--/--  スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

01/06  2012 


Twitter年賀2012



新年明けましておめでとうございます。

だいぶ間を空けてしまったけれども久々の更新。

ここも開設して早3年が経ってしまった。

知らぬ間にカウンター設置後12万アクセスを迎えようとしている。

最近はTwitterへ傾倒してしまって、ブログはもういいかなと思ったけど折角ここまで来たんだ、もう少し続けてみよう。



さて2012年幕開け、人類滅亡だ隕石衝突だといろいろ言われとりますが、今年はどんな年になるんでしょう。

2011年は世の中的にも激動の年だった。

個人的にも目まぐるしく過ぎ去った2011。

2012は望みを託すべく、今年の初詣、明治神宮と神田明神をはしご、お守り・おみくじゲットという気合の入れよう。

ま、そうは言うものの個人的には地固めの年かな。

現状を受け入れ黙々と前進するのみ。

去年はこれまでの状況が一変した波乱の年と言っても過言ではないけれど、振り返ってみると人間力という点ではあまり成長がない。

やはり環境の変化も己の負のオーラには勝てずか…心に立ち込める濃霧は数年前から何も変わらずちょっとやそっとでは晴れそうにない。

今年はこの霧が少しでも薄くなることを祈ろう。

ダイソン掃除機のような強力な何かが吸いとってくれるのかそれとも天が陽射しを差し向けて晴らしてくれるのか、はたまた方向感覚を失った鯨の如く深みへ足を踏み入れていくのか…今置かれている現状では判断はつかないが。



去年暮、花園神社の酉の市へ出向き待望の見世物小屋をたっぷり堪能して楽しんだが、同時にほろ苦い思いもした。

ひとりじゃない見世物小屋は楽しすぎたが、後になってやってくる切なさは振り子の原理で楽しさ以上にほろ苦かった。

そして決めた…現実に向きあってベクトルを新たな方向へ向けようと。

でもワクワクをくれてありがとうと言いたい。



辛気くさい思い出話はこれくらいにして今年は昇龍の如く天にも昇る勢いで飛躍したいものですな!

昇龍拳!

本年も宜しくお願いいたします。


スポンサーサイト
[ 2012/01/06 01:53 ] 徒然 | TB(0) | CM(0)

04/10  花見2011 

本日は友人と花見へ出かけてきた。

去年と同じ、石神井公園。

土曜の天候がかんばしくないものだったのでその分、本日は花見客の数がとても多い。

ボート池にはスワンボートやら手漕ぎボートやらがところ狭しと浮かんでいた。

今日は雨こそ降らなかったものの薄曇りのはっきりしない天気で、もう少し日差しが欲しかった…日が暮れはじめると風が吹いてきたせいもあってかなり冷え込んだ。

しかし桜は満の開。

どこもかしこも見事に咲き乱れていた。

今日行っといてよかったーっ!

去年同様ベンチに腰掛けつまみとアルコールを摂取しながら友人ととりとめのない話。

久々に他愛も無い取るに足らない話をたくさんした。

楽しかった。

浅い浅い知識で政治や世相を切ってみたり、鼻持ちならない事柄に苦言を呈してみたり…

毒にも薬にも何の身にもならない話。

こんな話がいっぱいできる、考えを共感できる友人を持ってるってのはそれだけで幸せだ。

正直今自分は一心不乱に全力で生きようという気にはなれていない。

だからこそ視界の曇りを拭い去ってくれるこんな友人とのひと時が必要だ。

いつまでもこんなくだらない時間を過ごしていたい…いつまでも…



石神井公園は多くの桜が植わっているので買ったばかりのデジカメに収めてきた。


20110410-01.jpg

20110410-02.jpg

20110410-03.jpg

20110410-04.jpg

20110410-05.jpg

20110410-06.jpg

20110410-07.jpg

20110410-08.jpg

20110410-09.jpg

20110410-10.jpg

20110410-11.jpg

20110410-12.jpg

20110410-13.jpg

20110410-14.jpg


締めは石神井公園ボート池近くの蕎麦屋「なかやしき」(中屋敷改めなかやしき)で夕食。


20110410-15.jpg


いつまでもこんな日が続いて欲しい。


[ 2011/04/10 23:26 ] 徒然 | TB(0) | CM(0)

02/21  食材の再利用 

結局食べないで捨てるハメになる…こんなことってないですか?

まぁはじめから計画的にお買い物してればこんなことにはならないわけなんだけど、ついつい調子にのって多めに買ってしまう…あるよねー。

で、捨てる前に今一度思いとどまって考えなおしてみよう…と。

ミロの粉→舐める、とかいうのは無しで、なんとか別の一品へ変えられないかと考えてみる。



まず「ミートソース」。

レトルトの使いきりサイズならまず残らないけれども、自分で作ったりすると結構な量になって、何週間ももつものでもないのでなにげに消費がキツい。

で考えたのが「ピザトースト」。

余ったミートソースをピザソース替わりにパンに塗ってとろけるチーズを乗せて焼くだけ。

これはお手軽でかなり美味いですよ。

ミートソースを作りすぎて連日のパスタに飽きたら是非おすすめ。



食材の再利用で重要なのは「消費期限」が過ぎてるであろうものをどう活かすか。

手っ取り早いのが「火を通す」ことですね。

そこで便利なのは「ホットケーキミックス」。

牛乳なんかも、コップ一杯分位残ってるけど消費期限過ぎたしそのまま飲む気にはなれない…って時にホットケーキミックスへ混ぜて焼いてしまえば全然気にならない。

卵も然り。

そんな便利なホットケーキミックス、ココアの粉やらジャムやらも活用できるけれど、ここでおすすめしたいのが「湿気たクッキー・ビスケット」。

あんなに美味しかったクッキーが今やフニャフニャでとてもじゃないけど食ってられない…って捨てようとするなら、ちょっと待った!

この湿気たクッキーを少量の牛乳に浸して、卵・ホットケーキミックスと混ぜて焼いてみて欲しい。

なんと普通に焼いたホットケーキより美味しゅうございます!

おそらくクッキーに含まれている香料などがホットケーキに上手く作用してるのでしょう。

いやほんとクッキーの種類によってはマドレーヌみたいな味になります。



とまぁほかにも再利用できる食材は山とあるでしょう。

なるべく食べ物を捨てるというようなことがないよう、彼らに新たな道を見出してあげることも大事。

あ、でも美味しくが大前提ですよ!


[ 2011/02/21 02:16 ] 徒然 | TB(0) | CM(0)

01/02  あけおめ!ことよろ!2011! 

新年、あけましておめでとうございます。

明けてしまいました、2011年到来!

今年も宜しくお願いいたします。



去年は振り返ってみるとなんだかんだ、バタバタ、ごたごた、二転三転、浮き沈み、紆余曲折、山あり谷あり、七転八倒、七転び八起き、四苦八苦、悪戦苦闘、五里霧中、暗中模索の、波乱含みな一年。

しかし蓋を開けてみると、最後の最後、ゲームセットのホイッスル直前でゴールが決まったような、結果的には問題を持ち越すこと無くホッと胸を撫で下ろし除夜の鐘を聞く…そんな慌ただしい年の暮れであった。

人間万事塞翁が馬…目まぐるしい波を経て今の状態に辿りつくまで随分と回り道をしたように思うが、しかし果たしてあそこで妥協してあの道を選んでいたらこの状態を手に入れられただろうか…あのまま出口のない地下道を進み続ける日々が続いたのではないだろうかと思うと、自分が生きている「今」がありがたい。

なんにせよ、いっときぬか喜びしたわけだし、浮かれるのはまだ早い。



何が起こるかわからないのが人生。

人生ってなんだよ、わけわかんないよ。

とりあえず眼前の山を乗り越えていくだけだ。

今年も生きていくだけだ。

やってやろうじゃねぇか!2011よ!



果たして生き残れるのか?


HappyNewYear2011zsf.jpg



[ 2011/01/02 02:03 ] 徒然 | TB(0) | CM(2)

11/02  もう年賀状の季節…はやい、はやすぎる 

早いなぁ、もうおおまかに言えば年末。

年賀状が既に11月1日に発売されてるんですってよっ。

また家族用の年賀状を印刷するという毎年恒例行事がやって来る。

なんだかはやすぎるんですけど。

もう社会人になると季節感が薄れてくるわけで。

子供の頃のように、子供の日だ、七夕だ、夏休みだ、運動会だ、っていう折り目になる行事をさほど気に掛けなくなるわけで…



日々が否応無しにのんべんだらりと漫然と過ぎ去っていく。



子供と大人の時間経過の感じ方の差。

それは例えば、季節の節目の行事やら吸収することの多さやらいろんなものへの好奇心やらキラキラした目やら…

それが年を重ねるごとにことごとく削られていく。




ふと、昔観光地で体験した流しそうめんを思い出す。


子供の頃親戚と観光地にて流しそうめんの幟を発見、喜び勇んで注文してみると樹脂製の流れるプールの小さい版が出てきて、その中をそうめんが漂い続ける。



永遠とそうめんがぐるぐるぐるぐるぐるぐるぐるぐる



子供の目から見ても、味気ない、やるせない、切ない光景。



なんとなく今の自分はあのそうめんなんじゃないかなと感じることがある。

同じ場所をぐるぐるぐるぐる…

どうあがいても自分から竹の樋へ抜け出すことはできない。


ぐるぐるぐるぐる


そのうちふやけて外から力を加えることなく細切れに崩れていく。

誰も食べてくれることなく。



まだ真実を知ることなく幟を目にして胸踊っていた頃にもどりたいな。

どんなのがでてくるんだろう、どうなるんだろう、どんな未来が待っているんだろうっていうあの頃。








まぁどうあれ戻りたくても戻れるものでもないし、欝に浸っていても何の進展もないので、諦めと妥協の上に成り立っている自分を真っ正直から受け止めて見つめ直すしかないってことか。

なんかいいことあんのかな、この先の人生。






最後に気持ちを切り替えて超くだらないことをひとつ。

Google日本語入力の変換候補がたまにありえない候補を勧めてくる件。

「沈下する」と入力しようとしたら、途中経過での変換候補がひどい!

チ◯◯ス王子ってなんだよ!



下世話な記事、失礼いたしましたぁー(-_-;)


[ 2010/11/02 17:43 ] 徒然 | TB(0) | CM(0)

08/29  8月最後の週 今年の夏も終りへ近づく 

今年の夏もいよいよ終盤。

あ、残暑お見舞い申し上げます。

今年の夏は自分にとって激動の夏だった。

激動の夏、日本の夏。

だいたい年を重ねるにつれ、毎年似た様な一年を過ごしていくようになると「この年齢の時はこういうことがあった」とかいうことが記憶に残らなくなっていく。

子供の頃はめくるめく時の流れの中でいつまでも忘れられないような、いろんな景色がキラキラ輝いて飛び込んできたのにねぇ、嫌ですねぇ大人って。

でも今年はいつまでも忘れられない夏になったかな。

まぁまだ何も始まっちゃいないけど。

これからだよこれから。



そういえばこの夏にiPhone4へ乗り換えようとしたけど断念したんだった。

意を決してiPhone4をネット予約したら何日経とうがうんともすんとも言わないので、焦り焦りしていると、噂で来年早々にiPhone5が前倒しで発表されるとの情報が。

「今何ヶ月も待ってiPhone4を手に入れても数カ月後にiPhone5が?……」

ってことでなんかバカバカしくなってきたので注文をキャンセル。

家電やPCなどは新機種登場がめまぐるしいので、思い立った時が買い時なのだが、こればっかりはあまりにもなので…。

iPod touchが3g対応するとかいう噂もあるけれど、iPhoneとの棲み分けはどうなるんだろうか…なんかラインナップがごちゃついてきたな。

ま、しかしあいぽにすとを辞めるつもりはありませぬが。



とりあえずは来年安心してiPhone5を手に入れる状況でいられることが目標だ。



夏は終わるけど、猛暑の続いた夏、これから過ごしやすい気候になるでしょ。

うん、秋もいいもんだよ。



ツクツクホーーーーシ

カナカナカナカナカナ



[ 2010/08/29 21:04 ] 徒然 | TB(0) | CM(0)

08/22  真の第2ステージへ ~転職という名の出発~ 

この夏、社会人生活において真の第2ステージが始まった。

去年、ブログで新たなスタートを書き留めたが、紆余曲折あり、この夏本当の意味での再スタートが切られたことになる。

転職。

このご時世容易ではない選択。

しかし避けられない選択でもあった。

あのまま続けていても自分の中に何も育たぬまま時ばかりが過ぎていただろう。

そう、逃げではなく攻め。

継続・忍耐・辛抱の美学もある、がしかし、八方塞がりを脱却する「逃げ」は攻めだ。

ぬるま湯につかっていても湯は冷めていくだけ。

湯から出て沸かしに行くなり、源泉を掘り当てに行くなりしなければ、水風呂だと気付かずつかり続けて風邪をひくのは自分だ。

ひょっとすると来年の今頃は全く逆のことを書き留めているかもしれない…けれど今確かに言えることは「動いてよかった」ということ。

なぜ「真の第2ステージ」か。

前職、前々職の環境を振り返ると、今回の転職先がほぼ理想に近い待遇だということ。

最新機器を導入している設備、新しいことを吸収しようとする会社方針、オペレーターが集中できるよう配慮された作業環境、十分な年間休日数、短い通勤時間、明るく清潔な社屋など。





短期で働いたり、面接で訪問したり、求人情報で調べたりと、いろいろな会社を見ていると、どうも社員を「作業するもの」としてしか見なしていない会社を多く見受ける。

いやそんな会社が半数以上ではないだろうか。

このご時世だから雇っただけありがたいと思いなさい、贅沢言うなと言わんばかりに、過酷な待遇を目にすることが多い…「年間休日数73日」「月平均残業時間50~60時間」「月収13万円~」「賞与昇給実績なし」……

面接へ行った先でも、電気の節約なのか薄暗いなかで作業している会社だとか、社長が「今仕事が無い」「印刷は廃れてる」「細々と」とマイナス思考の話題しかないとか、とてもこれから頑張るぞという気になれないという所もいくつかあった。

最悪だったのは、短期間派遣で働いた会社。

求人情報では従業員数9人(女性1人)とあったが、入社してみると代表と社員1名、計2人しかいなかったのだ。

しかも職種も「DTPオペレーター兼デザイナー」と記載しておきながら実際には「出力」の仕事で、勤務時間が朝9時~夕方6時が表向きで通常朝9時~夜9時が普段の勤務時間というひどい所だった。

残業云々より嘘の情報で求人していたという点が許せなかった。

あそこで日々与えられた「作業」をこなして自宅と会社を行き来するだけの生活をしていたら、間違いなく今の会社に巡りあえてはいなかった。





配偶者がいないという身軽さも手伝ったかもしれない。

フットワークの軽さが功を奏した。





もしこの記事を読み、現在置かれている環境に不満を抱いたまま働き続け、一歩を踏み出せないまま躊躇している、そして少しの自信を持ち続けて可能性を試したいと思っている方へ言わせてもらいたい…「踏み出してみて!」





転職で得た新たな環境を手放しで喜んでいるわけにもいかない。

それだけに見合う貢献を会社側にしなくてはならない。

これは絶対だし、むしろそれだけの活躍をすること、成長することが「攻め」だ。

この業界の転換期で会社としても自分としても新たなジャンルを開拓していかねばならない時期だし、しなければただ衰弱を待つばかりだ。

重圧がないと言ったら嘘になる。

でも正直今、プレッシャーよりは貢献できうる環境が与えられているということ自体に感じる充実度のほうが大きい。

この気持ちはどのくらいぶりだろうか。

いやもしかするとはじめてかもしれない。

程良いプレッシャーをいつまでも心に持っていたい。

慢心は身を滅ぼす…あっという間にね。

気を引き締めて、気合を入れていこう。







生き残る!生き残ってみせる!




[ 2010/08/22 15:51 ] 徒然 | TB(0) | CM(2)

08/12  本日はお誕生日 

また今年もひとつ年をとります。

今日は誕生日。

◯◯歳の誕生日。

しし座だから夏が好きなのかね。

好きな夏だけど今年の夏はちと違う。

いろいろな意味で今が正念場だ。

この年になってこういう結構な追い込まれ方をするとは計算外だった。

とはいえ手応えはある、勝算はある。

妥協ではなく未来が拓けた充足感のある道を選択できる確信にも似た自信がある。

その道はベストな選択だからといって決して楽な道ではないけれど、やり甲斐ある刺激的な道であることには間違いない。

時の流れの中に生まれてゆく可能性達に喰らいつくのは至難の業だが、可能性はいくつも無限に生まれ続ける。

それを掴みにいくか掴みにいかないか。

掴みにいくよ。

明るい未来。

あかるいみらい。

そっとチャンスを伺いながら。


[ 2010/08/12 10:52 ] 徒然 | TB(0) | CM(0)

07/29  いつまで続くかわからないけれど 

ブログを始めて1年と9ヶ月余り。

おかげさまでカウンタ設置後4万ヒットを迎える。

なんとなく当時ブログ隆盛だったことと備忘録的目的で始めてみようと思った当ブログ。

ブログを始めたころから人生は上向きになっているとは言い難いけれども、このブログは出来る限り続けていきたい。

たとえ生活用品がMacだけになろうとも。

継続は力なりという言葉はあまり好きではないけれど、続けていけば続けないよりかは何かを得ているだろうし、何かを与えることが出来ているだろう。

そう信じたい。

果たして生き残れるのか?


[ 2010/07/29 04:20 ] 徒然 | TB(0) | CM(0)

07/04  はやいもので。もう7月。 

七夕。

風鈴。

団扇。

浴衣。

そして蚊取り線香。

夏は大好きな季節。

東京の夏は蒸し暑い。

蒸し暑かろうがなんだろうが好きなものは好き。

はやいものでもう7月。

ゴールデンウイークが終わったと思ったらもう7月。

時間ばかりが過ぎていく。

自分の中での進展もないのにね。

でも夏くらいは前を向いて過ごそう。

せっかくの夏なんだからね。

木々の葉がキラキラ光を投げ返してくる夏。

潮風にあたりたくなる夏。

熱く、眩く、高揚する夏。

何かを期待させる夏。

全身に夏を浴びたい。

今度の夏はどんな夏になるかな。

記憶に残る夏にしよう。




[ 2010/07/04 12:28 ] 徒然 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

zsf

Author:zsf
果たして生き残れるのか

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Books
amazonキーワード検索
google ad
無印良品ネットストア


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。