--/--  スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

01/31  マウスからクリックが消える日 ~MagicMouseカスタマイズアプリBetterTouchTool~ 

MagicMouseを使い始めて2ヶ月余り、購入当初こそ「ボタンが減って機能が減った」とド素人丸出しの思考回路で不必要な不安を抱いていたものの、減ったどころかとんでもなく増えていることを悟った今では、手放せないと思うほどに快適に使用させてもらっている。

この「快適」の立役者、縁の下の力持ち、これ無しにはMagicMouseがもの珍しさだけの残念マウスと化してしまうなくてはならない存在、それがBTT(BetterTouchTool)である。

Apple標準のマウス環境設定が、初心者向けと言ってしまえばそれまでだが、信じられないくらいの簡素ぶりで使い物にならないので、カスタマイズアプリがいくつも登場している。

たとえばMagicPrefsというアプリも各ジェスチャーに機能を割り当てられるアプリで、こちらは良くも悪くもいかにもApple的な作りになっており、グラフィカルなインターフェイスで初心者にも取っ付きやすい反面、マニアックなカスタマイズには不向きな、Expose辺りを割り当てられれば十分という人向き。

また他にはマウスジェスチャー、つまりカーソル移動とクリックの組み合わせで割り当てたアクションを実行できるアプリも存在するが、これではMagicMouseの真髄をちいとも発揮することができない。

そこで真打ち登場。

BTTは「MagicMouseはこれほどまでに潜在能力を秘めているのか」と思わせてくれるほどの多岐にわたるカスタマイズオプション、現在でも機能の拡充が活発に図られている頻繁なバージョン更新など、現時点では最高峰のアプリではないかと思っている。

ただBTTの場合表示が全て英語で設定項目も細かくマニアックなため、Preferences画面を見ただけで拒否反応を起こす人も多いと思うが、一つ一つ理解して自分なりの環境を構築したその先に至福の快適が待っているのである。


20100130-1.jpg


まずPreferences画面では四本指のジェスチャーまで設定でき、割り当てるアクションもかなりの数のものがあらかじめ用意されている。

もちろんキーボードショートカットを記憶させることも可能。これだけでもBTTを利用する価値は大いにある。

基本ジェスチャーは、Click、Tap、Swipe、TipTap、Pinchとなっている。

たとえば「Single Finger Tap Left」の場合「タッチセンサー上左側を一本指で触れる」となり、「Three Finger Swipe Down」の場合は「タッチセンサー上を三本指で下にスライドさせる」、「Two Finger TipTap Middle」は「二本指(人差し指・薬指)を置いたまま中央の指(中指)でタップ」となる。


20100130-2.jpg


ちなみに当方はSpacesを9画面使用しているためSpaces間の移動に「control+方向キー」を二本指スワイプに割り当てている。Spaces間移動のショートカット割り当ては一旦Spaces環境設定で「control+方向キー」のショートカットを解除し、BTT側で記憶させてから改めてSpaces環境設定で適用するという、ちょっとしたコツがいる。

タッチセンサーの感度調整も可能で、「Show Live View」で感圧を視覚から確認できる充実ぶり。


20100130-3.jpg


タッチセンサー上の認識エリアも細かく調整できる。

若干中央タップ(昔のマウスで言う中央ボタン)が認識され辛いので、中央タップは使用しないか、もしくはエリアを調整し直した方が良いかもしれない。


20100130-4.jpg


最近のバージョンで加わった「Start/Stop Resizing Window」「Start/Stop Moving Window」というアクションも面白い。

任意のジェスチャーに「Start/Stop Resizing Window」「Start/Stop Moving Window」を割り当てると、そのアクションが発動中はカーソルに追従してウインドウが移動したり拡大縮小したりする。たとえば二本指タップに「Start/Stop Resizing Window」を割り当てると、二本指タップでアクションが発動し、その間はマウスを動かすだけでウインドウが動きに合わせ拡大縮小、再び二本指タップでアクションを停止、となる。



アクションやジェスチャーはまだアップデートで増え続けているので、「何もそこまで必要は無い」というユーザーもいると思うが、初めは基本アクションやショートカットの割り当て程度で使用するだけでも十分お勧めである。



このアプリを使用していて感じたことがある。

いまや「クリック」という動作は不要なのではないかと。

もちろんMagicMouseにもカチッと押し込む「クリック」という機能は存在するが、現在BTTの設定で一本指タップをクリックに割り当てているため、ほとんどの作業が「タップ」つまり触れるだけで事足りてしまうのだ。

環境によってタップが利かない、またはドラッグができないなど、まだまだ発展途上だが、近い将来「クリック」という単語が死語になる日は近いかもしれない。

CMでよく見かける「○○をクリック!」なんてフレーズもいずれ「○○をタップ!」と変わってしまうのだろうか……



スポンサーサイト
[ 2010/01/31 17:31 ] Mac | TB(0) | CM(0)

01/27  アバター3D鑑賞完了 

絶対観ようと心に決めてからなかなか観に行けなかった「AVATAR」をようやく鑑賞することができた。

もちろん3D。

3D作品が結構出揃ってきていたにも関わらず一本も観れていなかったので、やっとこさ3Dデビューを果たすことができた。

知らなかったけど、3Dって高いのね。2100円でしかも近所の映画館が3Dに対応していなかったので豊洲まで足を運ぶはめになってしまった。交通費込みで3000円弱…結構な額で…。

3Dメガネは持ち帰ることができて、次回3D対応作品を鑑賞する際に持参すれば割引される。

ただ、3D作品は特別興行料金とのことでその他の割引やポイント無料鑑賞などが一切利かない。ちなみにユナイテッドシネマの場合。


20100126-1.jpg


しかし、今回の「AVATAR」はそれだけ余計に払っても元は十分に取れたと思っている。

いやぁー面白かった!!

3時間近くあったようだが、そんなのを感じさせないすばらしさ。


20100126-2.jpg


初めは内心3Dありきの典型的CG依存型SF映画かも…という不安も無くはなかったが、3Dメガネに慣れ、世界観に入り込むにしたがって、すっかり「AVATAR」の世界に魅了されてしまった。

映像のすばらしさ、この現時点で世界最高峰の技術を注ぎ込んだ息を飲む映像美を拝むだけでも鑑賞する価値は十分にある。

一応3Dでの鑑賞だが、おそらく2Dでも楽しめるだろう。

なにせあの、最初なんだか気持ち悪いと感じた惑星パンドラに生息する種族ナヴィの娘ネイティリにほのかな恋心を抱いてしまうほどなのだから!もう今となってはネイティリが可愛くてしかたない!

それと涙腺が緩くなってる自覚はあったが、全然泣かせどころじゃないぞっ、というような場面でもウルっときてしまうのは、やはり壮麗で完璧に仕上げられた美しいアバターの世界によるところも大きい。

序盤、舞台がパンドラという惑星なので「ここはこんなところですよ」「ここの動物はこんなんですよ」という説明的エピソードに時間を割くが、タイトルにもなっている、人間がナヴィのクローンを意識と連結してコントロールする「アバター計画」というロジックが面白く、リアリティとも相まって中盤より俄然面白くなってくる。

あと結果的に悪役となる軍人のおっさんが結構かっこいい。火だるまの輸送船から炎に包まれながらパワードスーツで飛び出すところなんか敵ながら「かっこえええぇ!」と思ってしまった。

若干の突っ込みどころ…例えば主人公が平然と喋っている背後から猛獣が現れても主人公がそれに気付いて振り向くまで全く襲おうとしない典型的な映画的手法だとか、主人公があっさり伝説の戦士になってしまうだとか、ほんのちょっとの引っかかりはあるが、それを補って余りあるメッセージ性のあるシナリオ、キャラの立った登場人物達、完璧を追求した映像技術、整合性のある世界観などでぐいぐいと引き込まれる。

さすがジェームズ・キャメロン!トゥルーライズの頃から信頼してたよ!

実に10年以上の歳月を費やしたアバターの凄さは↓ここでわかると思う。
http://ja.wikipedia.org/wiki/アバター_(映画)

やっぱ観に行ってホントよかったなぁ。

これいずれ家でも3Dで観れるようにならないだろうか。

今回で味をしめてしばらく3D映画にはまりそうな予感。


[ 2010/01/27 00:40 ] 映画 | TB(0) | CM(0)

01/23  俺よっ!なぜ博士の異常な鼎談ライムスター宇多丸前編を見逃した! 

毎週楽しみにしている、水道橋博士と宮崎哲弥のトーク番組『博士の異常な鼎談』。

TOKYO MXにて毎週木曜23:30より放送。

この時間枠は『松嶋×町山未公開映画を観るTV』、『バカヂカラ』、『バナナ炎』、『How to モンキーベイビー!』といった番組が名を連ねる、MXの神枠だが、『松嶋×町山未公開映画を観るTV』と『博士の異常な鼎談』は特に注目している番組。

その『博士の異常な鼎談』の「ライムスター宇多丸・後編」を観た。

いやー、おもしろかったぁー。

30分、あっという間。

三本分撮ってたのかぁ。

面白かっただけに前編・中編を見逃したのが非常に悔やまれる。

なぜ正月特番シフトの録画予約を早めに切り替えなかったかなぁ…。

ここのところ『博士の異常な鼎談』は「2ちゃんのひろゆき氏」「元祖超能力少年清田氏」「東国原知事」と、ぼんやりした回が続いていた。

「ひろゆき氏」の回は、彼特有のちょっと人を小バカにしたような喋り口(本人に悪気はない)と相まって、引き込まれるようなものがなく結局8割方何を話していたか記憶にない。博士からも、もっと引き出してやろうというようなテンションが感じられず、ノってなかったように見えた。

「清田氏」の回は、ほぼ彼の少年時代から現在までの回想のようなものだったので、超能力を披露しない、一般人である彼自身に興味のない当方としては、リモコンのサーチボタンを押すか押さぬかの葛藤の時間でしかなかった。

「東国原知事」の回では、東国原知事がバラエティ系の番組に出る度に思うことを改めて強く感じた………「知事になって本当に正解でしたね」と。……特に笑いを取ろうとする場面で、転職してホントよかったねと思う。

なんとなく個人的見解による不発続きだったので、正月特番を録画するために予約を切っていた。

で、昨日久々に観た「ライムスター宇多丸・後編」。

こういうゲストを待っていた……のだが前二回を見逃すという不覚。

やはりサブカル系は面白い。

なにより三人がノってて、それが相乗効果となり視聴者側にも伝わってくる。

もう十週連続でもいいんではないか?

宇多丸氏はがっつり知っているわけではなかったが、杉作J太郎絡みの書籍やら映画やらを観ているとちょくちょく名前が出てくるので、名前だけは知っていた。

しかしこんなに頭のキレる人物だったのかぁ。

映画の話は特に興味深かった。

自分もテレビドラマの惰性で生まれるメディアミックス映画が興行成績で上位に来るのは絶対におかしいと思っていた。

日本人は中身よりタイトルで観ているんだろうか?

『スペースバトルシップ ヤマト』のくだりは大笑いしてしまった。

日本の映画興行成績ランキングについてはホント宇多丸氏と同じように思うし、『ディストリクト9』も絶対観る!

これを機会にPodcastも久々に聞いてみようかな。



しかし、なんで見逃したかなぁ……



[ 2010/01/23 00:00 ] TV | TB(0) | CM(0)

01/20  あっ、ハートハッピーみつけてハッピー 

『鳥居みゆきの社交辞令でハイタッチ』DVD発売決定というめでたいニュースの影響からか、妙に亀田製菓のハッピーターンが食べたくなったので、近所の百円ショップにてハッピーターンを購入。

百円ショップで扱っているタイプなので、「JOY PACK」という外袋にハッピーターンが直で入っている、個包装のしていないタイプ。

手が汚れるのでスナック菓子は箸で食べる癖がある。

本日も録画しておいたバラエティ番組を観ながら「久々に食べたけどやっぱり美味いなぁ」と箸でハッピーターンをつまんでいると、なんとなく丸っこいハッピーターンが…

あっ!


20100120.jpg


こ、これは!ハートハッピー!!

なんかうれしい!

頻度としては結構あることなのかもしれないが、自分としてはこういうレアもののラッキーアイテムにほぼ縁がないので、正直びっくり。

友人がヱビスビールのラッキーヱビスを見つけたことがあるが、自分ではラッキーアイテムはこれが初かも。

まぁ、注意深く探そうと思って見てないしね。

よし2010年、幸先いいぞ。


[ 2010/01/20 23:58 ] | TB(0) | CM(0)

01/18  祝・鳥居みゆきの社交辞令でハイタッチDVD化&復活希望 

とうとうアレがDVD化決定!

そう、鳥居みゆき社交辞令でハイタッチ

しかも「裏ベスト編」「表ワースト編」なるランキングを伝説の鳥居・藤井コンビが選出してその回についてのエピソードトークを繰り広げるという、総集編にとどまらない撮り下ろし!

これは…鳥居ンフルエンザに感染していようが予防接種を受ける気ゼロの人にとっては絶対に外せないアイテムだろう。

3月25日、2枚同時ということで、少々出費はかさむがレンタルまで待っちゃいられない。

なんといっても『社交辞令でハイタッチ』が生まれたGyaoは、ブレイクの引き金となったあの伝説の『カンニングの恋愛中毒 芸人面接』を世に送り出し、鬱&躁…あ、いや、ヒット&ラ~ンを世に知らしめた場所。

そこでブレイクをきっかけに初冠番組として生まれた『社交辞令でハイタッチ』。

ネット放送という利点を活かし(?)、ゆる~い規制と番組作りで地上波の枠からはみ出した放送事故すれすれのワクワクドキドキが毎回番組内に充満していた。

放送ではいろいろなことがあった。

酒で酔っぱらったり、カレーで悶絶したり、ユリオカ超特Qのブログが炎上したり……

エンタの神様を批判して後で怒られたなんてこともあったなぁ。

エンタは以前から芸人操作説があったが、この頃をきっかけに傲慢な制作サイドがかなりネットで叩かれるようになった。

そして体制を改善できぬまま、とうとうエンタの神様はこの春に終了するとの噂が。

皮肉にも社交辞令でハイタッチの記念すべきDVD発売を祝う春、陰ではエンタがひっそりと終焉を迎える。

結局、天使が神に勝ったのか。



全回のDVD化は難しいとは思っていたが、やはりベスト盤となったか。

ベスト盤とはいえ、トークを収録した撮り下ろし作品という点はありがたい。

が、しかし…

確かに今回のDVD化は喜ばしいことではあるが、個人的に、いや、全鳥居ファンは絶対にこう思っているだろう……



社交辞令でハイタッチ復活希望!!


20100118.jpg



[ 2010/01/18 14:33 ] 鳥居みゆき | TB(0) | CM(0)

01/14  「潜在異色(せんざいいしき)」がさまぁ~ず×さまぁ~ずとまるかぶりぢゃないか! 

鳥居みゆきの出演する「潜在異色(せんざいいしき)~人気芸人が初めて見せるヒミツの出し物」が日テレにて17日午前1時20分からスタート。

鳥居みゆきの他に、南海キャンディーズの山里亮太、オードリーの若林正恭・春日俊彰、サンドウィッチマンの伊達みきお、アンガールズの田中卓志という異色の顔ぶれ。

このメンバーがどんなネタを見せるのか…始まる前からなんだかすごく楽しみだ。

で、「潜在異色」を予約録画しようとしたらテレ朝「さまぁ~ず×さまぁ~ず」とどんぴしゃのまるかぶりじゃないか!

「さまぁ~ず×さまぁ~ず」はトーク系では一番だと思ってる番組なので絶対にはずせない…なんでまた同じ時間にやるかなぁ。

しかたがないのでどちらかを古いアナログデッキで予約するしかなさそうだ。

新しい方のデッキで「潜在異色」を録るか「さまぁ~ず×さまぁ~ず」を録るか…すぐには答えが出せそうにないので、放送日までにゆっくり考えよう。



またyoutubeのアカウントが消された…メールアドレスを変えただけなのに。

昔停止されたアカウントのアドレスだったというのをすっかり忘れていた自分にも責任はあるが、一度くらいは「このアドレスは使用できません」的な注意の喚起があってもよさそうなもんだ。

アドレスを変更した直後、あの嫌な表示「このアカウントは停止されています」。

規約に反した利用でもないのに一発停止はおかしい!

また一からやり直しだ。



TORIMIXで気分を変えよう。




[ 2010/01/14 10:09 ] 鳥居みゆき | TB(0) | CM(0)

01/13  Dear Zachary ~親愛なるザカリーへ~ を観る 

先日録画しておいた「松嶋x町山 未公開映画を観るTV」の『親愛なるザカリーへ』をようやく前後編まとめて観ることができた。

しかし…あぁ、…予測はしていたのに…なんだろう、この救いのない重苦しい気持ち。

悲しみ、苛立ち、怒り、そんなやり場の無い感情が溢れてくる。




映画ラストあたりにインタビューに答えていたアンドリューの知人がこう言っていた。

『この出来事以来、神に祈っていない 信仰心が揺らいでいる』




もし神がいるなら、神はカナダ政府のように殺人鬼に手を差し伸べたのだろうか。



誰からも好かれた好人物のアンドリューを身勝手な行動で撃ち殺したイカれた女シャーリー。

そしてなんという運命の悪戯か、シャーリーがアンドリューの子を身籠る…アンドリューの息子であり殺人犯の息子でもあるザカリーちゃん。

アンドリューそっくりのザカリーちゃん。

アンドリューの両親は悪魔の手から孫を救わねばと立ち上がる。



が…





事態は最悪の結末へ。






一番の憎しみの矛先はザカリーちゃんの母親でありながら悪魔のような女シャーリーへ向けねばならないのだが、それにも増してカナダ政府の司法制度のずさんさに非常な苛立ちを感じた。

殺人犯を簡単に釈放、しかも保釈金は精神科医が全額負担。児童福祉局でさえ何の手立ても講じず、裁判も休廷に次ぐ休廷で全く進まず、弁護士、検察、判事全てがシャーリーに対して有利に取り計らうのである。

そもそも殺人犯を町に解き放つこと自体考えられないことだ。



しかしアンドリューの両親は立派だ。

ザカリーちゃんの存在を知ると、殺人犯からアンドリューの息子を守らねばと怒りや憎しみを押し殺し孫のために奔走するのである。

殺人犯シャーリーに物を買い与え、シャーリーと一緒にザカリーと面会し、シャーリー側の要求をのみ、頭がおかしくなりそうな状況を耐え続ける。

すべてザカリーの親権を獲得するためだけに。

ところが殺人犯を擁護するカナダ政府の司法に阻まれる。

そして、その結果の悲劇。

バカも大概にしてほしい。

人間の模範のような人物であるアンドリューを死に追いやった悪魔を擁護して、更に二つ目の無垢な命までも奪われるという最悪の結末。しかも怒りをぶつけようにも、悪魔自身も命を経つという卑劣極まりない行為により絶望的な終焉を迎える。

ただ一つだけ小さな希望の光として、アンドリューの両親の働きかけや映画をきっかけに、ようやくカナダ政府が重い腰を上げ、司法制度改正へ動き出したとのこと。

でも遅過ぎる、あまりにも。



これほどやりきれないことってあるだろうか。

久々に重たい作品を観た。


【追記】

動画をアップ
http://zsf.blog90.fc2.com/blog-entry-181.html


【再追記】
「松嶋×町山 未公開映画を観るテレビ」で公開された作品群がネット配信でいつでも鑑賞できるようになりました。
松嶋×町山 未公開映画祭公式サイト


[ 2010/01/13 20:44 ] TV | TB(0) | CM(0)

01/07  遅めの初詣 

遅れに遅れて初詣へ。

なんとなくだらだらしていたらあっという間に日が経ってしまた。いかんいかん。

今年はテレビでも紹介されていた、国の天然記念物の大ケヤキがある練馬「白山神社」へ。

こんなところに天然記念物があるとは。

流石に樹齢800年といわれる大ケヤキは見事。


20100107-1.jpg


パワースポットとして紹介されていた白山神社。

スピリチュアルなパワーで活力を得ることができるそう。

その霊的なパワーにあやかろうと出向いたが、のんびりできそうな雰囲気でもないので、参拝した後そそくさと神社を後にしてしまった。本来小一時間ほどは霊木の近くでパワーを吸収すべきらしいのだが…。


20100107-2.jpg


この日は、日にちと時間の関係でひとっこ一人おらず、貸し切り状態の参拝となる。

位置的にも地味なので、本来あまり賑わう神社でもなさそう。


20100107-3.jpg


今年も生き残れるのだろうか。



正月休みは録画しておいた特番をリモコン片手に半分ノルマのように見ていたが、夕方辺りにやっていたTBS 「クイズタレント名鑑」という番組がすこぶる面白かった。

久々に「ああ面白かった」と満足感に浸れた秀逸バラエティ。

出演陣が絶妙の取り合わせだった。

MCにロンブー田村淳。パネラーにロンブー田村亮、FUJIWARA、サバンナ、関根勤、バナナマン、出川哲朗、おぎやはぎ、有吉弘行。

絶妙の掛け合いで爆笑し通しだったし、クイズの内容も一緒に考えたり笑ったりツッこんだりで2時間の番組があっという間だった。

内容はタレントのイメージを題材にした問題に答えていくクイズバラエティ。

ネット検索のキーワード予測機能を使った問題や、一週間のテレビ出演数をつかったブラックジャック、思い出せそうで思い出せない人を当てる問題など、どれも秀逸。

タレントを扱ったクイズ内容に有吉の毒舌がこの上ないスパイスとなる。

このシンプルなメンバーとシンプルな番組内容でもここまで面白くできるということだ。

正直ここ最近これほどに「ああ次回があるなら絶対みたい!」と思えたバラエティは記憶にない。

どうも以前にも放送されたらしいが、なんで気づかなかったかなぁ。もったいない。

レギュラー放送になれば絶対録画予約するはず。レギュラー化されるとつまらなくなるというパターンもあるが。

印象の良くないTBSとしては珍しかったかな。


[ 2010/01/07 02:53 ] 催事・祭事 | TB(0) | CM(0)

01/02  2010あけおめ 

20100102.jpg


謹賀新年。

2010年 寅。

あーもう2010年になってしまった。

はやいなー。

今年はどんな年になるのかしら。

毎年どんな年になるのかなぁと思っても何の変化もない一年を過ごすことになるのだ。

まぁ何もないことは良いことなのかもしれないが。

年末は久しぶりに紅白を録画して見た。

やはりスーザンボイルはよかったなぁ。

キムタクが英語で話しかけても通じずに赤っ恥をかく…とかのくだりがなければもっとよかったなぁ。



昨日、今日と、家でテレビを見ながらゴロゴロとする。

ああ、ボケッとしてる暇があるのに初詣に行きそびれた。

明日こそは必ず詣でますからっ!


[ 2010/01/02 23:39 ] 徒然 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

zsf

Author:zsf
果たして生き残れるのか

カレンダー
12 | 2010/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
Books
amazonキーワード検索
google ad
無印良品ネットストア


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。