女、ガリガリガリクソンあたりなんかも期待大。

最後に今回一番のいじられ役となったガレッジセールゴリの「アバター」(笑)


20100704-2-29.jpg



[ 2010/07/04 15:41 ] TV | TB(0) | CM(0)

07/04  はやいもので。もう7月。 

七夕。

風鈴。

団扇。

浴衣。

そして蚊取り線香。

夏は大好きな季節。

東京の夏は蒸し暑い。

蒸し暑かろうがなんだろうが好きなものは好き。

はやいものでもう7月。

ゴールデンウイークが終わったと思ったらもう7月。

時間ばかりが過ぎていく。

自分の中での進展もないのにね。

でも夏くらいは前を向いて過ごそう。

せっかくの夏なんだからね。

木々の葉がキラキラ光を投げ返してくる夏。

潮風にあたりたくなる夏。

熱く、眩く、高揚する夏。

何かを期待させる夏。

全身に夏を浴びたい。

今度の夏はどんな夏になるかな。

記憶に残る夏にしよう。




[ 2010/07/04 12:28 ] 徒然 | TB(0) | CM(0)

07/04  Twitterのスパム 

Twitterを始めて、何度かスパムによるDMが送られてきた。

どれも、引っかかったユーザーからフォロワーに宣伝リンクの載ったDMが自動で送られるという形のスパムである。

例えば「140kingofpop.com」。


20100704-1.jpg


キングオブポップ、故マイケル・ジャクソンの名を借りた、オンラインゲームへ繋がるサイトらしい。

これまた横行している「MobsterWorld」。


20100704-2.jpg


同じくオンラインゲームのサイト。

スパムを踏むとこれらのサイトへのリンクが貼られたDMが自分の意思に関係なくフォロワーへばら撒かれてしまう。

ただ、受け取ったとしてもリンクからトップページへ移動するだけなら全く問題はない。

「Click to Play」を押しても全く問題ない。

そこをクリックした後に「アプリケーションを許可する」のが問題なのだ。


20100704-3.jpg


多くの人が、どんなところかもわからない怪しげなサイトのアプリケーションを許可してしまう不思議。

まず「なんとなく怪しいからサイト名でちょっとググってみよう」という考えが大事。

許可してしまっても、Twitterの「設定」から「連携アプリ」へ移動して、該当のアプリを探し「許可を取り消す」で迷惑アプリを解除できる。


20100704-4.jpg


まぁその時にはすでにある程度ばら撒き終わってる頃だと思われるが。

考えようによってはただ宣伝リンクを広めるだけなので「感染」というほどでもないかもしれないが、やはりユーザーの「意志に関係なく」というところが問題だ。

Twitter本部の方もこの手のスパム関連サイトをブラックリスト化して警告する予定らしい。

しかしいろいろ考えるものだな。


[ 2010/07/04 12:27 ] ネット | TB(0) | CM(0)
プロフィール

zsf

Author:zsf
果たして生き残れるのか

カレンダー
06 | 2010/07 | 08
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
Books
amazonキーワード検索
google ad
無印良品ネットストア


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。