--/--  スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

02/21  クイズタレント名鑑のアニマル浜口に号泣(´;ω;`) 

毎週録画して楽しんでいるクイズタレント名鑑。

2月20日のクイズタレント名鑑は2時間SPで内容も盛りだくさん、いつも以上に楽しめた。

中でも「スター今の限界名鑑」は見応えあり。

41歳になった伊藤みどりがダブルアクセルと高速スピンを披露、日頃まめに滑っているとはいえ、41歳でこれは凄過ぎる。

阪急のブーマーはちょっと期待はずれだったが。

そして一番印象深かったのが「アニマル浜口の『気合いだー!』の限界」。

2004年に流行語大賞も獲った『気合いだー』。

このアニマル浜口さんの代名詞とも言える『気合いだー』を何回言い続けられるか。

一応ルールとして3カウント制を導入、『気合いだー』が途切れた時点でカウントを開始し、3カウント入ったらそこで限界とする。

レフェリーには新日のタイガー服部レフェリーが立ち会う。

この「アニマル浜口の『気合いだー!』の限界」の出題VTR時点からスタジオメンバーは終始爆笑、気合いだーを小声でウォーミングアップする姿や、本番開始直前の「行くぞっ、せーっのっ!」という掛け声にたまらず大爆笑、原西の掛け声のマネと共に耳に残って、腹を抱えて笑ってしまった。

パネラーはそれぞれ100回前後、有吉チームのみ500回という飛び抜けた数字の答えを出していた。

そしていよいよ「アニマル浜口の『気合いだー!』の限界」本番開始!

さすがアニマル浜口さん、開始から余裕で100回突破、この時点ですでにチャンスは有吉チームのみ。

『気合いだー』に間が空くとすかさずレフェリーがカウントをとるという珍妙な光景にフジモンも「なんやねんこのコント!」とつっこみを入れ、スタジオ未だ爆笑の渦。

…しかし…もうこの時点で自分の涙腺がヤバいことになってきていた…一心不乱に『気合いだー!気合いだー!気合いだー!』と連呼するアニマル浜口さん、そのパワー、その真っ直ぐさ、その全力っぷりが自分の心を揺さぶった。

長期戦へ突入、VTRが早回しになる。

100回を超えたところから早回しということは相当な記録が予想されるが…早回しのコミカルな動きにスタジオメンバー更に爆笑…が、すでに自分の目には涙が溜まっていた。

そして記録は300の大台へ突入。



ここからVTRは一変する。



『何が男を突き動かすのか…』



アニマル浜口さんの『気合いだー』はとどまる気配を見せない。

叫び続ける中、309回を数えた時…無意識に搾り出した言葉…



『京子ー!!』



ブワっ(´;ω;`)…もう我慢できん…



『フザケ半分だったスタッフも徐々に浜口の気迫に引き込まれていき、いつしか心の中でこう叫んでいた「頑張れアニマル!頑張れ浜口!」と』(VTRナレーション)



とうとう400回も突破、そして、こちらの気持ちを汲んだかのようにVTRがアニマル浜口さんと京子さんのレスリング人生を追った映像に…号泣。

まだ子供で細い体の京子さんをスパルタの英才教育で一流のレスリング選手へ育てていったアニマル浜口さん、映像の背後で『気合いだー』を我武者羅に叫び続けるアニマル浜口さん。

もうここまでくるとスタジオメンバーの目にも涙が。

何度も途切れそうになりながらも2カウントが入るたびに気合いで『気合いだー』を搾り出す。

タイガー服部氏のレフェリングもカッコイイ。



そこには…

紛れもなく闘将アニマル浜口が、父親アニマル浜口がそこにいた。



そして…



最後の『気合いだー』を叫ぶと、こと切れたようにリングに倒れこみ仰向けになる闘将。

もうこちらは涙ボロボロ。

酸素吸入しながら言うセリフもまたいい…『プロレス界の発展と…京子をロンドンへ送りたい…日本を元気にしたい…そういういろんな気持ちがあって…』



記録は誰も想像のつかなかった驚異の「918回」



いやー、アニマル浜口さんほんとうにお疲れさまでした。

久々にいいもの見させて頂いた。

クイズタレント名鑑は往年のスターの限界シリーズで毎回いいもの見させてもらってるけれども、今回はホントに素晴らしいものを見たという余韻とともに元気ももらった。



日本も気合で元気になれ!!


気合いだー!!!


スポンサーサイト
[ 2011/02/21 22:11 ] TV | TB(0) | CM(2)

09/21  思いがけないところに爆笑は転がっている ~イッテQにて~ 

思いがけないところに笑いは転がってるなぁと思う。

けっこう笑わせてくれるので毎週見ているイッテQ。

先日録画で録り貯めておいたイッテQをみていて、全く思いがけないところで爆笑してしまった。

この回はイモトアヤコの『イモトワールドツアー』。

インドへやってきたイモトが訪ねたのが、舌で画を描く達人。

その達人の吹き替えを声優さんがやっているのだが、舌を出したまま「その通りです」といった達人に合わせて声優さんも舌を出しているであろう喋り方で…

「ソノトオリデス」www

ぶははははっ

不意打ち!

VTRはとくにそこを強調することもなく、何事もなかったように進行していくwww

思わず巻き戻して4、5回見てしまった(笑)!!

おそらくここで気付く、もしくはツボにはまる人は少ないと思うが、自分でも思いがけないところにハマったなと思った。

こういうところで一緒に笑える人がいるとうれしいんだけどなぁ。


[ 2010/09/21 14:02 ] TV | TB(0) | CM(0)

07/04  今年もやってきました「ロンハー奇跡の1枚」2010夏 

先日、ロンドンハーツにて恒例企画「奇跡の1枚」が放送された。

今回も何人か新顔が参戦していて見ごたえ十分。

この企画ではレギュラー化している鳥居みゆきをはじめ、もう中学生、アジアン馬場園、misono、ハライチ澤部、ドランクドラゴン鈴木、いとうあさこ、サバンナ高橋、ガレッジセールゴリ、そして和田アキ子が参戦。

ちょっと何人か選抜して触れてみようかなと。

まずアジアン馬場園。


20100704-2-01.jpg


まあアジアン馬場園の場合、吉本べっぴんランギングで3位になってるくらいなので、元がいいから当然変身後もかわいい。

ちょっとカーリングの本橋麻里みたいだ。


20100704-2-02.jpg


胸の方もけっこうあるようで。


20100704-2-03.jpg




お次はいとうあさこ。


20100704-2-04.jpg


ギャル風に変身。

「いとうあさこがメイクでこうなった」と言われれば、おぉっ、と思うかもしれないが、こういう人が雑誌に載ってても「ん、んん」となるような…


20100704-2-05.jpg


セクシー部門では胸元を強調。

ハードなイメージで強い女を演出。


20100704-2-06.jpg




お次はもう中学生。


20100704-2-07.jpg


もう中は「顔はイケメン」というのはもう周知の事実なので磐石といったところか。


20100704-2-08.jpg


一番安定してるのがもう中だろう。


20100704-2-09.jpg


このモノクロ写真は出演者陣にも人気があった。


20100704-2-10.jpg




さて、今回の隠し玉は和田アキ子。

アッコさんよく参戦しましたな。


20100704-2-11.jpg


メイクっておそろしい。


20100704-2-12.jpg


ちょっと鈴木紗理奈入ってますが。


20100704-2-13.jpg


まぁ撮影風景が映ったときにはさすがに年齢が顔に現れていたので、そうとう照明をあててシワを飛ばしたか、もしくは画像処理(シワ取り程度の)を施したか…


20100704-2-14.jpg




そして一番謎な参戦がmisono。

misonoは奇跡の1枚出ちゃだめでしょ、いってもアーティストなんだろうから。


20100704-2-15.jpg


かわいいって言われてたけど、そりゃかわいいでしょ。


20100704-2-16.jpg


参戦した時点でおもいっきりハードルを下げたようなもんだからなぁ。


20100704-2-17.jpg


misonoがバラエティしか出なくなって三十路あたりで参戦っていうならわかるんだけれども…


20100704-2-18.jpg


そりゃまだピチピチでかわいいですよ、当たり前過ぎます。


20100704-2-19.jpg




そしてこの企画ほぼレギュラー化している鳥居みゆき。

さすがにアッコさん困惑気味。

鳥居がボケをかます度にゴリがアッコさんへ通訳するという変な構図。

さぁ今回はどんな奇跡を見せてくれましたかな。


20100704-2-20.jpg


森ガール風…なのかな。

正直このショットは失敗だと思う。

メイク濃い!爽やかなイメージを狙ってるから余計気になる。


20100704-2-21.jpg


同じメイクでもこちらのショットの方がいいね。


20100704-2-22.jpg


こちらもよい。

最初のショットはいらなかったなぁ。


20100704-2-23.jpg


同じメイクでもちょっとのアレンジでだいぶ変わる。


20100704-2-24.jpg


セクシー部門は温泉。


20100704-2-25.jpg


おお、今回かなり勝負に出ましたな。


20100704-2-26.jpg


やはり紹介するショットの数も一番多かった模様。


20100704-2-27.jpg


セクシー部門の方がナチュラルメイク&地毛で違和感なし。


20100704-2-28.jpg


今回が入浴となると次回どうなっちゃうんだ?




奇跡の1枚も人気企画で恒例となり、毎回楽しみにしている。

今回のハライチ澤部(結果失敗だったが)のようにどんどん若手も参戦してもらいたい。

少年少女、ガリガリガリクソンあたりなんかも期待大。

最後に今回一番のいじられ役となったガレッジセールゴリの「アバター」(笑)


20100704-2-29.jpg



[ 2010/07/04 15:41 ] TV | TB(0) | CM(0)

05/06  MXならではの奇跡の番組『小島×狩野×エスパー3P(スリーピース)』 

この春からかなり味付けの濃い面子が顔を揃えた番組がTOKYO MXTVにてスタートした。

『小島×狩野×エスパー3P(スリーピース)』

タイトル通り、小島よしお、狩野英孝、エスパー伊藤というものすごい濃い面々。

こういう組み合わせはMXならではといった感じ。

これだけ個性の強いメンバーではお互いが主張し過ぎて、てんやわんやにとっ散らかってしまうんじゃなかろうかという心配を他所に、小島が進行兼ツッコミ役をそつなく…いやそつなくと言うと語弊があるが…なんとかこなしていて、結構三人が補いながら噛み合っていて、ついつい先へと見入ってしまう。

荒削りならではのハプニングなどもあり、そこには実験番組的面白さが溢れている。

「霊能者になろう(後編)」では、エスパーのガチヤバ心霊写真に、恐怖というより行き当たりばったりな十数年前の深夜番組を見ているようで思わず笑ってしまった。

この『小島×狩野×エスパー3P(スリーピース)』、本放送と同時にYoutubeでも配信されているという親切構成。

ここのところ我が家のMXの受信状態が芳しくなかったのでこれは有り難い。

東京でなくても視聴することができるというのも大いに意義がある。



Youtube 小島×狩野×エスパー3P(スリーピース)のプレイリスト



この番組をきっかけにYoutubeのMXのチャンネルにかなり番組がアップされているということを知った。

もしかしたらバナナ炎もアップされてるかなぁとチャンネル内を「バナナ」で検索してみるも、結果には東京マラソンのニュースのみ…まぁ確かに東京マラソンとバナナは切っても切れない関係ですけれどもぉ。

できれば放送後数日の期間限定でもいいのでバラエティもどんどん配信していただきたいものだ。



TOKYO MXのYoutubeチャンネル



[ 2010/05/06 00:54 ] TV | TB(0) | CM(0)

02/01  でかしたフマキラーよ ~アレルシャットCMに謎の美女~ 

フマキラー「アレルシャット 花粉 鼻でブロック」の新CMに謎の美女が起用されている。

謎の……2月14日にお披露目……っつってももう全然内緒になってないんですけど。


20100201.jpg


詳細はこてぃら↓
フマキラー「アレルシャット 花粉 鼻でブロック」新キャンペーンTV-CM

しかしCMに起用されてもおかしくないとかなり以前から思っていたものの、なかなか企業が手を挙げないなぁ…やはり狂気が邪魔をしてるのかなぁ…と半ば諦めかけていたところへ、やってくれましたフマキラー!

これがアコムだったら腹を抱えて笑ったのだが、まぁそう上手くいくはずもなく、スポンサーはフマキラー。

だがフマキラー、あんたはえらい!

彼女を新キャンペーンキャラクターに抜擢したこと自体も称賛に値するが、「ぶぁーっ、鼻がかいーっ、ぐえーっ」的な芸人としての在り来たりな扱いならそこら辺のバラエティでさんざっぱら見ている訳で、ロンハー奇跡の一枚と同じ切り口で彼女の美に着目した起用に拍手を送りたい。

多毛症も大喜びだろう。

これを機により多くのTVCMでお目にかかれることを願ってやまない。

しかしアコムよ!ここで彼女を使ったら名を上げるぞ!!


[ 2010/02/01 05:14 ] TV | TB(0) | CM(0)

01/23  俺よっ!なぜ博士の異常な鼎談ライムスター宇多丸前編を見逃した! 

毎週楽しみにしている、水道橋博士と宮崎哲弥のトーク番組『博士の異常な鼎談』。

TOKYO MXにて毎週木曜23:30より放送。

この時間枠は『松嶋×町山未公開映画を観るTV』、『バカヂカラ』、『バナナ炎』、『How to モンキーベイビー!』といった番組が名を連ねる、MXの神枠だが、『松嶋×町山未公開映画を観るTV』と『博士の異常な鼎談』は特に注目している番組。

その『博士の異常な鼎談』の「ライムスター宇多丸・後編」を観た。

いやー、おもしろかったぁー。

30分、あっという間。

三本分撮ってたのかぁ。

面白かっただけに前編・中編を見逃したのが非常に悔やまれる。

なぜ正月特番シフトの録画予約を早めに切り替えなかったかなぁ…。

ここのところ『博士の異常な鼎談』は「2ちゃんのひろゆき氏」「元祖超能力少年清田氏」「東国原知事」と、ぼんやりした回が続いていた。

「ひろゆき氏」の回は、彼特有のちょっと人を小バカにしたような喋り口(本人に悪気はない)と相まって、引き込まれるようなものがなく結局8割方何を話していたか記憶にない。博士からも、もっと引き出してやろうというようなテンションが感じられず、ノってなかったように見えた。

「清田氏」の回は、ほぼ彼の少年時代から現在までの回想のようなものだったので、超能力を披露しない、一般人である彼自身に興味のない当方としては、リモコンのサーチボタンを押すか押さぬかの葛藤の時間でしかなかった。

「東国原知事」の回では、東国原知事がバラエティ系の番組に出る度に思うことを改めて強く感じた………「知事になって本当に正解でしたね」と。……特に笑いを取ろうとする場面で、転職してホントよかったねと思う。

なんとなく個人的見解による不発続きだったので、正月特番を録画するために予約を切っていた。

で、昨日久々に観た「ライムスター宇多丸・後編」。

こういうゲストを待っていた……のだが前二回を見逃すという不覚。

やはりサブカル系は面白い。

なにより三人がノってて、それが相乗効果となり視聴者側にも伝わってくる。

もう十週連続でもいいんではないか?

宇多丸氏はがっつり知っているわけではなかったが、杉作J太郎絡みの書籍やら映画やらを観ているとちょくちょく名前が出てくるので、名前だけは知っていた。

しかしこんなに頭のキレる人物だったのかぁ。

映画の話は特に興味深かった。

自分もテレビドラマの惰性で生まれるメディアミックス映画が興行成績で上位に来るのは絶対におかしいと思っていた。

日本人は中身よりタイトルで観ているんだろうか?

『スペースバトルシップ ヤマト』のくだりは大笑いしてしまった。

日本の映画興行成績ランキングについてはホント宇多丸氏と同じように思うし、『ディストリクト9』も絶対観る!

これを機会にPodcastも久々に聞いてみようかな。



しかし、なんで見逃したかなぁ……



[ 2010/01/23 00:00 ] TV | TB(0) | CM(0)

01/13  Dear Zachary ~親愛なるザカリーへ~ を観る 

先日録画しておいた「松嶋x町山 未公開映画を観るTV」の『親愛なるザカリーへ』をようやく前後編まとめて観ることができた。

しかし…あぁ、…予測はしていたのに…なんだろう、この救いのない重苦しい気持ち。

悲しみ、苛立ち、怒り、そんなやり場の無い感情が溢れてくる。




映画ラストあたりにインタビューに答えていたアンドリューの知人がこう言っていた。

『この出来事以来、神に祈っていない 信仰心が揺らいでいる』




もし神がいるなら、神はカナダ政府のように殺人鬼に手を差し伸べたのだろうか。



誰からも好かれた好人物のアンドリューを身勝手な行動で撃ち殺したイカれた女シャーリー。

そしてなんという運命の悪戯か、シャーリーがアンドリューの子を身籠る…アンドリューの息子であり殺人犯の息子でもあるザカリーちゃん。

アンドリューそっくりのザカリーちゃん。

アンドリューの両親は悪魔の手から孫を救わねばと立ち上がる。



が…





事態は最悪の結末へ。






一番の憎しみの矛先はザカリーちゃんの母親でありながら悪魔のような女シャーリーへ向けねばならないのだが、それにも増してカナダ政府の司法制度のずさんさに非常な苛立ちを感じた。

殺人犯を簡単に釈放、しかも保釈金は精神科医が全額負担。児童福祉局でさえ何の手立ても講じず、裁判も休廷に次ぐ休廷で全く進まず、弁護士、検察、判事全てがシャーリーに対して有利に取り計らうのである。

そもそも殺人犯を町に解き放つこと自体考えられないことだ。



しかしアンドリューの両親は立派だ。

ザカリーちゃんの存在を知ると、殺人犯からアンドリューの息子を守らねばと怒りや憎しみを押し殺し孫のために奔走するのである。

殺人犯シャーリーに物を買い与え、シャーリーと一緒にザカリーと面会し、シャーリー側の要求をのみ、頭がおかしくなりそうな状況を耐え続ける。

すべてザカリーの親権を獲得するためだけに。

ところが殺人犯を擁護するカナダ政府の司法に阻まれる。

そして、その結果の悲劇。

バカも大概にしてほしい。

人間の模範のような人物であるアンドリューを死に追いやった悪魔を擁護して、更に二つ目の無垢な命までも奪われるという最悪の結末。しかも怒りをぶつけようにも、悪魔自身も命を経つという卑劣極まりない行為により絶望的な終焉を迎える。

ただ一つだけ小さな希望の光として、アンドリューの両親の働きかけや映画をきっかけに、ようやくカナダ政府が重い腰を上げ、司法制度改正へ動き出したとのこと。

でも遅過ぎる、あまりにも。



これほどやりきれないことってあるだろうか。

久々に重たい作品を観た。


【追記】

動画をアップ
http://zsf.blog90.fc2.com/blog-entry-181.html


【再追記】
「松嶋×町山 未公開映画を観るテレビ」で公開された作品群がネット配信でいつでも鑑賞できるようになりました。
松嶋×町山 未公開映画祭公式サイト


[ 2010/01/13 20:44 ] TV | TB(0) | CM(0)

12/24  ロンハー奇跡の一枚で椿鬼奴も大変身 ~振り幅でいったら一番?~ 

先日放送のロンハー「奇跡の一枚」では、やはり鳥居みゆき椿鬼奴のクオリティが飛び抜けていたが、特に椿鬼奴はギャップ、振り幅でいったらダントツではなかろうか。

なにしろ普段のあのメイク、やりすぎコージーでは「ブサイク7」のメンバーとして出演していた鬼奴、そんな彼女が10歳は若く見えるアイドル顔へ変貌。


200912240-01.jpg


えらい変わりよう。

でも日村テープなどの特殊メイクは使ってないんだよなぁ。素材が良いということか。


200912240-02.jpg


キュートンのカッコいい奴姉さんも好きだが、たまにはこんなんもいいんじゃなかろうか。

セクシー部門では小細工なしの直球勝負。


200912240-03.jpg


柴咲コウだ、とスタジオも沸いていた。

若い頃の写真とか見ると結構美形なんだよね。

同じ日のロンハーの「抱いてみたい女芸人GP2009」でもロンブー淳が椿鬼奴を選んでたし。

芸人としての奴姉さんも人気あるし。

なにげに一番反響があったのは椿鬼奴だったのかもしれない。



余談だが北川景子に似ているといわれた鳥居みゆきの奇跡の一枚。

逆に北川景子に鳥居みゆきのコスプレをしてみていただきたい。


200912240-04.jpg


北川景子に白パジャマを着させて多毛症を持たせ、あのメイクで目をひん向いてもらったら、かなりハマるような気がするのだけれども…

事務所が止めるか。


[ 2009/12/24 22:14 ] TV | TB(0) | CM(1)

12/23  奇跡の…… ~またまたロンハーで大変身!~ 

ロンドンハーツ3時間SPの「奇跡の一枚」でまたもや鳥居みゆきが華麗に変身を遂げていた。

まぁ元々が美貌の持ち主なので驚きはないが、今回はなかなか魅力が引き出されていて良いんではないかと。

他には椿鬼奴もアイドルのように可愛らしく変身していた。化粧ってほんと変わるもんだなぁ。

鳥居みゆきは元が元なだけにもはや「どう綺麗に仕上げるか」というよりも「どんな変化球で仕上げるか」といった勝負になってきてると思う。

はじめのクールグラビア部門は「少女」がテーマということで透明感を前面に出して勝負、といったところだろうか。

「北川景子に似てる」と他の出演者も盛り上がっていたが…うーん、かわいい。


20091222-01.jpg


髪の色が変わるだけでも、こうも印象変わりますか。

「日村テープ」などの“特殊メイク”も一切使用なし。当たり前ですが。

この姿でネタやったらどうなるんだろう。



さて、セクシー部門。

前回も男装、花魁と結構なクオリティであったが、


20091222-02.jpg


今回のセクシー部門は圧巻。

安室奈美恵の元ネタがあるのだが、全然こっちのほうがいいんですけど!


20091222-03.jpg


いや、すんばらしい。

さすがに一同どよめいていた。

奇跡の一枚は、綺麗に変身しても「なんかここが今ひとつ」とか引っかかる部分があるものだが、ちょっとこの鳥居みゆきは文句をつける箇所が思いつかない。ファンだからとかを抜きにして。

もういっそのこと写真集出してもいいんではなかろうか。

しかしこれじゃぁグラビアアイドル達も戦々恐々だぁ…


[ 2009/12/23 08:53 ] TV | TB(0) | CM(0)

12/21  松嶋×町山 未公開映画を観るTVの次週が気になる…「Dear Zachary」 

毎週楽しみにしている『松嶋×町山 未公開映画を観るTV』。

20日放送の「RELIGULOUS」はコメディアンが宗教をチャカすというものであったが、あまり自分の琴線に触れる内容ではなかった。

が、次週予告の「Dear Zachary 親愛なるザカリーへ」が妙に気になる。

誰からも愛されていた医師アンドリュー。

幼い頃からアンドリューと親しかった映画監督が、アンドリューの息子ザカリーへ“彼がどれほどすばらしく愛すべき父親であったか”を伝えるべく、アンドリューの知人・友人へのインタビューや彼の映像などを編集し、プライベートビデオとして記録していく。

そう、あくまでプライベートビデオとして。

友人の息子のために、友人の父親としての立派な姿を記録していくなんて、いい話じゃないですか。



が、……

この映画のテーマが「一つの人権を守ることによって多くの人権が奪われてしまう」

なっ? えっ? えぇ???



なぜプライベートビデオを映画として公開することになったのか。

いや、しなければならなかったのか。

そこには驚愕の……



↓ここで大まかな解説を町山氏がなさっている。
「TBS RADIO 小島慶子キラ☆キラ」
町山智浩さんの解説



12月27日、1月3日、前後編、これは見逃せない。


【追記】

動画をアップ
http://zsf.blog90.fc2.com/blog-entry-181.html


[ 2009/12/21 21:17 ] TV | TB(0) | CM(0)
プロフィール

zsf

Author:zsf
果たして生き残れるのか

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
Books
amazonキーワード検索
google ad
無印良品ネットストア


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。