--/--  スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

07/14  なんか変だぞCooliris ~突如として検索不可能に~ 

FireFoxを3.5にアップデートしてからCoolirisが表示できなくなった。

表示できなくなったというより検索できなくなったといったほうが正しいか。

説明が難しいが、Coolirisの画面中にある「Channels」や「Shopping」などの項目からは表示が可能で、Cooliris内からのサーチも英語入力なら検索できる。

しかし、肝心の、画像リンクへマウスオーバーした際に現れるアイコンからCoolirisへジャンプしても、真っ黒のCooliris画面が顔を出すだけで、うんともすんともいわない。

サイトを開いた状態でメニューバーのCoolirisアイコンをクリックすると、本来そのサイトに関連した画像が自動的に選ばれて閲覧できるが、それもうんともすんともいわない。

Cooliris画面内からのサーチも日本語で入力すると入力欄が文字化けして、希望通りの検索結果が得られない。希望の日本語キーワードを他からコピペでもってくると普通に検索できるようだが…。



ただ、「命令」は正常に出されているようなのだ。


FirefoxScreenSnapz002_20090714193004.jpg


アイコンをクリックしてCooliris画面へジャンプした際にアドレスバーを見ると、確かに画像を検索しているようなURLになっている。

GoogleからならGoogleの文字がちゃんとURL内に入っているし、キーワードからなら、そのキーワードもURLに見ることができる。

しかし、そのURLが無効なんだか届いていないんだか、さっぱり閲覧をさせてもらえない。画面は真っ暗なまま。

困るなぁ、困るよこういうことは……とかいってうちだけの現象だったりして。

なにはともあれ、早めにFirefoxもCoolirisもどっちもアップデートして欲しい。そうすれば直るような気がしないでもないから。


【追記】
07/18 直ったー、Coolirisの不具合解決!


スポンサーサイト
[ 2009/07/14 19:42 ] ネット | TB(0) | CM(0)

03/10  久々にAir Mouseを使ってみたら…進化してる! 

Air Mouseはワイヤレスのタッチパッド、リモコン、ポインタなどの機能を
iPhoneで実現することのできる優れたアプリである。

Air Mouseは出たばかりの頃にリモコン代わりに導入して以来、
ここのところあまり利用していなかった。

ちょっと久しぶりに使ってみようと思い、Air Mouseを起動する。

が、なぜかMacと繋がらない。

原因が解らなかったので双方を最新バージョンへ更新。

すると難なく繋がった。
Connectedの文字が一瞬現れ、左上のアイコンが赤から緑へ。
サーバ側とiPhone側どっちも最新にしておかなければならないようだ。


IMG_0011.jpg


で、久々にいじってみると…す、すごい進化してる!

Air Mouseサイトにあるチュートリアル動画を見ると
すごさがよく分かる。英語だけど。

まず導入当初一番改善を願っていた
「スリープを無効にする」という点が改善されている。
これは何バージョンか前でクリアしていたようだ。


IMG_0010.jpg


「Sleep」をOFFにすると、スリープが無効になり、
いちいちタップし直してロック解除するようなことが無くなった。

そして文字パレットが表示されている時に一振り(結構強めに)すると
シュッという音と共に下方へ消えて、全面がタッチパッドになる。


IMG_0014.jpg


ポインタのようなAccelerometerというモードも健在。
細長く縦に光っている部分に触れながらiPhoneを傾けると
傾きを感知してカーソルが動く。このアプリの真骨頂。

iPhone本体を横に倒せば横向き用インターフェイスへ切り替わる。
ただ、Accelerometerモードは縦専用。

一番驚いたのが「Function Keys」「Media Keys」「Web Keys」
という新モード。


IMG_0012.jpg


インターフェイスもちょっとカッコイイ。

音符マークをタップするとMedia Keysモードへ切り替わり、
なんとマック側もiTunesへ切り替わる。

逆にマック側でFirefoxを選択すれば
Air MouseはWeb Keysモードへと切り替わる。

Web Keysモードへは地球マークをタップ。
Function KeysモードへはFマークをタップ。

サーバアプリでキーを設定し直すことも可能。


Air Mouse ServerScreenSnapz001


しかし当方環境ではページを「戻る」は正常動作するが
「進む」が受け付けてくれなかった。原因不明。
サーバアプリでキーを登録し直しても同じ。少々残念。

Function Keysモードでは上部の1~4のホットキーに
オリジナルのショートカットやアプリを登録することができる。


Air Mouse ServerScreenSnapz002


これで完全にApple Remoteの代用が可能となったわけだ。
Front RowやVLCを起動から操作することができる。

ただ、試しにFront Rowを操作した際、
アプリを割り当てただけでは正常動作しなかった。
キー登録でFront Rowの起動・終了ショートカット
「command+esc」を割り当てたら問題なく動作した。
また、サーチの「キー長押し」には対応していないので
ここは改善願いたいところ。

しかしちょっと使ってない間にだいぶ進化したなぁ。

なんかもう、○万円する周辺機器の機能を
数百円で得られるというのが信じられない。

ここらへんが無限の可能性を感じるiPhoneマジックだね。


[ 2009/03/10 04:57 ] iPhone | TB(0) | CM(0)

12/17  ネット的音楽ライフ~その1~ 

日頃、音楽ライフに関してはLast.fmFirefoxアドオン
Fire.fm」に結構お世話になっているが、
好みの曲が流れてきて「この曲は要保存だ」と思っても
保存のチャンスを逃してしまうことがたまにある。

どうもFirefoxのアドオンである「Downloadhelper」の
音楽ファイルへの追尾が一定時間経過で無効になるようだ。

Last.fmの場合、同じ曲が再び再生される確率はとんでもなく低い。

ああ曲名が表示されているのに指をくわえて見ているだけか…

そんな状況を打破するために活用しているのがseeqpodだ。

FirefoxScreenSnapz004.jpg

seeqpod、なんて読むのかな、シークポッドかな。

このseeqpod、結論から言うと音楽ファイルを保存し放題のサイトだ。
合法と違法のすれすれのサイトだと思う。
理屈としては、リンクの提供のみでファイルを
直接配布している訳ではないということらしいが
まあ結果的にファイル取り放題だから……。

iPhoneからもdTunesというアプリを介して検索・保存が可能。

まず、検索ボックスに探したい曲名を入力して検索。

すると、ずらっとネット上のmp3ファイルへのリンクが表示される。
聴きたい曲をクリックすると右側のプレイリストへ追加されていく。
このサイト埋め込みのプレーヤーでは
曲の入れ替えから、リピート、シャッフルまで可能だ。

自分のサイトにプレイリストとプレーヤーを埋め込めちゃったりもする。
で、埋め込んでみちゃったりする。

サイト上での保存方法はおそらく「Save」をクリックすると
保存できるのだろうが、登録していないとIDを訊かれる。
しかしDownloadhelperを使っている限り、
音楽自体を再生できてしまえば全て事足りてしまうので
登録せずともなんの問題もない。

かなり使えるサイトであることは確かであるが
著作権問題などを考えるといつまで続くか怪しい感じはする。
Cow&Scorpionの二の舞にならなければいいが…


【追記】
seeqpodは音楽業界からの訴えにより2009年春にサービスを完全停止。


[ 2008/12/17 14:49 ] 音楽 | TB(0) | CM(0)

12/14  Cow&Scorpion事実上の閉鎖? 

Cow&Scorpionは世界のフリー&シェアウェアを紹介し
ダウンロードできる、とても使えるサイトである。

便利なフリーウェアを膨大な数から検索でき
各ソフトのアップデートも高い頻度で更新しているので
かなり使える、私自身大変お世話になったサイトであった。

Vectorより使えると、こちらのほうが人気もあった。

が、12月のはじめ辺りからサイトに突然繋がらなくなる。

FirefoxScreenSnapz001_20081214150857.jpg

最初Firefoxのせいかと思い、Safariで開いてみたがやはりだめ、
Winで開いても再起動をかけても同じ状態だった。

ではサーバメンテナンスなのかと2、3日後接続を試みるも
結局「サーバが見つかりませんでした」の表示しか見ることができなかった。

地味にショックがでかい。

やはり一部で報告されていた、ウィルスを含んだソフトのリンクや
無断転載などが、通報→処分という結果を生んでしまったのかもしれない。

仕方ないのかもしれない。
何らかの違法性を含んでいるのであれば
アクセス数が上がるのは致命傷だ。

Cow&Scorpionも人気サイトなりの
自覚を持った運営をしていればよかったのだが。
もう少し的を絞った紹介の仕方でもよかったのかもしれない。

まあとにかく残念である。

クリーンなネットの世界を築こうとすると
反面つまらなくなる、という鬩ぎ合いになってくるんだよね。


[ 2008/12/14 16:04 ] ネット | TB(0) | CM(0)

12/05  Mac環境下でのニコ動保存 

ニコニコ動画はあまり深くは利用していない。

でもたまに保存しておきたい動画もある。

Win環境の方が動画保存の選択肢も広いが、
常にFusionを起ち上げているわけではなく
やはりメインブラウザのFirefoxで事足りるなら
それに越したことはない。

とりあえずFirefoxにはアドオンというものがあるので
「Downloadhelper」というアドオンを使うことによって
配信されるほとんどの媒体は保存可能だ。

しかし、なんかここんとこ保存されたりされなかったりの状態。

ニコニコ動画も頻繁にシステムを更新しており
そもそもFirefox、ましてやMacへの正式対応などこの先もゼロに等しい。

どうすれば…キャプチャソフトで保存するしかないか
などと思案していたが、よく考えたら基本的なことを忘れていた。

MacにはSafariの「構成ファイル一覧」という必殺技があるではないか。

構成ファイル一覧からダウンロードしたいファイルを探してダブルクリック。
ファイル名で探しても分かりづらいので一際容量の大きいファイルを選ぶ。

SafariScreenSnapz001.jpg

これで無事保存することができた。
めでたしめでたし。


[ 2008/12/05 23:47 ] ネット | TB(0) | CM(0)

12/03  Last.fmのFire.fmで音楽ライフ 

最近はずっとブラウザをFirefoxにしている。
カスタマイズの幅が広いという理由からだが、
カスタマイズに関しては、Firefoxはアドオンというものがある。

私はその昔、フジテレビ深夜枠のBEAT UKという番組を
ほぼ毎週欠かさず録画していた。
洋楽情報はこの番組のみで得ていたわけで
(おのずとUK中心になりますが)
番組が終了したときは、それはもう途方に暮れたものである。

ここ数年は新しい洋楽を収集するまともな環境がなかったが、
最近ではFirefoxアドオンの「Fire.fm」が威力を発揮している。

Last.fmという音楽情報共有サイト、
ソーシャル・ミュージック・プラットフォームつうらしいが、
ここのFirefox用のプラグインがFire.fmである。

このアドオンをインストールするとFire.fmツールバーが現れる。

FirefoxScreenSnapz001.jpg


要はFMラジオなわけで、アーティスト名を入力して起動すると
そのアーティストに似たジャンルの曲を
エンドレスで再生してくれるというもの。
あくまでも似たアーティスト。
そのアーティストがそのまま再生される訳ではない。

FirefoxScreenSnapz002.jpg


この「似たアーティスト」ってとこがポイント。
これがかえっていい。
ああこのアーティスト知らないけどいいなぁ、とか。
BGMとして流しておくのがこの上なく気持ちいい。

しかも流している途中に「お、いい曲だ」と思ったら
これまたアドオンのDownloadHelperを使えば
保存もできちゃう優れもの。

FirefoxScreenSnapz003.jpg


初めうんともすんともいわないので保存できないのかと思ったら、
曲が終わった時点でダウンロード開始みたい。
さすがに名前まで付けてくれるほど親切ではなく
曲名は「0」になってしまうが、まぁそこはご愛嬌。

音質も今のところ保存ファイルは全てMP3の128kbpsだったので
クオリティ的にもFM音質以上ということで申し分ない。

便利な世の中になったものだ。


[ 2008/12/03 11:41 ] 音楽 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

zsf

Author:zsf
果たして生き残れるのか

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Books
amazonキーワード検索
google ad
無印良品ネットストア


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。