--/--  スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

07/30  いよいよホログラフィックディスク実用化?夢の1Tディスク! 

20110730.jpg



以前、米GEがホログラフィックディスクの実験に成功したという記事を書いた。

04/29 次世代はホログラフィック!~ディスクに500G、いずれは1T~

もう2年以上前になるのだなぁ。

てっきり計画は頓挫したものとばかり思っていた。

ところが先日、GEからホログラフィックディスクの実用化にメドがついたと発表された。

『マイコミジャーナル - GE、容量500GBのホログラフィック・ディスクの実用化にめど』

現段階で12cmディスクサイズ、Blu-rayと同速度の書き込みで500Gの容量を達成している模様。

開発段階ではいずれ1Tまで引き上げる予定となっていた。

これはまさに次世代ストレージの最有力候補。

だって、なんせディスク1枚1Tですから!

一般のPCならそっくりまるごとバックアップをディスク1枚で可能。

映像ソフトとしてなら4K(4096×2160)3Dなんて映像が記録できるんじゃなかろうかと。



がしかし。

書き込み読み込み速度の問題があるような…

そもそも従来ディスクに互換性を持たせるというのは普及への重要なポイントである反面、最大のネックとなってくるのではないだろうか。

「樹脂ディスクを回転させて読み取る」というカタチを守り続ける限り、性能の飛躍的な加速はない。

ましてBlu-rayの128G(4層)から1Tへ一気に容量アップともなれば、「Blu-rayと同速度で…」なんて言っていたらバックアップに1日2日費やすことになりかねない。

ひょっとして普及したらしたで256倍速なんてドライブが出るのかしら…いや、やりそうだな。

思ったのだけれど、ピックアップ部を2箇所、3箇所と増やすことはできないのだろうか?

同時に3箇所くらいからデータを読み取れば単純に速度が3倍になりそうなもんだけど…難しいのかね。



とりあえず、消費者としては容量が多くなることは願ったり叶ったりではある。

しかし「樹脂ディスク」という形態はこのホログラフィックディスクを最後に卒業でよろしいかと。

ディスクの次の世代ではカードをセンサーにかざせば1Tくらいのデータを読み取ってくれるとか、そんなんでいいんじゃない?

いやもしかしたら携帯型ストレージそのものが無くなる日が来るのかもしれない。


スポンサーサイト
[ 2011/07/30 01:44 ] PC全般 | TB(0) | CM(0)

09/22  最近になって思うVLCの便利機能 

メディアプレーヤーとしては超有名どころのVLC media player

我が家では、映像の再生に関してはもうほぼVLCのみが活躍中。

個人的にVLCのここがいい!と思うところは、

1.ディスクのみならずディスクイメージも読み込める。
2.フォルダ(VIDEO_TSフォルダ)でも読み込める。
3.VOBやTS、mkvなどのファイルも読み込める。
4.再生中にメインメニューへ戻ることなく字幕や音声を切り替えられる。
5.Apple Remote(リモコン)に対応。

などなど…かゆいところに手が届く機能が満載。

あとは、マウスの横スクロールで巻き戻し早送りができるが、QuickTimeのようになめらかに前後へスロー再生できれば完璧かな。

がしかし、もう一つ最近になって便利だなぁと思う機能がある。

それが「オーディオデバイスの選択」だ。

オーディオデバイス、つまりUSBポートに繋いだヘッドフォンなどへのデバイスへ再生中でも切り替えられるという機能。

現在、我が家のiMacはUSB経由でYAMAHAのオーディオインターフェイスが刺さっていて、そこからヘッドフォンプラグを引っ張ってきている。

夜中にド派手なアクションものの映画を観たい時などはヘッドフォンで聴くようにしているが、正規の手順を踏むと、システム環境設定からサウンドの項目を開き出力先を指定してやることで本体スピーカーから外付けデバイス(ヘッドフォン)へ切り替わり、鑑賞後にまた元に戻さなければならない。

しかしVLCで鑑賞する場合、メニューの「オーディオ」から出力先を指定すればヘッドフォンへ切り替わり、そのままVLCを終了してしまえばデフォルトへ戻る。

この機能を最近知ったのが悔しい!

USBヘッドフォンを使っている人にはありがたい機能ではないだろうか。

本体スピーカーからしか音出さないよっ♪って人にとっては恩恵を受けない機能だが、こういう地味に便利なうれしい機能をこつこつと追加していくあたり、VLCってやっぱりすごい!

開発者の方々ほんとにご苦労様です。

なにしろこれで無料なんだからね!


[ 2010/09/22 03:09 ] PC全般 | TB(0) | CM(1)

05/01  サードパーティのコンテンツに一致。~youtubeの動画認証システム~ 

先日、youtubeへ動画をアップした際、直後にこんな表示が…

FirefoxScreenSnapz006.jpg

「サードパーティのコンテンツに一致。」

ご丁寧に丸までついて。

初めてのことだったので、直後に判別ってどんなシステムだと不思議に思った。

ちょっと調べると、どうもアップされた動画はすぐさま動画IDのデータベースへ照合され、映像か音声が一致(類似)していると、削除までは行かないがこの「サードパーティのコンテンツに一致。」の警告が出るらしい。

しかし、頭のいいシステムだ。映像・音声素材の長さや品質などからかなりの精度で検出するようだ。

でも、ほっといても問題ないとのこと。

著作権所有者の判断次第。

しかし削除されると、規約違反としてカウントされ、4~5回でアカウント停止になる。

「著作権情報」をクリックすると、異議申し立てができる。

FirefoxScreenSnapz004_20090501010316.jpg

埋め込みによるリンクは自動的に無効になるようなので、外部サイトに貼ることはできない。

でもってこの動画がある限り常にアカウント詳細メニューにお知らせが表示される。

FirefoxScreenSnapz005_20090501004322.jpg

で後は神に祈るだけである。


[ 2009/05/01 01:05 ] PC全般 | TB(0) | CM(0)

04/29  次世代はホログラフィック!~ディスクに500G、いずれは1T~ 

ホログラフィック・ストレージの実験に成功したという記事を見た。

GE(General Electric)が2009年4月27日、DVDサイズのディスクに500GBのデータを記録できる材料の実験に成功したらしい。

このホログラフィック・ディスク、なんともすごい。

まず、ディスク一枚で500G、つまりブルーレイの20倍の記録容量があり、将来的には1Tにまで引き上げることを目標に研究が進められるとのこと。

そして何と言っても消費者、メーカー共にメリットのある「互換性の高さ」が特徴。フォーマットが類似しているので、その互換性は従来のCD、DVD、BDを全てカバーできるらしい。

BD・HDDVD戦争が終わったと思ったら、もう次世代か。

まぁまだ先の話でしょうが。

でも早く実現して欲しい。だってディスク一枚で1テラだよ!

我が家は全部で2テラの外付けを使用しているが、案外テラ単位でもすぐいっぱいになってしまうもんです。

夢のようだなぁ。
我が家の外付けバックアップが2枚のディスクで済むなんて。

ホログラフィック・ディスク、いつなんだ!量産は!


[ 2009/04/29 04:06 ] PC全般 | TB(0) | CM(0)

03/26  Mac(仮想Win)で地デジファイルをどうにか変換したい~一応成功~ 

地デジでよしもとゴルフ倶楽部を毎週録画して、録りためたものを定期的に親に渡しているのだが、先日なぜか再生できないと言われたのでディスクを持ち帰ってきて調べてみた。

我が家のDVDレコーダでも再生できなくなっている。なんでだ?

ファイナライズし忘れたのか?そのせいで向こうのプレーヤで再生した際にデータが壊れたのか?よく分からないが、一応Macへ投入してみる。

おっ、読み込んだぞ。中身のデータもちゃんとVROファイルが存在している。

さて。…どうするか。

一応VROファイルの拡張子をmpgにすると再生できるらしいのでやってみたが、当然地デジのダビング10なので無理だった。やはりcprmを解除せねばならぬか。

よくMacはデジタル放送に対応していないという考えに陥りやすいが、ソフトが揃ってないだけなんだよね。再生用のソフトくらい大手で出しても良いもんだが。変換や解除も有志でマック用に作ってくれる人がいない。ユーザ数の問題もあるけれども。

Mac用のソフトはないのでWinのソフトを探してみる。

cprmgetkeyというソフトがあった。早速Mac上にインストールしてある仮想Winで試してみる。どうかなぁ。

ん~なんだか上手くいかない。

あきらめかけたところへrelCPRMなるソフトを発見。

だめもとで試すと、拍子抜けするほどサックリ解除。おおよかった。

しかし、何故レコーダで読み込めないのにMacで読み込めたのかとか、いまいちよく分からんままに成功したので今後勉強の余地あり。

新たに保存されたファイルは拡張子をVROからmpgへ変えるとmpeg2 muxed形式で再生された。あとはMPEG Streamclipなどで変換すればQuickTimeやFrontRowなどでも再生可能。

なんかこれで地デジライフがちょっと広がった気がする。


[ 2009/03/26 00:07 ] PC全般 | TB(0) | CM(0)

01/19  1920×1200の画像を500KBに圧縮した場合の画質 

このブログにアップできる画像のサイズ上限が500KBなので
ある程度大きな画像はjpeg等で圧縮せねばならない。

モニタ解像度が1920×1200なので
スクリーンショットを撮ったりすると
おのずと横1920縦1200ピクセルの画像となる。

というわけで1920×1200の画像を例に
500KB以下となるjpeg圧縮について考えてみる。

横1920縦1200ピクセルの画像をアップするとなると
結構圧縮率を高めにしないと500KB内には収まらない。
フォトショップでjpeg保存した場合、
どれほどの圧縮率で500KB以下になるのか。

とりあえずBMP形式でスクリーンショットを撮り
フォトショップにてjpeg形式で別名保存する。

まず色数の多めな画像を500KBに収めてみる。
Macのスクリーンセーバ「iTunes Artwork」をキャプチャ。

QuickTime PlayerScreenSnapz010

さすがに12段階の7(中)まで圧縮しないと収まらない。
最高品質の12だと1.6MBくらいになる。

やはり文字周りなどにjpeg特有の劣化が見られる。

なら色数が少ない画像では綺麗なままか。
デスクトップをキャプチャしてjpeg化してみる。

FinderScreenSnapz001.jpg

同じRGBでもここまで地味な画像だと
12段階の11(高)で保存できる。

モノクロに近い画像でなくても、
色調の幅が狭ければ低圧縮で保存できる。

WS000001_20090119082627.jpg

12段階の9(高)で500KB以下に収まった。
ほぼ劣化も気にならない。

結果的には、色数が多い、または彩度が高い画像の場合は
1280×800くらいに解像度を落とした方が
かえって綺麗な画像をアップできそう。

高い解像度をそれなりの質でアップする場合は
1920×1200がリミットのように感じた。


【追記】
関連項目はこちら


[ 2009/01/19 10:03 ] PC全般 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

zsf

Author:zsf
果たして生き残れるのか

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
Books
amazonキーワード検索
google ad
無印良品ネットストア


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。