--/--  スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

03/31  mkvファイルをFrontRowで再生する 

FrontRowで拡張子がmkvのファイルを再生できないかなぁと思って調べたら、方法は非常に単純なことだった。なんで今までやってなかったんだろう。mkvファイルを扱わなかったからかな。

Matroska QuickTime Componentつうプラグインを入れるだけ。

ここからMatroska QuickTime Componentをダウンロードして、ユーザ/ライブラリ/QuikTime/へ放り込むのみ。

QuikTime(FrontRow)でファイルを開くと最初「読み込み」作業が始まる。そのままでも再生できるが、なんだかカクカクするし、一旦ファイルを閉じると開くたびに読み込み作業が実行されるので、ここは別名保存でmovとして保存。変換ではなくそのまま保存。

FrontRowで開いてもスムーズに再生される。

ただ、再生できないmkvファイルもある。ややこしい。

はじめからVLC並みに対応ファイルが多ければなぁ…


スポンサーサイト
[ 2009/03/31 05:42 ] Mac | TB(0) | CM(0)

03/29  おもしろかったなぁ 「イチか?バチか?プロジェクト 若者の底力」 

28日深夜に放送された「イチか?バチか?プロジェクト 若者の底力」はおもしろかったなぁ。

NHKフジ(イチかバチか)がコラボし、深夜にNHK教育とフジテレビで同時生放送という、実験的かつ革命的企画。

今まで「NHKに対しての民放」という構図が多かったように思うけど、イチ(1)かバチ(8)かだからおのずとNHKフジのみの企画で、なんだか珍しい。

若者と中高年の考え方の違いなどを話し合うという番組内容もおもしろいけど、なんかこう局の壁を越えてみたいな、スペシャル感がワクワクする。

いいねぇNHK。あ、フジも。

どんどんこういう番組をやらなきゃ。深夜で良いから。

テレビ離れが急速に進んでいる昨今なんだから、視聴率やスポンサーの顔色を伺いながら張りぼてみたいなスカスカなもんばっか作ってないで、今こそ挑んで弾けて革命を起こさなきゃ。


[ 2009/03/29 03:52 ] TV | TB(0) | CM(0)

03/28  レコーダで録画したハイビジョン番組をMacへ~Mac上で再生可能な状態へ~ 

デジタル放送対応のDVDレコーダにて標準画質でDVDへダビングした番組は、仮想Win上で「relCPRM」なるソフトによって無事Macへ移すことができた。

となると、やはりハイビジョン画質のデータも挑戦してみたくなる。

とりあえず何も解らない状態ながらも、いろいろ調べて何とか成功したので忘れぬように書き留めておこう。

とりあえず頭の痛くなる用語から。

CPRM
コピープロテクト。
デジタル放送を標準画質でダビングしたものに施される。

AACS
より強固なコピープロテクト。Blu-rayなどで使われている。
ハイビジョン画質でダビングしたものに施される。

AVCREC
レコーダでハイビジョンダビングする際に選択するモード。
DVD-RAM、DVD-R(1・2層)で選択可能。AACSが施される。

VRO
拡張子。CPRMに対応したmpeg2ということらしい。
よって、リッピング後は拡張子を変えればmpegとして再生可能。
SD画質でダビングした際にディスク内に作成されるファイル形式。

m2ts
H.264形式の拡張子の一つ。
AVCRECでダビングするとこの拡張子のファイルが作成される。
リッピング後は拡張子を変えれば再生可能。

さて基礎知識を踏まえた上で、大まかな流れ。


rip.jpg


要はダビングしたディスクを仮想Win上で読み込み・変換させるということになる。いろいろ調べたがやはりマックのみでは現時点では無理っぽい。

まず、レコーダにてデジタル放送をハイビジョン録画し、不要部分削除などの編集をしておく。あとで編集しようとすると、かなり厄介なのでレコーダ側で済ませる。

そして、デジタル放送対応のDVD-RAM、DVD-R、DVD-R DLにAVCREC方式でハイビジョンダビングする。今回は手持ちのDVD-Rを使用したが、DVD-RAMの方が再利用が利くので良いようだ。

次に、仮想Winの準備。

当方環境はiMacのSuperDriveなので幸いデジタル録画ディスクの読み込みに対応している。

とりあえずディスクを入れてみると、Macでは普通にマウントされて中身も開けるが、なぜかWinで開くことができない。調べると、udf2.6対応ドライバとかなんとかが必要らしい。更に調べるとパナ製ブルーレイドライブのドライバを当てる方法とかなんとか…念のため両方とも試してみる。どちらも実行しているのでどっちが正しいのかよく分からないが、無事マウントすることができた。

ディスクの中身はm2tsの映像ファイル以外にプロテクトファイルなどいろいろ入っている。正直よくわからんです。


FinderScreenSnapz002.jpg


自分の録画した番組にプロテクトが掛かるってのも、あまり気持ちのいいもんじゃないね。

マウントできたところで「RipAVCREC」というソフトを使ってPCで試聴可能な状態へ変換する。いわゆるリッピング。javaを入れてある状態で「Rip_AVCREC.zip」というのをどこぞから見つけてきて解凍し使用する。

すると、指定したディレクトリに解除後のファイルが作成される。

拡張子はm2tsのままなので、mpgへ変えてみる。


FinderScreenSnapz001_20090328054754.jpg


アイコンはQuickTimeになったが、QuickTimeで再生させようとしても再生されない。VLCでは問題なく再生された。FrontRowで再生させたかったので少々残念。

しかしこれでMacで試聴可能にするという目的は達成できた。


VLCScreenSnapz001.jpg


これをQuickTime、FrontRowで再生可能にしたり編集可能にするために、ちょっと変換ソフトを使って何通りか変換を試してみたが、容量・画質共にバランスの良いH.264/mpeg4への変換に、どえらい時間を要するということが分かった。

とりあえず当面「VLCで視聴」という目的のみで考えた方が良さそうだ。

なんだかここまでくるのにえらい時間を割いた。

はぁ、疲れた…ほんと疲れた。


【追記】
当方環境では、レコーダ側で不要部分を削除したリッピングファイルは、再生自体は問題ないが変換処理しようとすると削除部分のつなぎ目で止まってしまうようだ。他形式に変換・編集する場合は番組をそっくりそのままリッピングするべきだろう。


[ 2009/03/28 06:04 ] Mac | TB(0) | CM(0)

03/26  Mac(仮想Win)で地デジファイルをどうにか変換したい~一応成功~ 

地デジでよしもとゴルフ倶楽部を毎週録画して、録りためたものを定期的に親に渡しているのだが、先日なぜか再生できないと言われたのでディスクを持ち帰ってきて調べてみた。

我が家のDVDレコーダでも再生できなくなっている。なんでだ?

ファイナライズし忘れたのか?そのせいで向こうのプレーヤで再生した際にデータが壊れたのか?よく分からないが、一応Macへ投入してみる。

おっ、読み込んだぞ。中身のデータもちゃんとVROファイルが存在している。

さて。…どうするか。

一応VROファイルの拡張子をmpgにすると再生できるらしいのでやってみたが、当然地デジのダビング10なので無理だった。やはりcprmを解除せねばならぬか。

よくMacはデジタル放送に対応していないという考えに陥りやすいが、ソフトが揃ってないだけなんだよね。再生用のソフトくらい大手で出しても良いもんだが。変換や解除も有志でマック用に作ってくれる人がいない。ユーザ数の問題もあるけれども。

Mac用のソフトはないのでWinのソフトを探してみる。

cprmgetkeyというソフトがあった。早速Mac上にインストールしてある仮想Winで試してみる。どうかなぁ。

ん~なんだか上手くいかない。

あきらめかけたところへrelCPRMなるソフトを発見。

だめもとで試すと、拍子抜けするほどサックリ解除。おおよかった。

しかし、何故レコーダで読み込めないのにMacで読み込めたのかとか、いまいちよく分からんままに成功したので今後勉強の余地あり。

新たに保存されたファイルは拡張子をVROからmpgへ変えるとmpeg2 muxed形式で再生された。あとはMPEG Streamclipなどで変換すればQuickTimeやFrontRowなどでも再生可能。

なんかこれで地デジライフがちょっと広がった気がする。


[ 2009/03/26 00:07 ] PC全般 | TB(0) | CM(0)

03/25  続・SHURE SE102 を買ってみた~コードの絶妙な長さ~  

SHURE SE102を使ってて気付いたことを。

SHURE SE102のコードは短過ぎとよく言われているが、なんか自分の使用状況では絶妙な長さなんですけど。


IMG_0142.jpg


iPhoneにリモコンを繋げているのでリモコンがおのずと延長コードの役割になっているのだが、リモコンを胸ポケットや襟付近にクリップすると、こういう使用法を想定して設計してあるのかってくらいピッタンコ。iPod shuffleなんかで使うにはもってこいではないだろうか。

2年保証ってのもありがたい。今まで断線=買い換えだったので、保証書・説明書は購入後即破棄していたが、SHUREなら1年後、2年後、断線しても交換して使い続けたいと思える。ちょっといいものを買えば、大事に使っていこうという気持ちが芽生えるのが良い。

現時点での欠点は、クッションなどに置くとイヤパッドがえらい埃まみれになることくらいか…全然製品としての欠点ではないんですけど…


[ 2009/03/25 15:34 ] 音楽 | TB(0) | CM(0)

03/24  SHURE SE102 を買ってみた~SHURE初体験…すごい~ 

予備で使っていたカナルタイプのイヤホンが前触れ無く断線してしまった。あくまで予備なのでどうってこたないが、予備が無くなったら無くなったで少々心許ない。

主にBOSE OEを使用しているが、TPOでイヤホンを選択したいときがある。耳まで隠れるニット帽を被ったときなどはイヤホンタイプに限る。

電気量販店のポイントも貯まっていたので新たに購入することにする。

今までローエンドの中途半端なものを使っていたので、ここはちょっといいやつを買ってみよう…といっても何万もホイと出す訳にはいかないので、いろいろ吟味して「SHURE SE102」に決定。

まあ一番の決め手はSHUREのエントリーモデルということで値段が手頃という点だが、予てよりSHUREの製品は一度購入してみたいとは思っていたので自分にとっては丁度良い機会であった。


IMG_0140.jpg


早速使用してみる。まず、遮音性というか、密閉感がすごい。耳と一体になってる感じ。はじめ変な形だなぁと思ったが、独特の装着法によって、この形が耳の凹んだ部分にすっぽり収まる。


FirefoxScreenSnapz002_20090324171218.jpg


コードを一端前へ出してから耳の上へ回し、下へ下ろしてあご下部分のコードを絞る。この装着法で歩行…いや走ろうが首を振ろうが、よっぽどのこと、つまり全力疾走するとかいきなりぶん殴られるとかしない限り外れそうにない。耳の上へ一端回すので本体への下方向の負荷もなく、長時間でも疲れない。

そして音ももちろん満足。くっきりした音で、全帯域がそつなく再生される感じ。そこらへんはBOSE OEと似た感じがする。オーバーヘッドとカナルで比較するもの変だが、BOSE OEの方が低音が効いているかな。しかし、今まで安物買いの銭失いとなっていたので、しっかりしたものを買えば品質も比例して付いてくるということを痛感した。

BOSE OEは中古だったのでエージングされた状態だったが、このSHURE SE102は新品なのでこれから味が出てくるといったところか。っていうか今までエージングなんてやったことないんですけどね。


[ 2009/03/24 17:38 ] 音楽 | TB(0) | CM(0)

03/17  いい加減にして欲しい…NTT下請け会社 

先日帰宅すると、マンションの扉に
宅配の不在者票のようなものが挟まっていた。

特に配達物などに心当たりがない。

何の心当たりも無いままおもむろにその二つ折りの紙を開くと
そこには「不在者票」と書かれ、
上部には「重要」と赤い判が押されていた。

そして大きく期限のような日付が書かれており、
何か急き立てるような雰囲気がある。

思い当たるものも全く無く、
少々不安を覚えつつ読み進めていくと…

何のことはない、Bフレッツの勧誘である。



これは何を意味するか。




我が家はマンションへ光ケーブルが引かれて間もない頃に
電話・ネット環境を光へ移行している。

導入してかれこれ2年、
当マンションの中ではヘビーユーザーである。
謂わば長年ひいきにしているお得意である。

この一切れの不在票は、
そんな得意客に対して「あんた誰?」と言っているようなものだ。

一度、二度くらいまでなら、何もここまで目くじら立てることはない…

これまでに何十回とこの手の広告が投函されているのだ。

同じBフレッツ勧誘の内容で複数の違う広告が入っていたり、
ある時は、メール便のような大きな封筒で投函されていたり…

このような営業活動を行っているのはNTTの下請け会社で、
しかも下請け同士で競って
訪問なり、ポスティングなりを仕掛けてくるのである。

下請けでは悪質な業者も少なくなく、
自分の周りでも、執拗な電話による勧誘など
目に余るケースもよく耳にする。

どの世帯で利用していて、どの世帯が未加入でといった
顧客情報は全く把握していない。いや把握する気がないらしい。

下請け会社は親会社から、加入・未加入くらいの情報は
あらかじめ得てから営業活動に移すべきだ。

最近、NTTはえらい光を推して広告もバンバン打っているが、
こういう下請けへの丸投げ的な、ずさんな普及活動が、
好感度を著しく下げる。

NTT側で子会社に加入状況くらいの顧客情報は
十分伝えておいて頂きたいものである。

いやそうしなければいけない筈だ。


[ 2009/03/17 09:48 ] 徒然 | TB(0) | CM(0)

03/16  iPhoneをひかり電話の子機にできるなんて…あとは外で使えればなぁ 

いろいろサイトを調べて
iPhoneをひかり電話の子機に設定する方法を知った。

たまたま都合良く去年ひかり電話へ移行したので
これを実行に移してみる。

SIPPhoneというらしいが、そもそも「SIPという言葉自体初耳」
くらいの知識しか持ち合わせていない私のような人間が
通話可能な状態にまで持って行けるのだろうか。

だめもとでやってみよう。

まずルータの設定から。

我が家のルータはRV-230SE。
電話設定の内線設定で3にiPhoneを子機として割り当てる。


FirefoxScreenSnapz002_20090316033318.jpg


iPhone側はiTalkなるアプリをCydiaから落としてくる。

iTalkは脱獄していれば3G回線が使えて安定しているとのこと。
いくつかSIPPhone用のアプリは存在するらしく、
無料のものもあるらしいが、ここはおもいきって投資。
現時点で600円だったので、さほどの出費でもない。

iPhone側でiTalkを設定する。


IMG_0002_20090316033256.jpg


Accountsをタップし、ルータ側の子機設定に添って
各項目を入力していく。

他サイトで調べながら試行錯誤して
なんとか無事設定が完了する。


IMG_0001_20090316035949.jpg


Dialer画面のSIPの文字が緑へと変わり
無事回線が繋がったことを確認できる。

着信音は6種類用意されている。
Settingは特に変更の必要はなさそうだ。

実際にiPhoneより親機へかけてみる。

「1(親機番号)」→「SIP」とタップすると、
ちょっと間があってから親機の呼び出し音が鳴った。
おお、繋がったぁ。不思議な感じ。

今度はSIPで外線へかけてみる。
「電話番号」→「SIP」とタップ。
これも無事繋がった。

あとはこれを外で3G回線で使いたいものだが、
VPN(Virtual Private Network)を構築しなければならないらしい。

当方環境はMacなのでVPNサーバ機能がない。
仮想Winで試してみるも上手くいかず頓挫する。

Mac用にiVPNというアプリも存在するらしいが
試用無しの有料。なかなか踏み出せないものが…

でもいずれ3G回線でSIPPhoneを使えるようにするのが目標。


[ 2009/03/16 03:26 ] iPhone | TB(0) | CM(0)

03/13  なんか面白そうだったから…VNCでiPhoneにMacを表示 

今日は13日の金曜日だったのか。
まぁ特に何も変わりはありませんが。

Mocha VNC LiteというアプリでiPhoneからMacを操作できるらしい。

ちょっと面白そうなので試してみた。

Mac側の設定はシステム環境設定の共有で
画面共有にチェックを入れるだけ。

Mocha VNC Lite側もMacのIPアドレスと
画面共有のコンピュータ設定で登録したパスワードを入れるだけ。


IMG_0006_20090313180949.jpg


途中何のつまづきもなく繋がった。

接続されている時はMacのメニューバーにアイコンが現れる。

数秒に一度くらいずつの割合でデータが送られてくるっぽい。

横向きにも対応。キーボードも使える。


IMG_0001.jpg


有料版はいくつか機能が追加されているようだ。

面白そうだから使ってみたけど
なんとなく利用価値が見出せそうにないから
自分には必要ないかな、これは。


[ 2009/03/13 18:22 ] iPhone | TB(0) | CM(0)

03/11  SimplifyMediaが…繋がった。……今まで何故繋がらなかったんだろ 

SimplifyMediaiPhoneから3GまたはWi-Fi経由で
iTunesライブラリーを共有・再生できてしまうアプリ。

SimplifyMediaをリリース当初からインストールしているが、
何故か2、3回バージョンアップした辺りからMacへ繋がらなくなった。

それから結構長い間繋がらない状態が続いたので
半分あきらめてSimplifyMedia自体も記憶の片隅に
追いやってしまっていた。

iPhoneへはかなりの数のアプリを入れているにもかかわらず、
ほとんど触れてもいないアプリも結構あるので、
積極的に活用していこうと思ったわけである。

そこで久々にSimplifyMediaを起動すると、あっけなく繋がった。

今までなんだったんだ。

最新バージョンで何か改善されたかな?

とりあえず一安心…というか、うれしい。かなり使えるアプリだし。

脱獄仕様なので元のアイコンがどんなだったか忘れてしまった。


IMG_0010_20090311004215.jpg


設定はとくに項目無し。
ただ繋がって再生するっていう。至ってシンプルなもんです。

SimplifyMediaの優れた点はアーティスト情報を拾ってきてくれること。


IMG_0013.jpg


しかも日本語対応。
有名アーティストであれば海外アーティストでも日本語で表示。

歌詞も閲覧可能。すごいね。

しかしProdigyが日本語解説で少年ナイフが英語ってのも……


IMG_0018.jpg


まさかバブル青田の画像が出るとは思わなかった…。

音質的にも特に不満はない。
そもそもライブラリへも、音質に関してそれほど神経質なこだわりを持って
保存している訳ではないので、あまり差もなさそう。

こうなってくると、iPhoneでかなりの環境が整うわけで、
ネットゲーム音楽・動画鑑賞などが可能となれば、
マクドナルドがコーヒー一杯でネットカフェ代わりになる。

もちろん、ネットカフェ・漫画喫茶は
漫画が読み放題だとか、飲み物飲み放題だとか、
静かな環境で干渉されないされないだとか、優位な部分はあるけれど、
だんだんネットカフェの利点が薄れてくるなぁ。


[ 2009/03/11 01:13 ] iPhone | TB(0) | CM(0)

03/10  久々にAir Mouseを使ってみたら…進化してる! 

Air Mouseはワイヤレスのタッチパッド、リモコン、ポインタなどの機能を
iPhoneで実現することのできる優れたアプリである。

Air Mouseは出たばかりの頃にリモコン代わりに導入して以来、
ここのところあまり利用していなかった。

ちょっと久しぶりに使ってみようと思い、Air Mouseを起動する。

が、なぜかMacと繋がらない。

原因が解らなかったので双方を最新バージョンへ更新。

すると難なく繋がった。
Connectedの文字が一瞬現れ、左上のアイコンが赤から緑へ。
サーバ側とiPhone側どっちも最新にしておかなければならないようだ。


IMG_0011.jpg


で、久々にいじってみると…す、すごい進化してる!

Air Mouseサイトにあるチュートリアル動画を見ると
すごさがよく分かる。英語だけど。

まず導入当初一番改善を願っていた
「スリープを無効にする」という点が改善されている。
これは何バージョンか前でクリアしていたようだ。


IMG_0010.jpg


「Sleep」をOFFにすると、スリープが無効になり、
いちいちタップし直してロック解除するようなことが無くなった。

そして文字パレットが表示されている時に一振り(結構強めに)すると
シュッという音と共に下方へ消えて、全面がタッチパッドになる。


IMG_0014.jpg


ポインタのようなAccelerometerというモードも健在。
細長く縦に光っている部分に触れながらiPhoneを傾けると
傾きを感知してカーソルが動く。このアプリの真骨頂。

iPhone本体を横に倒せば横向き用インターフェイスへ切り替わる。
ただ、Accelerometerモードは縦専用。

一番驚いたのが「Function Keys」「Media Keys」「Web Keys」
という新モード。


IMG_0012.jpg


インターフェイスもちょっとカッコイイ。

音符マークをタップするとMedia Keysモードへ切り替わり、
なんとマック側もiTunesへ切り替わる。

逆にマック側でFirefoxを選択すれば
Air MouseはWeb Keysモードへと切り替わる。

Web Keysモードへは地球マークをタップ。
Function KeysモードへはFマークをタップ。

サーバアプリでキーを設定し直すことも可能。


Air Mouse ServerScreenSnapz001


しかし当方環境ではページを「戻る」は正常動作するが
「進む」が受け付けてくれなかった。原因不明。
サーバアプリでキーを登録し直しても同じ。少々残念。

Function Keysモードでは上部の1~4のホットキーに
オリジナルのショートカットやアプリを登録することができる。


Air Mouse ServerScreenSnapz002


これで完全にApple Remoteの代用が可能となったわけだ。
Front RowやVLCを起動から操作することができる。

ただ、試しにFront Rowを操作した際、
アプリを割り当てただけでは正常動作しなかった。
キー登録でFront Rowの起動・終了ショートカット
「command+esc」を割り当てたら問題なく動作した。
また、サーチの「キー長押し」には対応していないので
ここは改善願いたいところ。

しかしちょっと使ってない間にだいぶ進化したなぁ。

なんかもう、○万円する周辺機器の機能を
数百円で得られるというのが信じられない。

ここらへんが無限の可能性を感じるiPhoneマジックだね。


[ 2009/03/10 04:57 ] iPhone | TB(0) | CM(0)

03/07  iPhone繋ぎ放題・BBモバイルポイントへ今さら接続してみる 

去年の暮れからiPhoneユーザーへ無料開放されたBBモバイルポイント。

このサービスが始まってからもう数ヶ月経っている。

しかし今までBBモバイルポイントの設置店舗へ赴いても
3G回線で接続してしまって、
「まぁまた次の回に試せばいいか」と先送りにしてきたが、
今頃になって、ふと
「そんな便利なサービスを活用していないのは損だなぁ」と思い、
夜中にBBモバイルポイントへの接続を試みることにした。

丁度頭が冴えて眠れそうになかったので、12時に家を出て、
24時間営業の近所のマクドナルドへ。

折角足を運んだのに
やり方がちんぷんかんぷんだったなんてことのないように
あらかじめ接続方法は確認済み。

まずMy SoftBankでパスワード(WEPキー)を調べておく。

トップページの下の方に「公衆無線LANし放題」という項目があるので、
そこからパスワードを確認できる。


IMG_0005.jpg


ああこんな時にコピーペーストができたらなぁ。

もしくは写真を開きながら入力とかできれば少しは楽なんだけど。

メモ帳に書き写して…なんていうアナログな手順は
意地でも踏みたくないので
必死に数桁の英数文字を頭にたたき込む。


IMG_0006.jpg


設定のWi-Fiを開くと対応店舗であれば
すでに「mobilepoint」が現れているので、
選択して覚えておいたパスワードをここで入力。

お、繋がったぞ。電波弱っ。


IMG_0009.jpg


そしてSafariを起ち上げるとiPhone 3G 専用ログイン画面になるので
ここでIDとメール用パスワードを入力。
このパスワードはMy SoftBankでIDと共に
自分好みに設定し直せるアレ。


IMG_0007.jpg


するとBBモバイルポイントサイトのトップページへと飛び、無事接続完了。


IMG_0008.jpg


再起動してみても再び設定し直す必要は無いようだ。

思ったより簡単に接続できたので、
早くから利用しておくべきだったと少し後悔。

家で無線LAN接続している時と何ら変わらず快適、快適。

ただやはり終始電波が弱いかな。


[ 2009/03/07 06:24 ] iPhone | TB(0) | CM(0)

03/05  千秋と篠原ともえはお友達なのかぁ 

篠原ともえ絡みでちょこっとサイトを渡っていたら
千秋のブログで篠原ともえと遊んできた云々みたいなことが
書かれていた。

ああ、お似合いのいいコンビだなぁと思った。

二人とも好きな芸能人だ。

好きな理由は「才能がある」から。

二人とも右脳的才能に秀でていると思う。

才能のある人はやっぱり何か醸し出すものがあるね。

周りに人が集まるし、それぞれが引き合うし。

二人はPOPな感じも似てる。

自分の交友関係では一生現れないであろう、
縁遠いタイプの人たちなので
素直にいいなぁと羨ましく思う。


ああこの二人で新ユニット組んで音楽活動してくれないかな。

めちゃめちゃポップな衣装で、テクノ系の楽曲で。

結構需要あると思うんだけどな。

二人がパーソナリティのバラエティ情報番組でもいいな。

毎週録画する、うん。


[ 2009/03/05 22:06 ] 音楽 | TB(0) | CM(0)

03/04  急上昇ワード「篠原ともえ」をSeeqPodで検索 

検索ワードランキング急上昇の「篠原ともえ」。

どうも「昔より綺麗になってる」的な噂が関心を集めているよう。

FirefoxScreenSnapz002_20090304155926.jpg

彼女も今月で三十路らしいですし、そりゃ大人の女性の魅力も出るでしょう。

見たところ歯を矯正した以外はなんら昔と変わったところは無さげ。
まあ元々かわいらしい顔立ちだし。

で、10年以上昔、
そういえばかなりハイテンションな歌を歌ってたなぁと思い、
試しに、ほんと試しに、
洋楽でお世話になっているSeeqPodで検索をかけてみる。

…ええーっ!!、あった……えーーっ!!

ここは邦楽も検索できるのか???

ためしにyumi matsutoya(松任谷由実)で検索してみると、
数は少ないがヒットした。ちょっとは探せるようだ。

BENNIE Kでもアルバム曲までとはいかないが数曲ヒットした。

YMOで検索するとさすがに世界的な知名度故、かなりのヒット数。

しかし、篠原ともえの曲があるとはねぇ。
ジャンルのせいかな。石野卓球のテクノってことで。

とりあえず「クルクル・ミラクル」が聞きたかったからほんとよかった。


SeeqPod - Playable Search

この、テクノと篠原ともえが高水準で融合しているところがかなり気持ちいい。

音楽的にもクオリティ面では石野卓球プロデュースだから盤石。

改めて聞いてみて、なんとなく思った…

篠原ともえの存在自体がテクノ。


【追記】
seeqpodは2009年春にサービスを停止、ガジェットも無効になっている。


[ 2009/03/04 05:04 ] 音楽 | TB(0) | CM(0)

03/01  愛車プジョーくん廃車へ 

とうとうこの時が来たか。

愛車プジョー306xsiを永久抹消登録した。

毎月車庫代が2万近くかかっていたし、ガソリンはハイオク、
中免バイクとの両立は少々経済的に厳しい。

そこへプジョーくんの故障ときたので腹は決まった。

ネットで廃車手配して拍子抜けするほど簡単に
プジョーくんは持っていかれた。

マニュアルシフトは珍しいですねと言われた。そうかな。

結構なオンボロプジョーだったので
どれくらい手数料を取られるのだろうと心配していたが、
逆に5千円もらえた。部品としての利用価値は多少あるのだろう。

自分で搭載したカーステレオやETCなどは事前に外しておいたので
オークションでさばけばもう少し利益は出るだろう。

結局3年の付き合いだった。

エアコンの風が出なくなったり、
バッテリーが上がったり、
リアハッチのロックが掛かりっ放しになったり、
ブレーキが9割方利かなくなったり……

いろいろあったが皆いい思い出だ。

ピニンファリーナのスタイリッシュなコンパクトボディに
2リッターのパワフルな走り…
操ってて楽しい車だったよ…

3年間、短い間だったが、プジョーくんありがとう。

またいつか乗りたいな。


[ 2009/03/01 01:01 ] | TB(0) | CM(0)
プロフィール

zsf

Author:zsf
果たして生き残れるのか

カレンダー
02 | 2009/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Books
amazonキーワード検索
google ad
無印良品ネットストア


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。