--/--  スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

07/29  LionとMissionControlとLaunchpadと私 

先進的OSと話題のOSX Lionを我が家も導入してみましたよ。



マイファイルやらAirDropやら新機能がもりだくさん…と思いきやAirDropは我が家のiMacには未対応…そうですか。



気を取り直して、やはりLionでひときわ目をひくのはMissionControl


20110728-1.jpg


巷ですごいすごいと沸き立っているMissionControlでのスワイプによるデスクトップ間移動。

…これって…あのー、MagicMouse+BTTSpacesを日頃から利用していたMacユーザーは新鮮味に欠けるわけでして…

もうMagicMouse+BetterTouchTool(以下BTT)の時点でかなり先行ってる感があったもので…スワイプでデスクトップ間移動はもちろんのこと、ブラウザのページ 進む・戻る やExposéなんかもスワイプ、タップに割り当てていたため、MissionControlに触れた時、哀しいかな「衝撃」というほどのものではなかった。

言ってしまえば、今まで使ってたSpacesが横一列のレイアウトしか組めなくなったバージョンみたいな。

なのでSpaces9画面をMagicMouseで縦横無尽に操る快感は失われてしまった…デスクトップ5を中心に2本指スワイプで上下左右のデスクトップを行ったり来たり、四角のデスクトップへはスワイプを2アクション、もしくはControl+数字でジャンプ…そんな未来派野郎御用達のクール機能は鳴りを潜めてしまった。

ま、とりあえずControl+数字キーなどの基本仕様はSpacesを継承しているわけで、先進的に進化したと思うことにしましょう。

Spacesを9画面で使っていたのでLionを入れたらMissionControlも9画面で引き継がれていた。

ちなみにBTTと併用していると左右の2本指スワイプがかち合って変な挙動をするので、BTT側の設定を削除、しかし2本指スワイプのupとdownが遊んでしまったので、差し当たってファインダーオープンに割り当て。

2本指ダブルタップでMissionControl起動というのはいい感じ。

BTTにはダブルタップというジェスチャーがないのでこれは便利でありがたい。

今までタップミドル(中央部タップ)でExposé起動にしていたため、自動的にタップミドルでもMissionControlを起動できるようになっていた。

ただ、MissionControlになってからウインドウが重なったまま縮小するので、背後のウインドウが選びづらいという欠点がある…これは改良の余地有り。



OSX Lionはスクロール方向がデフォルトで「ナチュラル(コンテンツ側を移動)」という従来と逆の動きで、ひょっとしたらこの動きが未来標準となるのかもしれないから今から慣れておくのも悪くはないなと思いつつも、OSをアップデートできない仕事の作業環境と挙動が真逆となると少々難儀な話で、ここは涙を飲んでマウス環境設定のスクロール方向を従来方向に戻すことにした。



Launchpadは大いに歓迎。


20110728-2.jpg


Dockからアプリケーションへアクセスする、Dock→アプリケーションフォルダ→スクロールという流れは、まぁこれはこれで便利だったけれども、もう少しスマートにならんかなぁと思っていたところにLaunchpad参上、いいじゃないの。

アプリケーションが多いと何ページもスワイプせねばならないが、でもこのスワイプで移動ってのがiPad的一歩先行く感が漂っててええじゃないですか。

ただデフォルトではなんのショートカットもマウスジェスチャーも割り当てられてない。

で、しょうがないから「ホットコーナー」へ割り当てようかと思うも、よく考えたらシステム環境設定の「キーボード」でショートカットを割り当てられるじゃないか。

なのでLaunchpadのキーボードショートカットを「⌘+Option+Shift+L」に…えっ?押すの面倒だって?いいんです!このショートカットをBTTの「3本指タップ」へ割り当て!

どうですか、もうこれでマウス上に3本の指をスッと添えるだけでLaunchpad起動!そして感動!

別に3本指スワイプupでもなんでもいいんですよ、使いやすいジェスチャーへ割り当てれば。

ちょっとの工夫でこの美味さ、こういうちょっとした手間が「先進」を十分に堪能するポイントなのである。



最後にBTTの現時点で登録できるジェスチャー。


20110728-3.jpg


Lionとタッグを組めば無敵だ。


スポンサーサイト
[ 2011/07/29 02:58 ] Mac | TB(0) | CM(0)

05/09  OSXにウインドウスナップ(リサイズ・整列)機能を無料で付加する方法 

まちがってたらごめんなさいよ。

えー先日仕事場でMacを使っている際に、ふと「Finderのウインドウを整列させたいなぁ」と思いまして。

ウインドウ整列機能、まぁ要はウインドウサイズを自動調整して隙間なくぴっちり半分、または四分の一に整えていただける機能でございます。

ちょいと調べてみるとやはりOSX用にその手の機能を付加させるアプリがあるようで。

『Cinch』『Sizeup』『BetterSnapTool』はいずれもそのウインドウスナップを実現してくれるアプリ。

しかしながらこれらはお手頃ながら有料アプリでして…あったらいいな、くらいの気持ちでおったのでこれらは却下することにいたしました。

では自宅のMacはどうしていたのか。

ウインドウスナップ機能を存分に活用しておった次第でございます。

と申しますも、自宅のMacはMagicMouseを導入しておりまして、MagicMouseの機能強化アプリであるBetterTouchTool(以下BTT)の恩恵にあずかっているため、その付加機能としてウインドウスナップが利用できるわけでございます。


110510-1.jpg


会社では普通の有線AppleMouseであったためBTTは導入できないのではないかと二の足を踏んでおりました。



しかしやってみなけりゃわからない。



さぁさぁお立会い。

当たって砕けろ、ダメで元々と無料(寄付ウエア)であるBTTをインストーーーーールっ!




わわゎぁーーぁーーーーーぁーーーーーーーーーーー……




見事、なんの問題もなしにウインドウスナップ機能が動き出しました。


110510-2.jpg


これにて気持よく整頓されたFinder環境を手に入れることができたわけでございます。




常に仕事などで使う環境というものは、わずかな改善でも仕事のはかどり具合が変わってくるものでございます。

興味を持たれた御貴兄、まったくリスクを伴いませんので騙されたと思ってお試しになってみられてはは如何でしょうか。


[ 2011/05/09 16:12 ] Mac | TB(0) | CM(0)

05/08  BTT(BetterTouchTool)の設定が面倒だという御貴兄へ 

BTT(BetterTouchTool)はマジックマウスの潜在能力を引き出す素晴らしいツールではあるが、いかんせん設定が英語&煩雑で少々敷居が高い。

ちょっとゼロから設定するのは面倒だなぁ、と二の足を踏んでいるそんなビギナー諸氏のために、当方が使用しているBTTの設定ファイルをアップしてみた。

こちら↓(右クリックでリンク先を別名保存)
BTTカスタム設定

任意の場所へリンク先を保存するとtxt形式のファイルが保存されると思うので、それをBTTから「Presets」の「Import」で読み込ませるだけで完了。

当方が普段使用している設定なので違和感もあると思うが、あとは自分好みに使いやすいようカスタマイズしていけばOK。

ゼロから設定していくという手間だけでも省けるのではなかろうか。

基本は、
◎ クリック→タップ
◎ ブラウザ、Finderのページの「進む」「戻る」→ティプタップ
◎ 二本指スワイプ→Spaces間移動(注:あらかじめ環境設定で操作スペース間の切り替えを ^ 矢印キーに設定しておく必要あり)
他、詳細は画像参照。


20100508-1.jpg


ちなみにダブルタップ(二回目タップ維持)でドラッグの状態になる。

BTTはWindow Snappingというウィンドウを画面半分または4分の1に自動でフィットさせてくれる機能まで備えている。

この機能をオンにしてウィンドウを画面端またはコーナーへドラッグすると、その場所で適用されるウィンドウサイズ変更後を示す黒枠のシルエットが現れ、そこでドラッグ解除すればピタっと画面半分または4分の1の大きさへリサイズしてくれるわけである。


20100508-2.jpg


BTTはアップデートが頻繁に行われ、日々進化しているので、今後どのような機能が実装されるのかといった楽しみもある。


[ 2010/05/08 22:34 ] Mac | TB(0) | CM(0)

01/31  マウスからクリックが消える日 ~MagicMouseカスタマイズアプリBetterTouchTool~ 

MagicMouseを使い始めて2ヶ月余り、購入当初こそ「ボタンが減って機能が減った」とド素人丸出しの思考回路で不必要な不安を抱いていたものの、減ったどころかとんでもなく増えていることを悟った今では、手放せないと思うほどに快適に使用させてもらっている。

この「快適」の立役者、縁の下の力持ち、これ無しにはMagicMouseがもの珍しさだけの残念マウスと化してしまうなくてはならない存在、それがBTT(BetterTouchTool)である。

Apple標準のマウス環境設定が、初心者向けと言ってしまえばそれまでだが、信じられないくらいの簡素ぶりで使い物にならないので、カスタマイズアプリがいくつも登場している。

たとえばMagicPrefsというアプリも各ジェスチャーに機能を割り当てられるアプリで、こちらは良くも悪くもいかにもApple的な作りになっており、グラフィカルなインターフェイスで初心者にも取っ付きやすい反面、マニアックなカスタマイズには不向きな、Expose辺りを割り当てられれば十分という人向き。

また他にはマウスジェスチャー、つまりカーソル移動とクリックの組み合わせで割り当てたアクションを実行できるアプリも存在するが、これではMagicMouseの真髄をちいとも発揮することができない。

そこで真打ち登場。

BTTは「MagicMouseはこれほどまでに潜在能力を秘めているのか」と思わせてくれるほどの多岐にわたるカスタマイズオプション、現在でも機能の拡充が活発に図られている頻繁なバージョン更新など、現時点では最高峰のアプリではないかと思っている。

ただBTTの場合表示が全て英語で設定項目も細かくマニアックなため、Preferences画面を見ただけで拒否反応を起こす人も多いと思うが、一つ一つ理解して自分なりの環境を構築したその先に至福の快適が待っているのである。


20100130-1.jpg


まずPreferences画面では四本指のジェスチャーまで設定でき、割り当てるアクションもかなりの数のものがあらかじめ用意されている。

もちろんキーボードショートカットを記憶させることも可能。これだけでもBTTを利用する価値は大いにある。

基本ジェスチャーは、Click、Tap、Swipe、TipTap、Pinchとなっている。

たとえば「Single Finger Tap Left」の場合「タッチセンサー上左側を一本指で触れる」となり、「Three Finger Swipe Down」の場合は「タッチセンサー上を三本指で下にスライドさせる」、「Two Finger TipTap Middle」は「二本指(人差し指・薬指)を置いたまま中央の指(中指)でタップ」となる。


20100130-2.jpg


ちなみに当方はSpacesを9画面使用しているためSpaces間の移動に「control+方向キー」を二本指スワイプに割り当てている。Spaces間移動のショートカット割り当ては一旦Spaces環境設定で「control+方向キー」のショートカットを解除し、BTT側で記憶させてから改めてSpaces環境設定で適用するという、ちょっとしたコツがいる。

タッチセンサーの感度調整も可能で、「Show Live View」で感圧を視覚から確認できる充実ぶり。


20100130-3.jpg


タッチセンサー上の認識エリアも細かく調整できる。

若干中央タップ(昔のマウスで言う中央ボタン)が認識され辛いので、中央タップは使用しないか、もしくはエリアを調整し直した方が良いかもしれない。


20100130-4.jpg


最近のバージョンで加わった「Start/Stop Resizing Window」「Start/Stop Moving Window」というアクションも面白い。

任意のジェスチャーに「Start/Stop Resizing Window」「Start/Stop Moving Window」を割り当てると、そのアクションが発動中はカーソルに追従してウインドウが移動したり拡大縮小したりする。たとえば二本指タップに「Start/Stop Resizing Window」を割り当てると、二本指タップでアクションが発動し、その間はマウスを動かすだけでウインドウが動きに合わせ拡大縮小、再び二本指タップでアクションを停止、となる。



アクションやジェスチャーはまだアップデートで増え続けているので、「何もそこまで必要は無い」というユーザーもいると思うが、初めは基本アクションやショートカットの割り当て程度で使用するだけでも十分お勧めである。



このアプリを使用していて感じたことがある。

いまや「クリック」という動作は不要なのではないかと。

もちろんMagicMouseにもカチッと押し込む「クリック」という機能は存在するが、現在BTTの設定で一本指タップをクリックに割り当てているため、ほとんどの作業が「タップ」つまり触れるだけで事足りてしまうのだ。

環境によってタップが利かない、またはドラッグができないなど、まだまだ発展途上だが、近い将来「クリック」という単語が死語になる日は近いかもしれない。

CMでよく見かける「○○をクリック!」なんてフレーズもいずれ「○○をタップ!」と変わってしまうのだろうか……



[ 2010/01/31 17:31 ] Mac | TB(0) | CM(0)
プロフィール

zsf

Author:zsf
果たして生き残れるのか

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Books
amazonキーワード検索
google ad
無印良品ネットストア


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。