--/--  スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

12/11  Parallels 5.0とVMware Fusion 3でゲーム動作比較 

今秋にParallels Desktopの5.0が登場した。

Windows7に合わせて種々の機能が強化されたリリースのようだが、単純に、基本部分である「高速化」も図られているようだ。

仮想ソフトにはVMwareを使用しているので、Parallelsの今回のリリースは気になっていた。

よく「Parallels vs VMware、速いのはどっちだ」と比較をされる。

今まで両方乗り換えながら使ってきて、Parallelsがサクサク動いてた時期もあれば、VMwareの方が断然速い時期もあったので、正直ナンセンスだと思う。

現段階では正直どちらを導入しても損はない、比較の難しいレベルになっているので、コヒーレンスかユニティかなどの好みの問題になってくるのではないだろうか。

というわけで早速Parallels 5.0はどんなもんだろうかと試用版をインストールしてみる。

さすがに新バージョン、少し触ってみて感じたのが、仮想OSを一旦中断する「サスペンド」がメチャメチャ速い。VMware Fusion 3で速いなぁと感じていたが、やはりここも比較しがたい高い水準。

あと新たに追加された、極限までMacに融合する表示モードという謳い文句の「クリスタルモード」だが、確かにドックから仮想OS内のアプリケーションにアクセスさせるなど、仮想OSの起動を感じさせない表示状態になるが、個人的にスタートメニューからのアクセスに慣れているのでどうしても違和感を拭えず、従来通りウィンドウモードに落ち着いてしまった。

そんなParallels 5.0とVMware Fusion 3、特徴にお互い「DirectX 9.0c/9EX Shader Model 3 と OpenGL 2.1 をサポートしました」とあったので、ちょっとゲームをインストールして比較してみることにした。

とりあえず環境としてはIntel iMac 2.8Ghz、OSX10.6.2、仮想OS Windows7へ約2Gのメモリを割り当てた状態でインストール、インストール自体は問題なく両環境で無事完了した。

一昔前のPCでもプレイできそうな比較的軽め(最近のに比べれば)のタイトルということで、トゥームレイダー アニバーサリーで比較。

お互いインストール、起動は問題なし。

まず、Parallels 5.0から。


20091211-1.jpg


おぉ~、普通にプレイできるんですけど!しかも最大表示で!

最初なんだかもたつく部分はあったものの、プレイし出すとサクサク動いてくれる。


20091211-2.jpg


ただ残念なことに初めから音がブツブツいって、数十分プレイした後に音声が出なくなってしまった。これはOSの再起動で回復したが、原因は不明。当方環境に限っての現象かも知れないが…。

とりあえずParallels 5.0ではプレイできるレベルであることが確認できた。

お次はVMware 3。


20091211-3.jpg


うーむ、なんででしょ、ゲームになりません。

恐ろしく重く、炎や水面、光などの効果が無視される。画面も暗く、解像度を下げても改善は見られず。

今回の結果からすればParallels 5.0の方がゲームに向いていると言わざるを得ないだろう。ちょっと残念。

ではParallels 5.0にもう少し高いスペックを要求するゲームを入れたらどうなるか。

Dead Spaceをインストールしてみる。

以前、たしかVMware(前バージョンだったかな?)へ入れようとした際、ビデオカードが云々という警告でインストールできなかった記憶があるので、ここはParallels 5.0だけでテスト。多分VMware 3の方に入れられたとしても、動かないでしょう、トゥームのような結果じゃ。


20091211-4.jpg


お、動いたぞ!と思ったのもつかの間、ゲームにならず。

やはり非常にもっさりして、一度はフリーズしてしまった。

そしてやはり何かしらの効果が省かれてしまっているようで、画面が通常より遙かに暗く、キャラクタの周りに枠線のようなものが見えている。


20091211-5.jpg

20091211-6.jpg

20091211-7.jpg

20091211-8.jpg


仮想OS上ではParallels 5.0の方が比較的ゲームに適しているようだが、いずれにしろ安心してスムーズにプレイしたいのであれば、やはりBootCampでのプレイが望ましいだろう。


20091211-9.jpg


おそらく最新モデルのハイスペックモデルでXP上で動かせば、もう少し満足にプレイできるかもしれない。

今回はあくまでテストであって仮想OSでゲームをするつもりはない。

ParallelsでもVMwareでも、OfficeなどのビジネスソフトやAdobeのソフトなども気持ちよく動作するので、ゲームだけはBootCampにお願いするという住み分けが理想的ではないだろうか。


スポンサーサイト
[ 2009/12/11 12:06 ] ゲーム | TB(0) | CM(0)

02/01  試してみたいCrossOver Games 

CrossOver macはMac環境でシームレスに
Winアプリが動作するソフトとして知られているが、
そのゲーム特化版がCrossOver Gamesである。

今の環境ではDead Spaceをプレイするのに
Boot CampにてWinで再起動しなくてはならないが、
もしこのCrossOver Gamesで問題なく動作するのであれば
こんなありがたいソフトはない。

でも購入したはいいけど目的のゲームでバグだらけだったらと思うと…。

一応同社のサイトで動作確認されているタイトルの一覧を見ることができる。

その中に所有しているタイトルのTomb Raider Anniversaryがあるので
もうそれだけで入手する価値は十分あるのだが
一覧にDead Spaceがないという点だけ気になる。
国によって規制されているタイトルだからか?

ああ悩むところだ。

機能を特化することによって
シンプルかつリーズナブルにしているのだろうけど
やはりどうせならCrossOver macCrossOver Gamesの機能が
一本にまとまっていたならお得感があって
購入に二の足を踏むこともなかったろうに。

まぁゲームってものが一番エミュレーションし難いのは確かなので
分けた方が開発もし易いんでしょう。

仮想Winをゲームだけに使う人って多いと思う。


[ 2009/02/01 06:26 ] ゲーム | TB(0) | CM(0)

01/10  なつかしのプレステゲーム「DEPTH」 

もうPS2を使わなくなって久しい。

昔はゲームにDVD鑑賞にと大活躍だったPS2。
今は部屋の隅でほっこりだらけである。

でこのまま処分というのはあまりに忍びないので
オークションにでも出そうかとコード類を片付けていると、
初代プレステ用のメモリーカードが出現。

懐かしさのあまりメモリーを挿して起動してみると
これまた懐かしいゲームのデータがたくさん……

鉄拳、トゥームレイダー、ワイプアウト、ポポロクロイス、海底大戦争……

ああ目頭が……

その中でもかなり思い入れのあるゲームが「DEPTH」である。

img049.jpg

一見するとエコーザドルフィン(これも判りづらい例えか)のような
イルカを操るアクションゲームのようだが
中身は全く違って、いわば音ゲーである。

イルカを操ってドラム・ベース・メロディーなどの音素材を集めていき
その組み合わせで自分好みの曲を作る。

Final Cut ProScreenSnapz003

ダンス、テクノ系の曲に仕上がる傾向が強い素材が結構多い。

一からメロディーを打ち込むわけではないので
曲を作るぞというように構えなくても
肩肘張らずすんなり入り込めるような作りになっている。

しかしこれやってたの20世紀末じゃないか。

かつて、このソフトが発売されてまもなく、雑誌の企画かなんかで
DEPTHで曲を作って応募しよう」みたいなのがあり、
自分もせっせと作って締め切りギリギリに出したら、
切手の料金が足らずに家に戻ってくるという
トンチンカンなこととなってしまい、
結局審査さえしてもらえなかったというほろ苦い経験をしている。

で久しぶりにあの頃の自作の曲を聴いてみる。

我ながらいいじゃないか、よくもまあこんなしちめんどくさいことしてたな。

このゲームはリズム速度調整、音量調整、
素材毎のオンオフ、A・Bサイド切り替えなどなど、
リアルタイムプレイでのコントローラさばきによっては
かなり凝ったことができる。

ああ、あの頃はゲームが仕事みたいな感じだったよなぁ。

そうだ自作の曲、動画サイトにアップしてみよっかな。


[ 2009/01/10 02:05 ] ゲーム | TB(0) | CM(0)

01/07  MacでDeadSpace 

DeadSpaceを去年の暮れようやくクリアした。

DeadSpaceはグチャグチャドロドロのインパクトが先行しているが、
中身はもの凄い作り込みの傑作である。
ゲーム史に名作として名を残すこと間違いなし。

とりあえず我が家はXboxがないので
PCでのプレイとなる。

が、我が家の環境はMacなので
一か八かWin仮想OSへインストールするも
うんともすんともいわず、あっけなく跳ね返される。

やはりBoot campか。

どうなるかヒヤヒヤしながらインストールすると
なんなく起動、ほっとする。

このゲームはやはりなんといっても
細部まで作り込まれた美麗グラフィックが魅力。

WS000001.jpg

ビジュアルオプションでクオリティを変更できるので
試しにLOW MID HIGHを比べてみる。

上からLOW→MID→HIGH

WS000003.jpg
WS000004.jpg
WS000005.jpg

画像では解りづらいがHIGHは光の表現が美しい。
一見LOWがはっきりくっきりで印象よく見えるが
実際プレイするとステージの室内や背景などでだいぶ差が出る。

それにしても2週目、難易度設定が変更できればよかったのに。
ハードでプレイし直すかな。


[ 2009/01/07 20:20 ] ゲーム | TB(0) | CM(0)
プロフィール

zsf

Author:zsf
果たして生き残れるのか

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
Books
amazonキーワード検索
google ad
無印良品ネットストア


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。