--/--  スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

12/25  ごきげんななめ~愛車プジョー306~ 

愛車、オンボロプジョーの調子がここのところ悪い。

SN250046.jpg

アイドリングが不安定ですぐにエンストするようになってしまった。

頼むよプジョー君、とがっくりするも
翌日には元に戻っていた。なんだったんだ。

しかし、数日経過してまた走行後アクセルを放すと
エンジン回転数が下がり、エンストしてしまうという状態になった。

ああ、なんだってこんな時に…

どうも混合気濃度を調整するセンサーの不具合っぽい。

でも乗れないことはないので日本の景気が良くなるまで保留。

ピニンファリーナデザインに惚れて乗り始めたが
もうそろそろ買い換えろってことかな…。

買い換えるとなるとそれ相応の覚悟がいるが、
最近気になっている車種がいくつかある。買える買えないは別にして。

ひとめぼれ外国車ベスト3。

まず第3位、「audi A5」。

audi_a5.jpg

いやぁかっこいいね。流れるようなフォルム。
アウディはセダンとかワゴンのイメージが強かったが、
このA5はそんな自分の固定観念を払拭してしまった。
かっこいいのはいいんだけど、ネックはやはり価格か。
700万だもんなぁ。一生乗れないっぽい。

そして僅差の第2位、「Chevrolet Camaro 2010」。

camaro2009.jpg

うはぁ~これもかっちょいい。惚れ惚れしますな。
現代的な洗練されたクールさと、
スパルタンな部分を併せ持った2010年モデル。
カマロはこのモデルで急にかっこよくなったな。いきなりツボ。
いいな、一度乗ってみたいな。
3万ドル前後っていうから夢じゃないぞ。

がしかし、やはりアメ車、6リッターってのがどうも…
維持費がとんでもないことになりそうだ。

さていよいよ栄えある第1位は…
「Dodge Challenger 2008」。

challenger.jpg

はぁ、…完璧だ…自分の思い描く走りの理想像だ。
どうですこの静かなる野獣といった感じの精悍なフォルム。
シンプルでありながら強く訴えかけるこのデザイン。隙がないよ。

ああほすぃ。ガソリン食ってもいいから欲しい。
車庫に入れづらくてもいいから欲しい。
エンジン音をご近所に気ぃ使いながらでもいいから欲しい。

最上位モデルは4万ドル以上するけど
エントリーモデルは2万ドル辺りからあるらしい…ということは
日本で売り出したら200万ちょいで買えてしまうのか?

そもそもアメ車は昔から憧れていたからなぁ。
カマロ、コルベット、マスタングは昔から好きだった。

コルベットは80年代初めまでの流線型ボディーを持つモデルが最高。
近年のコルベットは成金好みのスーパーカーって感じがする。

マスタングもモデルチェンジしたが…

2009 Ford Mustang

んー、…なんだろなぁこのモッチャリした感じは。
分厚いんだよなんか。重たそう。
前のモデルとあんま変わってるように見えないし。

リアビューが小さい頃乗ってた5段変速チャリのテールランプみたいで
どうも好きになれない。

マスタングは60年代のモデルが格好良すぎたから…。

ああしかし生きてる内に新車乗れるんだろうか。


【追記】
どうもダッジ・チャレンジャー2008モデルは2008年12月現在で、
3.6Lモデルでも約400万、SRT8に至っては700万前後する。
まあ間に輸入業者が入ってるからしょうがないか。


スポンサーサイト
[ 2008/12/25 16:40 ] | TB(0) | CM(0)
プロフィール

zsf

Author:zsf
果たして生き残れるのか

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
Books
amazonキーワード検索
google ad
無印良品ネットストア


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。