--/--  スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

09/30  秋の模様替え祭 ~肌触りの良いものを求めて~ 

部屋の真ん中には今まできったない絨毯が敷いてあった。

替えよう替えようと思っていながら、その内にと後回しにしていたので、秋冬に備えカーペットを新調することにした。

カーペットっつっても2畳敷きの小さいやつ。ラグって感じかな。

早速親に車を借りて目を付けていたカーペットを買いに行く。売っぱらっちまったプジョー君、こういうときにあると便利なんだよなぁ。

目を付けていたカーペットの決め手は「手触り」。

ふわっふわの柔らかい毛足長めのパイル地で、一触りしたときから惚れてしまった。

最近この肌触りのクッションやぬいぐるみをよく見かけるが、カーペットはなかった。

出会ったときから絶対買うと決めていたので、少々高ぶるテンション。

色は4色あったが、ここは部屋を明るくするためにおもいきって真っ黄色。


IMG_0237.jpg


ついでに同じ肌触りのクッションが売っていたので2個購入。

このクッション、大きめでボリューム満点でふわふわなのに1580円だった。安っ!

カーペットが2畳の5980円だったので占めて1万円弱。安く上がったなぁ。

ふわふわパイル地が好きなのだが、最近「ふわふわ」の名を語った「サラサラ」をよく目にする。

「わー、ふわふわだ!」と思って触ると、何かポリエステル100%っぽい静電気パチパチきそうな、ふわふわの皮を被ったサラサラだったりするのである。え~いっ!こんなの断じてふわふわでないわ!

今まで購入してきたふわふわの中で秀逸だったのは、無印良品のタオルケット。

この無印のタオルケットは他の既製のタオルケットと比べ、毛足が長く柔らかい。肌触りがとても気持ちよく、寝るときは必ず顔の上にくるくらいにまで掛ける。

あの生地でいろんなもの作ってほしいなぁ。枕カバーとかクッションカバーとかドアノブカバーとかパジャマとかブックカバーとか腹巻きとか……

きっとニーズはあると思うんだけどなぁ…


スポンサーサイト
[ 2009/09/30 19:32 ] 徒然 | TB(0) | CM(0)

09/26  YouTube HD最適アップ設定 ~QuickTimeXに用意された書き出し設定を使って~ 

QuickTimeXになってから直接YouTubeにログインして動画を変換・投稿できる機能が備わるが、どうもブラウザからよりも相当時間がかかるともっぱらの噂なので使用を控えている。

QuickTimeXを変換に絞って使うにしても書き出し項目が少ないなぁと感じていたが、その項目の一つに「HD 720p」という設定がある。

YouTube用に動画を書き出す際のいつもの設定に近かったので試してみると、思った通りきれいにアップすることができた。

「HD 720p」はいわば「YouTubeHD用簡単設定」といった感じ。


2009_09_26.jpg


書き出しは「ファイル」から「別名で保存」を選ぶとダイアログが現れるので、「フォーマット」のプルダウンで任意の設定を選択する。

「HD 720p」の概要は解像度が1280x720、圧縮がH.264、ビットレートが5M。

5Mbpsと少々贅沢な設定かもしれないが、YouTubeは10分2GBまで(2009.09現在)と許容サイズに余裕があるので、サイズに関しては気にすることはないだろう。品質が高い分には何ら問題ないわけだが…他の動画投稿サイトへの応用は利かないかも。

実際、変換後のファイルは5分で200MB程度。想定範囲内だ。

あくまで共有機能からアップするのであれば別だが、ブラウザからアップするのを前提として、素材がQuickTimeで開けるものであれば、YouTubeHD用の変換はこの「HD 720p」を活用するのが現時点ではベストな選択かもしれない。


[ 2009/09/26 10:08 ] ネット | TB(0) | CM(0)

09/23  QuickTimeXは7と別物? ~OSX10.6 SnowLeopardにしてみて~ 

先日、MacのOSをSnowLeopardへアップデートしてみた。

新機能は少ないが速くなったというし、なにより3,300円とリーズナブルでもあるので、HDDを容量アップしたついでにOSもアップグレードしてみることにした。

インストールは既存のOSをアップグレード、30分ほどで終了。

早速いろいろいじってみる。

なるほどたしかに体感速度が若干向上しているように感じる。

アプリケーションの起ち上がりが速い。

特にSafariの起動がめちゃくちゃ速い。クリックから起動完了まで2秒くらいだろうか。

でもメインはFirefoxなのでこちらも試してみる。流石に起動は遅い。しかしやはり全体的なレスポンスが上がっている感じ。

機能追加を抑えて速度向上を図った点は非常に好感が持てる。ましてやお値打ち価格とくれば尚更。


ただ当方環境では、FinderをCoverFlowで開いたときにプレビュー領域が最大になって開いてしまうという現象が起こった。


2009_09_23-01.jpg


その階層で境界をドラッグして適度な大きさに調整しても、次のフォルダに移動したり、「戻る」をクリックするとまた最大に広がってしまうのである。

しばらく使ってるといつの間にやら正常に戻っていたりして、この現象の起こる条件や原因はさっぱりわからない。ある程度システムが各フォルダの表示情報を記憶してくれると普通に戻るということかもしれないが…まぁこの程度のことはアップデートで何とかなるでしょう。


OSのアップグレードに伴い、個人的に結構使用頻度の高いQuickTimeも新しくなっている。

QuickTimeSnowLeopardになって「QuickTimeX」として生まれ変わった…と思っていた。つまりQuickTime7からすべての機能がXへ移行というふうに考えていたが、その考え方は少し間違っていたようだ。

QuickTimeのProキーはどうなるんだろうかとか、今まで集めたコーデックなどはどうなるんだろうかと思っていたが、どうやら当面はQuickTimeXとQuickTime7は共存していくらしい。

共存といっても、じゃQuickTime7はどこ?

アプリケーションの中にはQuickTimeXしかない。インストールし直しか?と、再びインストールしてみるもやはりアプリケーションに追加されない…どういうこと?

と、ようやくQuickTime7の場所が判明。「アプリケーション」の中の「ユーティリティ」へ格納されていた。わかりづらー。

10.6のインストールディスクからもQuickTime7がインストール可能になっていて、「共存」を示唆している。やはり機能的に別物扱いということのようだ。


なにはともあれQuickTimeX、早速試してみる。


2009_09_23-02.jpg


動作は軽い。QuickTime7は物によって考え中のカーソルがくるくる回ることがあったが、QuickTimeXは今のところ軽快に動いてくれている。

また、フレームがなくなってすっきりした。上部のバーとコントロールパネルはウィンドウからカーソルを外すことで消えるため、フルスクリーンにせずとも映像のみとなり、非常に見た目がすっきり。

ただ、設定を変更するような項目がなく、例えばファイルを開く際に自動で再生を開始する…といった設定ができない。見落としてるだけ?

編集機能としてはトリミングが可能。


2009_09_23-03.jpg


スライダにサムネイルが表示され操作がわかりやすくなっている。

さて、QuickTimeXの目玉機能といったらやはり動画キャプチャだろう。

「新規画面収録」で、表示されている画面の動画を撮ることができる。


2009_09_23-04.jpg


ダイアログが出るので指示に従ってクリックすると収録スタート。


2009_09_23-05.jpg


品質は「中」「高」のふたつのみ。

音声も同時に収録できる。

オプションタブから音声入力先が選択可能。


2009_09_23-06.jpg


フリーウェアである仮想オーディオデバイスソフトのSoundflowerが入れてあれば、環境設定のサウンドで出力先にSoundflowerを選択し、画面収録のオプションでSoundflowerを選ぶことにより、Mac上の音声付き動画を収録できる。

書き出し(保存形式)の種類はかなり絞られている。数種類しか選べない。


2009_09_23-07.jpg


ここら辺はまだQuickTime7に任されているようだ。


QuickTimeXの印象としては「わかりやすくしたムービープレーヤー」といった感じ。

機能を削ぎ落として本来の動画再生アプリとしての機能に特化させたのがQuickTimeXで、その他の詳細な書き出しなどを担うのがProキーを取得したQuickTime7。

どうやらApple側の位置付けもQuickTimeXよりQuickTime7がグレードは上ということらしい。

いずれQuickTimeXにすべて統合されるにせよ、当面いろいろな形式の書き出しや解像度のサイズ変更などについては、QuickTime7(Pro)が必須のようだ。


[ 2009/09/23 02:02 ] Mac | TB(0) | CM(0)

09/12  さまぁ~ずがいいこと言ってたなぁ ~世界陸上の番組作りにもの申す~ 

今年の夏、盛り上がったといえばやはり世界陸上。

睡眠不足&ハードディスクレコーダの残量が気になる日々が続いた。

日本勢はあまりふるわなかったが、女子マラソンで日本が銀を取ったり、ボルトがとんでもない記録を出したりと、見応えのある内容だったと思う。

そんな楽しい世界陸上も、TBSのとんちんかんさに見ていてどうにかならないかという点がいくつもあったが、さまぁ~ずが「さまぁ~ず×さまぁ~ず」の番組内で非常にいいことを言っていた。

最近の番組でありがちな、「この後すぐ」の後の尋常じゃない引っ張り。世界陸上ではこれが度を超えて甚だしかったのだが、さまぁ~ず曰く「夜中の放送なんかは、この後すぐが4回もあると、あ今日はねぇなつって寝ちまうから、だったら○○はこの後たぶん4:30分頃とか言えば目覚ましセットしとくから、だいたいの時間を言えよ!」

いや全くその通り。

「引っ張るのが視聴率のためならテレビはつけっぱなしにして仮眠取りますから時間くらいは言ってよ」とも言っていた。

いやホントその通り。

「(予告を信じて)あれをバカみてえに起こさしといて『この後』じゃねえと!!」

この一言には拍手を送りたい!同意だよ同意!

そんでもって大竹が「女子マラソン見終わって、その後ダイジェストかと思ったら、また丸々ノーカットで放送してやんの。なんも言わねえから5時間くらい見ちまったじゃねえか」って、そうそう、ホントそう思った、あれは。ひどいよ。

自分は幸い録画していたからよかったが、視聴者側に立った番組作りとは思えない。CMの多さ・長さもひどかったし、どうでもいい織田裕二の寸評にえらい時間を割いて、その間にも様々な競技が進行してしまっているのである。

たのむから競技を映してくれ!競技を!

リポーター・解説陣ががんばっているだけに余計にイラつく。

世界陸上自体は熱くなれる非常におもしろいものなので、番組作りをなんとかしてほしい。もう放送権NHKに譲ったらどう?世界陸上=織田裕二のイメージも、いいよもう。スポーツ実況一本でやってきたようなアナウンサーにしてくれ。

もう少し視聴者側の目線で考えてほしい。

とりあえず来期に期待……といってもまた織田節に早回しボタンを連打させられるんだろうなぁ……


[ 2009/09/12 21:12 ] スポーツ | TB(0) | CM(0)

09/09  求職者が勤続中の会社へ面接に来るの巻 

残業が続いている。

DTPオペレータとして勤務している今の会社は、この時期ほぼDTPとは関係ない、何千という単位でこなす学校関連の打ち込みの仕事が入りてんてこ舞いになっている。

そんな中、女性が面接に来ていた。

奥の部屋からは何やら和やかな笑い声が聞こえてくる。

「騙されるなー」と言いたい気持ちになる。

この会社であまりスキルアップは望めないぞ!



働いている自分が言うのもなんだが、この会社はかなりへんてこな部分がある。

例えば、テキスト上の英数字は全て半角が基本で、数字なんかは、横組みの場合は全て半角にしてからカーニングなりトラッキングなりで字間を空け、縦組みに至っては半角を回転させている。意味不明。理由としては全角は格好悪いとのこと。更に意味不明。

使用する画像の解像度が、モノクロ二階調以外は全て400dpi。それはいいとしても、入稿データを配置したときにサイズが足りない場合、画像側の解像度をテキトーに増やして保存し直す。等倍拡大とかも考えてないっぽい。なんか考え方が雑。

InDesign上でほとんど全て完了させるのが基本で、Illustratorで材料を作って配置をいう概念はほぼない。よってグラフィカルなものはあまり制作できない。制作物の体裁のバランスはほぼDTP室を執り仕切る人の主観によって左右されるので偏りがち。

ソフトも古いものしかインストールされておらず、Photoshopなんかは5.0。5.5でもない。要のInDesignはCS止まり。スクリプトを駆使する気もないらしい。機材も古いもの・安いものばかりで、自分が使っているデスクトップの液晶なんかは、アミが数パーセントだと飛んで全く見えなくなる。色味を見るなんて以ての外。

定規を貸してもらったら出てきたのが20センチ定規。A4も計れませーん。

一番びっくりしたのが、おんぼろのレーザープリンタを使用していて、全然出力したもののサイズがずれてしまっていること。つまり、いくらソフト上で正確なサイズで作っても出力したもののサイズが違うので、ゲラに定規をあてられない。しかも仕事によってはそのサイズずれずれの紙をベースにして進行していく場合もある。どうなってるんだか…もう論外。

細かい部分で言えば、片付けができてない、下水が臭い、トイレが和式等々…働いてみて分かる、テンションの下がる要素てんこ盛り。

いずれにしろWinベースの会社なので、いずれMacベースの会社へ転職したいとは思っているが…まぁこのご時世ですからどうなるか。



そんな会社に面接に来ている。

ここで覚えたスキルはあまり他で生かせないぞ、と忠告してあげたかった。

隣の席で簡単なテストをしていた。

お題は、InDesignの基本操作、Word入稿の画像の使用法、クリッピングパス、ドロップシャドウなど。

その人は全くと言っていいほど出来てなかった。んー可哀想だけど無理だろうなぁ。

というか、出来ない人を一から教えた方がこういう会社はいいんじゃないだろうか。他の会社での癖がないままこの会社の独特の、ある意味偏ったやり方に慣れてもらった方がいいような気がする。



でもまぁ仕事選んでられない時代なんでしょうね。

大変だなぁと思った。

いや他人事ではないか。



[ 2009/09/09 02:47 ] 徒然 | TB(0) | CM(0)

09/08  あーいかんいかん ~シルバーウイークの影響が~ 

忙しさにかまけてブログが停滞しがちだ。

今月はシルバーウイークが絡んでくることもあり、なんだか仕事が前倒し前倒しになって連日残業続きだ。

自宅Macのハードディスクが一年足らずでなんだかんだでいっぱいになったので、先日自分で大容量のものへ換装した。

なもんでソフトの入れ替えやらインストールやら換装手順のブログへの書き留めやらをゆっくりやりたいのだが、時間が全くない。

こんな時に限って、私用でハガキ作りを頼まれたり、久しく会っていなかった友人と飯を食う約束なぞしてしまう。

部屋も片付けたいし、バイクのバッテリー液の補充もしたい。動画の整理もしたいし、保存しておいた映画も観たいし、不要品のオークション出品もしたいし、録りためておいたテレビ番組も観たいし、iPhoneに入れておいた漫画も読みたいし、藤沢周平の小説も読みたいし、youtubeアップ用に動画編集もしたいし、バイクで富士山をぐるっと一周してきたいし、おいしいドーナツも食べたい。

しかしふと思う。

暇ができると案外やらないもんなんだよな。

とりあえずシルバーウイークで何か一つでもクリアしよう。


[ 2009/09/08 01:04 ] 徒然 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

zsf

Author:zsf
果たして生き残れるのか

カレンダー
08 | 2009/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
Books
amazonキーワード検索
google ad
無印良品ネットストア


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。