--/--  スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

02/20  カーリング女子「チーム青森」のルックスは海外でも人気? 

すでに日本選手団の活躍でいくつかメダルを獲得している冬季オリンピック。

カナダのバンクーバーで2010年2月12日~28日の17日間開催される。

現時点で予選リーグを戦っているカーリング女子もメダルの期待がかかる。

そんなカーリング女子の「チーム青森」。

中でもマリリンの愛称で親しまれる本橋麻里選手は写真集、カレンダー、ポストカードと、アイドル並みのグッズ展開をしているほどの人気。

そのカーリング女子日本代表が予選の1戦目でアメリカに勝利した日に、Yahoo知恵袋のアメリカ版「Yahoo!Answers」になんか面白い質問が上がっていた。


20100220-1.jpg


どうもカーリングの試合を観戦していたら日本代表が気になったらしい…そのルックスが。

質問の内容は
『誰かカーリング女子の日本チームのカワイさに気付いた人いる? なぁみんな、誰か日本の女子カーリングチーム見た人いる?かなりイケてると思ったんだけど…俺だけ?』
といった感じ。

本家の参照元はこちら→Yahoo!Answersの質問


そしてベストアンサーに選ばれているのが
『俺も見てたんだけど、まったく同じこと考えてた』

やはり海外でもそのルックスは注目されているらしい。

他にも
『だね、日本人女性は魅力的だから』
『日本の女の子はカワイイ。というか周知の事実』
『ほとんどのジャップはイケてるっしょ』
『君だけじゃない、間違いない』
など肯定意見が多数。

もちろん、知恵袋のように反対意見も寄せられる。

例えば『俺の答えはノーだね。平均だよ平均』という意見や、女性回答者に至っては「evil」「kill you」といった単語が飛び出すかなり毒気を帯びた否定意見も書き込んでいた。

まぁしかしながら注目されたことに間違いはない。

世界的に見ても日本人女性の人気はかなり高いので、カーリング女子日本代表の容姿に惹かれるのも頷けるものがある。

とにかく試合の方もがんばってもらいたい。

金メダルも夢ではないので、「カワイイうえに強いチーム」として有名になっていただきたい。


20100220-2.jpg

スポンサーサイト
[ 2010/02/20 01:33 ] スポーツ | TB(0) | CM(0)

09/12  さまぁ~ずがいいこと言ってたなぁ ~世界陸上の番組作りにもの申す~ 

今年の夏、盛り上がったといえばやはり世界陸上。

睡眠不足&ハードディスクレコーダの残量が気になる日々が続いた。

日本勢はあまりふるわなかったが、女子マラソンで日本が銀を取ったり、ボルトがとんでもない記録を出したりと、見応えのある内容だったと思う。

そんな楽しい世界陸上も、TBSのとんちんかんさに見ていてどうにかならないかという点がいくつもあったが、さまぁ~ずが「さまぁ~ず×さまぁ~ず」の番組内で非常にいいことを言っていた。

最近の番組でありがちな、「この後すぐ」の後の尋常じゃない引っ張り。世界陸上ではこれが度を超えて甚だしかったのだが、さまぁ~ず曰く「夜中の放送なんかは、この後すぐが4回もあると、あ今日はねぇなつって寝ちまうから、だったら○○はこの後たぶん4:30分頃とか言えば目覚ましセットしとくから、だいたいの時間を言えよ!」

いや全くその通り。

「引っ張るのが視聴率のためならテレビはつけっぱなしにして仮眠取りますから時間くらいは言ってよ」とも言っていた。

いやホントその通り。

「(予告を信じて)あれをバカみてえに起こさしといて『この後』じゃねえと!!」

この一言には拍手を送りたい!同意だよ同意!

そんでもって大竹が「女子マラソン見終わって、その後ダイジェストかと思ったら、また丸々ノーカットで放送してやんの。なんも言わねえから5時間くらい見ちまったじゃねえか」って、そうそう、ホントそう思った、あれは。ひどいよ。

自分は幸い録画していたからよかったが、視聴者側に立った番組作りとは思えない。CMの多さ・長さもひどかったし、どうでもいい織田裕二の寸評にえらい時間を割いて、その間にも様々な競技が進行してしまっているのである。

たのむから競技を映してくれ!競技を!

リポーター・解説陣ががんばっているだけに余計にイラつく。

世界陸上自体は熱くなれる非常におもしろいものなので、番組作りをなんとかしてほしい。もう放送権NHKに譲ったらどう?世界陸上=織田裕二のイメージも、いいよもう。スポーツ実況一本でやってきたようなアナウンサーにしてくれ。

もう少し視聴者側の目線で考えてほしい。

とりあえず来期に期待……といってもまた織田節に早回しボタンを連打させられるんだろうなぁ……


[ 2009/09/12 21:12 ] スポーツ | TB(0) | CM(0)

08/17  速!! 世界陸上男子100m、前人未踏の9秒5台 

いやー、楽しみにしていた世界陸上、もう寝不足です。

流石に朝4時頃スタートの男子100mはリアルタイムで見る根性がなかったので予約録画しておいたら、会社で流れるラジオでおもっきしニュース流れてやんの!勘弁してくれ!折角帰宅後の楽しみにしておったのに……

しかし優勝したウサイン・ボルト、すごい、ものすごい記録だ。

今回はきっちりフィニッシュを決めてくれたおかげで想像していなかったとんでもない記録がうまれてしまった。

9秒58……

9秒6台をすっとばしての58。

ボルトはカールルイスに代表される、「長身選手はスタートが不得手」というウィークポイントを見事にカバーし、スタートから出遅れることなくそのまま凄まじい加速をみせゴール。2位のタイソン・ゲイに0.13秒の差を付けて金メダルを獲得した。

でも個人的にはタイソン・ゲイを応援していたんだよね。

2位とは言っても9秒71というこれまたとんでもない記録。

もちろんアメリカナショナルレコードだ。

タイソン・ゲイすばらしい点はランニングフォームがずば抜けて美しいところ。技術的には一番ではないだろうかと思う。

ただスタートの爆発力に欠ける。スタートの弱ささえ克服すればもう少し肩を並べて戦えたのではないだろうか。

ただどうしても超えられない壁もある。体格差だ。

ボルトが196cmなのに対してゲイが183cm。

同じように走ったとしても一歩の幅で差が付く限り上背で上回るボルトを破ることはできない。

もしゲイが2m近くの身長を持っていたとしたら9秒5は確実に切ると思う。

でも直前まで故障を抱えていたといいながら9秒71まで記録を伸ばしてきたのだから、まだまだやれる、期待してるよ。



しかし、やっぱり何だかんだ言って、9秒58、すげーなー


[ 2009/08/17 20:57 ] スポーツ | TB(0) | CM(0)
プロフィール

zsf

Author:zsf
果たして生き残れるのか

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Books
amazonキーワード検索
google ad
無印良品ネットストア


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。